ブログのアクセスを上げるためにFacebookユーザーにおすすめしたいこと

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・ブログのPV数を伸ばしたい人

・リライトしたいと思っててなかなかできない人

 

最初に言っておきますが、これはビフォーアフターなどのデータは取っていません。

 

でも、これを続けていれば、確実にブログのPV数を増やすことができます。
(データは取ってないけど、言い切ります。)

 

 

Facebookの「過去のこの日」はリライトに最適

Facebookのお知らせ機能で「過去のこの日」っていうのは見たことありますよね。

 

例えば今日4月8日でしたら、1年前の4月8日、2年前の4月8日、といった数年前の同じ日付にどんな投稿をしていたかを知らせてくれる機能です。

 

 

以前は、このお知らせが来ても、「そう言えば、こんな投稿してたなぁ」と懐かしんだり、ブログの過去記事を紹介してる投稿ならシェアしていただけだったんですけど、ブログ開設当時に書いた記事って、恥ずかしくなるくらいレベルの低い文章だったりするんです。

 

 

で、思いついたのが、ただシェアするだけじゃなく、

この機会にリライトしよう!

ってことなんです。

 

 

そうすれば、文章も読みやすくなるし、古くなった情報を修正することもできて、おまけにGoogleのクローラーにも新しく書き直されてる記事だと判断してもらえますから、Googleの評価も上がるので良い事づくめです。

 

 

 

「過去のこの日」をチェックする方法

何もしなくても、自分のタイムラインやお知らせの所に「過去のこの日」は表示されるのですが、他の人の投稿などを見ているうちに見落としてしまうこともあります。

 

そんな時は、左のメニューバーにある「発見」の所の「もっと見る」をクリックして下さい。

 

すると「過去のこの日」というメニューが見つかります。

 

それをクリックすると過去にどんな投稿をしていたかを確認できます。

 

(スマホの場合は右下にある「三」(ハンバーガーメニュー)をタップすると、「過去のこの日」という項目があります。

 

 

 

僕が修正しているポイント

①改行の修正

このブログを始めた頃は、PCで見てくれる人を意識して、読みやすいように改行を入れていたんですけど、この状態だとスマホで見た時に変な場所で改行されていて読みづらいんです。(最近はスマホで見てくれてる読者さんの方が圧倒的に多いです。)

 

で、スマホの読者さんにも気持ちよく読んでもらえるように、改行する場所を修正しています。

 

 

②タイトルのチェック

これは主にSEO対策が狙いなのですが、

・タイトルに検索されるようなキーワードが入っているか?

・タイトルと記事の内容が合っているか?

を見て修正していきます。

 

 

③吹き出し部分の変更

このブログでは、会話形式の記事がよく出てくるのですが、以前は「Speech bubble」というプラグインを使っていたのですが、現在は「アルバトロス」というテーマに吹き出し機能があるので、そちらを使っているんです。

 

で、「Speech bubble」で設定していた部分を「アルバトロス」用に書き換えていっています。(その方が見た目がスッキリして読みやすい)

 

 

④内部リンクの設定

以前に比べるとかなり記事数も増えてきて、「この記事を読んでくれた人なら、この記事も読んで欲しい」というのも増えてきたので、「次はこの記事」という形で内部リンクを設定するようにしました。

 

 

⑤画像の変更

以前は、著作権について結構甘く考えていたのですが、今考えると「これはあかんやろ」というものも出てきたので、そういうものは別の画像に差し替えるようにしています。

 

また、必要に応じて「引用」の表記や、サイズ調整もしています。

 

 

 

まとめ

ブログのアクセスを伸ばすために定期的にリライトはしていった方がいいのですが、一から全ての記事を確認するとなると、なかなか面倒になります。

 

でも、Facebookの「過去のこの日」に出てきたものだけをリライトするなら、1日に1記事か2記事程度ですし、1時間もかからずにできる作業ですから、ちょっとした空き時間でもできてしまいます。

 

また、これを1年続ければ、全ての記事をリライトすることになりますから、わざわざチェックする必要も無くなります。

 

 

「リライトしなあかんなぁ」と思いながら全然できていない人は、ぜひやってみて下さい。

 

 

次の記事

>検索からのアクセスを増やすために僕がやっている記事の書き方

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->