どうやったら選ばれる?カウンセラー、コンサルタントで成功する方法

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

最近、カイロプラクティックや整体院をされてる方のリピーターを増やす方法とか美容師さんの競合との差別化をする方法など、特定の業種を題材にした記事を書いていたら、SNSでその記事を読んだ女性からメッセージをいただきました。

 

その女性は心理カウンセラーというお仕事をされていたんですけど、

「私の業種の場合も記事にしてもらえませんか?」

というような内容でした。

 

ということで、今回はカウンセラーコンサルタントの業種で安定した集客を集める方法を考えてみました。

 

 

本音を言うとできれば教えたくないんです

心理カウンセラーっていうのは、ご存知のとおり、人の悩みを聞いて、その悩みが解決できるように導いてあげる仕事です。

 

僕がやっているコンサルタントコーチという仕事も、言い方や対象が違うだけでやってることはほとんど同じなんですね。

 

ですから、カウンセラーの方に差別化のアドバイスをすれば、ほとんどそのまま僕と同業種の方達にもためになるアドバイスになってしまうんです

 

ですから、本音としてはあまり教えたくない内容なんですけど、今回は特別にお話します。

 

 

 

あなたはその道の第一人者ですか?

六星占術と言えば細木和子さん、スピリチュアルと言えば江原啓之さん、というように誰の頭にでもすぐに連想できるような第一人者であれば、競合との差別化なんて考える必要はありません。

 

でも、残念ながらあなたは「その他大勢」でしかないんです。

僕も営業コンサルタントの中では「その他大勢」でしかありません。

 

 

その他大勢に入ってしまったままでは、あなたは見つけてもらえないんです。

 

 

では、どうしたらあなたを見つけてもらえるようになるでしょう?

 

 

 

見つけてもらえる所まで範囲を狭める

ちょっと下の画像を見て下さい。

 

 

Qの中に1個だけOの文字が隠れています。

 

見つけにくいですよね。

 

 

今のあなたはこんな状態なんです。

元々Oがあると思って探さないと見つけてもらえないんです。

 

 

 

では、次の画像を見て下さい。

 

さっきよりかは、少しは見つけやすくなりましたが、これでもOがあることを知っていなければ見つけてもらえません

 

 

 

では、3つ目の画像です。

 

これなら、聞かされていなくても、勘のいい人なら見つけてもらえますよね。

 

ここまで絞っても、一部の人にしか認知してもらえないんです

 

 

「心理カウンセラー」では広すぎるんです

「営業コンサルタント」でも広すぎるんです

 

見つけてもらえる存在になるまで、範囲を絞って下さい。

 

 

 

僕がやっている営業コンサルタントとしての絞り込み

プロフィールにも書いていますが、僕はこれまで10社以上の会社で営業の仕事をしてきました。

 

様々な業種、様々な営業スタイルで実際に売ってきましたから、どんな人にでも営業を教える自信はあります

 

でも、だからと言って、「営業コンサルタント」という広いカテゴリーでは見つけてもらえないですから、特に僕が得意なカテゴリーに絞り込んでアピールしています

 

 

絞り込み1:BtoC営業

僕は企業を相手にしたBtoBの営業の経験もあるのですが、エンドユーザーを相手にしたBtoCの営業経験が全体の8割を占めています。

 

ですから、BtoCの営業の専門家という立ち位置で自分をブランディングしています。

 

 

絞り込み2:即決型営業

こちらもそうなんですが、何度も足を運んで、時間を掛けてゆっくり人間関係を構築していく固定客まわりの営業も数社で経験がありますが、圧倒的に初めて会ったお客さんを相手にその場で売り切るという「即決型営業」が得意なんです。

 

営業コンサルタントの仕事をされてる方の大半が固定客相手の営業経験者ですので、これだけで、かなり絞り込むことができます。

 

おそらく、即決型営業で成績を上げられる人は、最後まで営業で食っていく考えの人が多いからだと思います。

 

 

絞り込み3:中小企業レベルの営業

僕が今まで働いた会社で大企業と呼べる会社はありません。

一番従業員数が多かった会社でも500名くらいです。

 

ですから、大企業のように社名でブランディングできているような会社の営業の仕方はわかりませんが、ネームバリューの無い会社でも大手に勝つ方法は教えることができます

 

 

僕は、この3つの絞り込みによって、僕のことを認知してもらえるカテゴリーで勝負をしています。

 

ゆくゆくは、このカテゴリーの中では第一人者と呼ばれる存在になることが目標です。

 

僕のコーチング生の中には、一部上場の大手企業で固定客を相手にした営業で結果を出してくれた方もいます。>個別コーチング終了者の感想(カーディラー営業)

 

 

 

心理カウンセラーとしての絞り込み

SNSでメッセージをくれた方のブログを見させていただいたのですが、絞り込みされていると感じたのは対象を女性に限定されていたという所だけでした。

 

これでは、先程のQの中からOを探すで言えば、一番上の状態ですから、知り合いにしか見つけてもらえない状態です。

 

 

では、どんな絞り込みをしていくのか?

 

 

ある一定の悩みの専門家としてアピールする

女性の悩みって考えると病気や体のこともあるんですけど、それは心理カウンセラーよりも病院などを頼りにしますから、対象としては考えにくいです。

 

心理カウンセラーが相談される悩みといえば対人関係です。

恋愛親子夫婦子供職場ご近所性的いろいろ分けられると思います。

 

その中でも、自分がもっとも得意(相談例、改善例が多い)なカテゴリーに絞って、その分野のスペシャリストとしてアピールするんです。

 

 

もちろん、他の分野の悩みでも相談に乗ることはできると思うのですが、アピールする時は1点集中して、

「この分野の相談なら私にお任せ下さい」

という形で自分をブランディングして下さい。

 

 

 

そんなにターゲットを絞って集客できるの?

これはカウンセラーに限ったことではないのですが、「そんなにターゲットを絞ったら見込み客がいなくなる」という心配をされる方がいます。

 

安心して下さい。

 

どんなにあなたが頭を悩ませてターゲットを絞っても、同じ悩みを持った人は日本だけでも何万人といます

 

大事なのは、「〇〇で悩んでいますが、どうしたらいいの?」という直接的なキーワードではなく、そういう悩みを持った人がどんなことに興味を持っているかを考えて、キーワードを選ぶことです。

 

例えば、恋愛の悩みを持っている人なら「西野カナ」が好きそう、とかComicoの「ReLIFE」が好きそうとかを想像して、それを話題にした記事を書いてみて、最後に心理カウンセラーっぽい分析を付け加えて「相談受付フォーム」に誘導するという感じです。

 

 

 

まとめ

ある一定の分野であっても、その分野での認知度が高まれば、他のカテゴリーのお客さんも自然に増えてくるようになります。

 

僕のコーチングに大企業にお勤めの営業マンの方が申し込んでくれているのもそういう効果です。

 

まずは、「この分野なら〇〇さん」と言われることを目指して下さいね。

 

最後になりますが、実はこの記事の内容を他の営業コンサルタントの人に見られても、僕にとって何の問題もありません。

僕の絞り込みは僕だからできる内容なので、他の営業コンサルタントにはアピールできない内容だからです。

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール