あなたは短所を「なおす」「かくす」「○○す」?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・短所のことで悩んでいる人

・自分に自信が持てない人

 

短所が全くない、って人には、未だかつて出会ったことはないです。

 

どんなに優れた人でも、一つや二つ短所は必ずあります。

 

もちろん僕にも、一つや二つや三つや四つ・・・・・・

いっぱいあります(^_^;)

 

あなたにも少しは短所がありますよね。

 

あなたは、自分の短所をどうしていますか?

 

少しでも「直そう」と努力していますか?

そう簡単には直らないので、出さないように「隠そう」としていますか?

 

おそらくは、この二つのどちらかだと思うのですが、実はもう一つ選択肢があるんです。

 

短所を「活かす」んです!

 

 

 

 

カツレツが悪くてすいません

僕の昔の上司の話なんですけど、電話で誰かと話してるのを横で聞いていたんですけど、

 

「カツレツが悪くてすいません」

 

?????

昨日、一緒に食べたカツレツがまずかったのかな?

と思ったのですが、その後の会話を聞いていて、意味がわかりました。

 

 

滑舌(かつぜつ)が悪くてすいません」

だったんです。

 

「滑舌」が「カツレツ」になってしまうくらい、本当に滑舌が悪いんです。

 

 

でも、この上司、これだけ滑舌が悪くてもクロージングの成約率は結構高かったんです

 

 

何でだろう?と思ったのですが、クロージングに同行してその理由がわかりました。

 

 

実は、この上司、滑舌が悪いくせに

超マシンガントークなんです!

 

ツバを撒き散らすくらいの早口でしゃべるんですけど、滑舌が悪いので、ほとんど何を言っているのか聞き取れません

 

何で、これで決まると思います?

 

 

滑舌が悪い人が早口でしゃべると、

一生懸命しゃべっているように見えるんです

必死に伝えようとしているように思えるんです

 

 

元々、イラチ(せっかち)の性格だったので、そういう計算は無かったと思うのですが、

結果的には、お客さんは「熱意」に負けているんです

 

 

普通、滑舌の悪い人は、お客さんにちゃんと理解してもらおうと、ゆっくり話そうとしてしまうのですが、

 

短所を直そうとしなかったおかげで短所を活かすことができた

という実例です。

 

 

字が汚い(下手)なら、手書きで手紙を書け!

字が汚い(下手)という短所コンプレックス)を持っている人も多いですよね。
(僕もあまり得意な方ではありません。)

 

字が下手だと、お客さんに手紙を出す時に、どうしてもパソコンで書いてしまうのですが、これも滑舌の時と同じで、

字が下手なのに手書きで書かれていると熱意が伝わるんです
(下手な字やけど、一生懸命書いてある)

 

僕も下手なりに頑張って書くんですけど、読みやすい字を書こうということは意識しています。

 

ただ、下手な字って、汚いだけならまだいいのですが、いかにも「アホそう」な字の人っていますよね。

 

 

この場合、一生懸命書いても、内容すら読みたくなくなってしまうのですが、

 

 

アホそうな字に見せないテクニックがあるので、お教えしますね!

 

 

下の写真を見て下さい。
(わかりやすいように方眼紙に書いてみました)

 

kitanaiji

 

 

①②③の違いがわかりますか?

 

①はアホそうな字で一番多いパターンです。

字の傾きがバラバラなんです

 

右上がりだったり、左上がりだったり、字の傾きがバラバラなだけで、すごくアホそうな字になってしまうんです。

 

 

ということで、傾きの向きを揃えたのが②と③です。

 

②が左上がりで、③が右上がりです。

 

 

③の右上がりの方が賢そうに見えるでしょ!

 

 

 

実は、日本と同じように漢字を使っている中国では、左上がり(右下がり)の字を書くと、教養が無い人と思われてしまうんです。

 

ですから、中国の偉人(毛沢東など)の書いた字は、極端なくらい右上がりに書かれています。

 

字が下手でも、すべての文字を右上がりにするだけでかなりキレイに見えて、賢そうに見えるので、字が苦手な人は練習して下さいね!

 

 

まとめ

今回は、会話(滑舌)字が汚いという短所を活かすという話をしましたが、お客さんの説明するために絵や図を描くのも苦手な人がいると思います。

 

下手は下手なりに一生懸命描けば、熱意を感じてもらえます。

 

 

お客さんが、思わず吹き出してそこから場の雰囲気が和む

というケースもよくありますので、苦手意識を持たずに挑戦して下さいね。

 

次の記事

>>あなたの話した内容をお客さんは覚えていますか?

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->