営業車って、どこに停めてますか?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・競合との差別化がうまくできない営業マン

・競合に妨害されたことがある営業マン

・営業車でまわっている営業マン

あなたは、訪販に行く時、営業車って、どこに停めていますか?

 

僕は、近くの大型店舗の無料駐車場、そういうのが無ければタイムズなどのコインパーキング、それも無ければ、停めても迷惑の掛からない空き地や空家の前に停めていました。

 

「えっ?お客さんの家の前に停めてますよ」

 

っていう人は、ぜひこの記事を読んで下さい。

 

 

 

 

僕が、お客さんの家の前に停めない理由

自家用車で営業にまわられている方なら別ですが、営業車でまわられているなら、家の前に停めないで下さい

 

営業車って会社の名前が入っていますよね!

 

 

ってことは、今、この家に○○社の営業マンが来ているって誰にでもわかるわけです。

 

競合他社がそれを見たらどう思うでしょう?

この家は見込み客ですよ~!って言ってるみたいなもんです

 

 

普通の営業マンなら、「この家は見込み客、あとでアプローチしてみよう」と思います。

 

質の悪い業者なら、「商談を邪魔してやろう」と中にいるのを知りながら、何度もしつこくインターフォンを鳴らします。

 

実際、僕が外壁塗装の会社にいた時も、バカ課長がアポ先の家の真ん前に営業車を停めていて、他業者に何度もインターフォンを鳴らされ、その上大声で「うちも見積もりさせて下さい」と言って、邪魔をされたために契約をもらえずに帰ってきてました。

 

会社に帰ってきて、「今日、商談中に他の業者に邪魔されて決まらへんかった」と愚痴っていたのですが、

 

僕は心の中で、「アホやろ、そんなとこに車を停めるあんたが悪い」と思っていました。

 

 

あれっ?歩いて来たの?

離れた所に車を停めて歩いてお客様宅を訪問すると、「あれっ?歩いて来たの?」とよく聞かれます。

 

特に、交通の便の悪い住宅地だと100%聞かれるのですが、その時に、こう答えてました。

 

 

大倉
以前、他のお客さんで家の前に停めさせてもらったら、

うちの社名の入った車を他の会社の営業マンが見て、

いろんな業者から集中攻撃を受けられたことがあるんです。

 

それ以来、お客さんにご迷惑が掛からないように

契約をいただくまでは、離れた所に車を停めるようにしてるんです。

 

 

他の業者からの横やりが入らないようにしているのですが、お客様のことを考えて配慮していると思ってもらえます

 

 

これが、既に何社かに連絡して、相見積もりを考えているお客様だったら、どうなるでしょう?

 

 

他社の営業マンは、当然のように家の前に営業車を停めます。

 

すると、お客様は「そんな配慮もできない会社」だと思ってしまうんです。

 

 

この時点で圧倒的にリードですよね!

成約率は大幅に上がります

 

 

 

営業の仕事をしていると、車を停めるのに、本当に困ります。

 

駐車違反で切符を切られて、免停になった同僚もたくさんいました。

 

商談中に駐車禁止のことが気になると商談に集中できないですから、僕は訪問の約束の時間の30分前には現地に着いて車を停める場所を探していました。

 

おかげで、営業中に駐車違反で切符を切られたことはありません。

 

あなたも時間にゆとりを持って、商談に集中できるように車を停めて下さいね。

 

 

次の記事

>>ほめられると誰でもうれしい(ほめ方のコツ)

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->