絶対にはずせない商談の時にやっていたこと

こんな人にオススメの記事です
・毎月上司や会社から詰められている人

・詰められると粘りの営業をしてしまう人

・会社に重苦しい空気が溜まってると感じている人

 

先日、以前僕の個別コーチングを受けてくれた生徒さんからメールをいただいたんですが、自分がいつもフォローしているお客さんがたまたま他の販売店(同じ会社)に行かれてひどい思いをされたそうなんです。

 

どんな目に合われたかっていうと、「買うまで帰さない」という感じで延々と粘られたらしいんです。

 

で、その時お客さんは「もう買うのをやめようか」とまで思われたみたいなんですけど、後日また僕の生徒さんのお店を訪問されて、生徒さんの接客を受けて「やっぱり○○さんは全然違うね」と機嫌を直してもらい、良い方向に話が進んだというメールでした。

「商談前にこの記事を読んでいたおかげでうまく対応できました。」と書いてくれていたのですが、それがこの記事です。

→商談の場面でお客さんに「一晩だけ考えさせて」と言われたらどうしますか?

 

 

会社からのプレッシャー

実は、この話には、どこの会社でもよくある背景があったんです。

 

それは「会社の業績不振」です。

 

 

会社全体の業績が悪い場合、元々業績がいい販売店や営業マンに対しては、

「いつも頑張ってくれてるねんけど、もうちょっとだけ頑張って」

というくらいで済むんですけど、

 

業績が悪い販売店や営業マンに対しては、これでもかというくらいのプレッシャーをかけてくるんですね。

 

 

で、会社からトコトン詰められた営業マンがやることは、「買うまで帰さない」という粘りの営業になるわけです。

(最初に行った販売店の営業マンがこの状態です。)

 

 

お客さんにとったら迷惑な話ですし、会社の業績とか営業マンの事情とか

って話です。

 

 

 

粘りの営業でお客さんは買う気にはならない

会社から詰められて、この商談は絶対にはずせないという状態に追い込まれると、ほとんどの営業マンは粘ろうとします。

 

粘ることで、何とかお客さんを買う気にさせようとするのですが、粘ってもお客さんの気持ちは絶対に変わりません

 

買う気になるどころか、どんどん買う気が失せてしまうんです。

 

扱っている商品が安価なものであれば、お客さんが「根負け」することもありますが、高額な商品であれば、絶対にお客さんの気持ちは変わりません。

 

 

では、どうすれば絶対にはずせない商談を決められるでしょう?

 

 

 

いつもより商談に時間をかける

えっ?さっき粘っても無理って・・・

 

と思いましたよね。

 

 

はい、粘っても契約はもらえません。

 

実は、時間をかける部分が違うんです。

 

 

これは、実際僕が外壁塗装の会社でクローザーをしてた時の話なんですが、この会社には

2ヶ月連続で売上ゼロならクビ

というルールがあったんです。

 

先月の売上がゼロで、今月の売上もここまでゼロという状態で迎えた最終日

ゼロを叩いたのはぼくじゃないですよ(^_^;)

必死の思いでその社員が無理矢理ねじ込んだアポイント

(無理矢理とったアポですから内容も悪いです。)

 

でも、この商談を僕が決められなかったら、その社員はクビです。

絶対にはずせない商談です。

 

 

僕が話す内容は90%いつも通り

 

ただ1つ違うのは、

いつもより、ラポールとヒアリングに時間をかける

 

ここにしっかり時間をかければ、お客さんの満足度が確実に上がります

満足度が上がれば、当然契約する可能性も上がります

 

 

商談の前半(ラポール、ヒアリング)で時間をかければ、お客さんの満足度を上げて契約の可能性を上げられるのに対して、商談の後半で時間をかけると、お客さんの気持ちはどんどん離れていく

 

同じ時間をかけるにしても、商談の前半と後半ではお客さんの感じ方が全く違うんです。

 

 

 

まとめ

今回のように、会社や支店(営業所、販売店)の業績が悪いと店全体の空気が重くなり、それが営業マンにも伝わって、ますます売れない雰囲気に包まれてしまいます

 

その雰囲気のまま商談にのぞめば、お客さんにも伝わってしまうので、どんどん悪い方向に進んでしまいます。

 

こういう状況を打破するのは起爆剤となる「契約」を上げるか、または空気を換えるムードメーカーが必要です。

 

僕が中間管理職の頃は、上司のいない所で部下に「いつもどおり」と声を掛けていました

 

こういう状況に追い込まれないためにも、普段から「売れる環境」を作っておきたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール