ほめられると誰でもうれしい(ほめ方のコツ)

こんな人にオススメの記事です
・褒めるのが苦手な営業マン

・褒めてるのに相手の反応が変わらない営業マン

 

以前、通りすがりのお婆ちゃんに感情を動かされたという話をしたんですけど、覚えていますか?

 

「行動心理がわかれば、相手の行動が変えられる」

 

使い捨てカイロを渡されたんですけど、あることがされていた為に、遠慮できなかった、という話でした。

 

 

何で、こんな話をしたかと言うと、昨日、また感情を動かされてしまったんです

 

 

 

 

誰でもほめられるとうれしい

昨日、道を歩いている時に60歳代くらいの女性に時間を聞かれました。

 

年配女性
すいません。今、何時ですか?

 

あっ、今、1時22分です。

 

ここで普通なら「ありがとうございます」とお礼を言われるだけなのですが、この女性の言葉に感情を動かされてしまったんです。

 

年配女性
「ありがとうございます。きれいな声ですね」

 

営業や電話で話している時に、「優しい話し方やね」と言われることはたまにありますが、

 

初対面の人、それもおそらく2度と会わないような人から褒められるとは思ってもいませんでしたから、かなり衝撃的でした。

 

でも、やっぱり褒められるって、うれしいですよね

 

特に、予想もしてないタイミングで、予想外のほめられ方をすると、かなりうれしいです。

 

おそらく、この女性は、いつも当たり前のように、人をほめられているんだと思います。

 

 

こういう日常のちょっとしたことでも、気づかされることは、たくさんあります。

 

まだまだ、修行が足りないな、と思ったのと同時に、まだまだ、成長できるな、と思いました。

 

 

人をほめるコツ

営業マンなら、人間関係を良くするために、相手のほめる所を探すのですが、ほめるのが上手い営業マンと、下手な営業マンがいます。

 

後輩や部下と同行していても、そんなほめ方じゃうれしくないやろという営業マンもいます。

 

相手が話したくなるような所をほめる

人間関係を良くするためにほめるのですから、相手が上機嫌になって話したくなるようなことをほめてあげると、その後の展開がかなり楽になります。

部屋に飾られているものから相手の趣味の部分をほめたり、ここはこだわってるなぁ、と思う部分をほめるとニコニコして機嫌良く話してくれますよ。

 

予想外の部分をほめる

ほめられ慣れている部分をほめても、相手の心は大きく動きません。

 

ちょっとだけ、視点をずらしてみるんです。

 

例えば、字の綺麗な人に、「綺麗な字ですね」と言っても、いつも、いろんな人から言われていますから、「また言われた」くらいにしか思わないんですが、

 

「うわぁ~、字って人柄が表れますね~」

と言うと、字だけでなく、性格までほめられているので、相手の予測の範囲を超えています。

 

性格をほめられてしまうと、自分の嫌がられる面を見せづらくなるので、いい人を演じようとしてしまいますから、その後の商談がやりやすくなります。

 

 

普段からほめる練習をしておく

僕が宝石の営業(訪販、展示会)をしていた時、どんなお客さんでも会った瞬間に3つほめる所を探していました。

 

でも、ほめる所が全く見つからないお客さんもいます。

 

そんな時にも困らないように、普段から、ほめる所を探す練習をしていました

 

・街ですれ違った女性

・同じ電車に乗っている女性

・コンビニやスーパーの店員さん

どこにでも、練習台はいます。

 

自分の会社の事務員さんを練習台にする時は、実際に口に出してほめてあげて下さい

他の営業マンの言うことより、あなたの言うことを聞いてくれるようになりますよ(笑)

 

 

奥さんや彼女も練習台にして下さい。

髪型が変わったのに気づいてくれないと機嫌を損ねることも無くなります(笑)

 

 

昨日出会ったお婆ちゃんのように、特に意識しなくても相手をほめられるようになるよう習慣化していきたいですね。

 

次の記事

>>見てないようで見られてるんですよ

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール