【実話】営業マンでもない一般の主婦がなぜハウスメーカーから表彰されたのか?

今日はいつもとは逆のパターンです。

「なぜ売れたのか?」を検証していきます。

 

昨日、僕のメルマガ読者さんでFacebookでも仲良くさせてもらっている女性(Aさん)とFacebookのメッセンジャーでやり取りしてたんですけど、

 

Aさん
大倉さん、今度ハウスメーカーから表彰されるんです。

 

 

彼女はハンドメイドなどのワークショップをされている主婦の方で、(たまに集客などのアドバイスをさせてもらっています。)ハウスメーカーの方ではありません

 

大倉
何で表彰されるんですか?

 

 

Aさん
実は、今の家がハウスメーカーで8年前に買ったものなのですが、そのハウスメーカーで検討されているお客さんが見学会に来られるんです。

で、なぜか私の家を見学された方の成約率が異常に高くて、担当の営業マンの方も全国でトップになられたということで、私も表彰されるみたいなんです。

 

 

ということで、「何でそんなに決まるんでしょう?」分析していくことにしました。

 

 

 

彼女が見学者にどんな話をしていたのか?

大倉
実際、見学に来た方にどんな話をしていたんですか?

 

Aさん
全然、営業とかは一切してないんですよ。

ただ、良い所、悪い所を正直に話して、あとは「この家に住んだらこうですよねー!こんな風にしたいですよねー!」って未来の話をして一緒に盛り上がってるんです。

で、「こんな感じもいいですよねー!」って絵を描いたりしても盛り上がってます。

 

彼女はハンドメイドをされてるので、イラストとかもむちゃくちゃうまい人です。

 

 

この話を聞いて、僕は

「そら決まるわ!」

って思いました。

 

 

お客さんをその気にさせるために、一番営業マンが頭を悩ませる「未来を想像させる」ベネフィット)を全部やってくれてるんです。

 

ここまでしてもらったら、入りたての新人営業マンだったとしても、50%以上は決められるでしょう。(僕なら90%以上は決められると思います。)

 

 

「買った後の未来を想像させる」って凄く重要なことなんですけど、これができればどこの会社に行ってもトップクラスの営業マンになれます

 

それをイラストも交えながら説明してくれてるんですから、これ以上のアシストはないですよね。

 

サッカーで言えば、キーパーが飛び出した無人のゴールの前で、足元にジャストでパスをもらったレベルです。(PKよりも決めやすい)

 

 

 

彼女は営業マンに成れるか?

「こんなことができる人なら営業マンになったらムッチャ稼げるやん!」と思った人も多いと思います。

 

実際、僕もそう思いました。

 

ただ、一つだけ注意することがあります。

 

 

それは、今の彼女は「全く売りたいとは思っていない」ということです。

 

ただ、「見に来た人達に楽しんで帰ってもらいたい」という気持ちだけで話をしているんです。

 

 

彼女が営業マンになった時に、「お客さんのために」という気持ちが強ければ、今と同じように売れると思います。

 

でも、「売りたい」という気持ちの方が強くなってしまうと、そこには「下心(したごころ)」が見えてしまいます。

 

この微妙なニュアンスの違いをお客さんは感じ取ってしまいますから、今ほどの結果は残せなくなるはずです。

 

 

大事なのは、どこまで「お客さんのために」と思えるかです。

 

 

 

まとめ

彼女にこの解説をしてあげたら「そんなに凄いことしてたんだぁ」とビックリしてました。

 

お客さんに未来を想像させることは、かなり高等なテクニックです。

でも、これができるようになれば確実に売上は高レベルで安定させることができますから、時間を掛けて考えてみる価値は十分にあります。

ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。

 

余談

もし彼女が何らかの事情で、「もう見学会やめます」ってなったらどうなるでしょう?

もし、担当営業マンが「半分は自分の実力」くらいには思っていたとしたら、トップの座から間違いなく陥落するでしょう。(6割以上、彼女のおかげです。)

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール