ヒューマン・アセスメントって、ご存知ですか?

こんな人にオススメの記事です
・企業経営者の方

・人事担当者の方

 

営業の仕事を長年していると、保険会社からオファーをもらう人も多いのですが、ほとんどが営業マンとしてのオファーです。

僕も、外資系のS生命から給料40万円のオファーをもらったことがありました。

 

でもこれって、別に僕の営業スキルを見込んで選ばれた営業マンだけにオファーしているわけじゃないんです。

 

 

保険会社の目論見は、長年営業をやっていれば、それなりにお客さんを持っているだろう

まず、最初の数ヶ月はそのお客さんから契約を取って下さい

ということなんです。

 

ですから、オファーの内容をよく読んでみると、給料40万円も最初の2ヶ月だけで、

その後は、基本給は大幅に減るので、歩合で稼いで下さい。というものです。

 

給料40万円出しても、十分に採算が取れるわけなんですよね。

 

 

ある生命保険会社からの特別なオファー

これに対して、P生命からもらったオファーは全く違う内容でした。

 

営業管理職としてのオファーだったのですが、

営業はしてもらわなくてもいいですから、最初から、管理職として腕を振るって下さい

という内容でした。

 

どこから僕のことを知ったのか?と思って聞いてみたのですが、ある人からの紹介というだけで詳しくは教えてもらえませんでした。

 

オファーの内容を読んでみて、興味を持ったのが、「ヒューマン・アセスメント」という人事制度でした。

 

ヒューマン・アセスメントとは?

ヒューマン・アセスメントというのは、アメリカのトップ100に入る企業は、ほとんど取り入れている人事制度なんですが、日本ではまだ、ごく一部の会社しか取り入れていません。

 

どういう人事制度か簡単に説明しますと、

 

評価するのは、上司や役員ではなく、人材教育コンサルティング会社の「アセッサー」と呼ばれる第三者が評価します

 

その会社の、そのポジションに必要なスキルは何か?をすべて上げ、

そのスキルをすべて持っている者を登用する

というものです。

 

なぜ、社内の人間ではなく、第三者が評価するのか?

という部分が大切なのですが、

 

社内の人間が評価すると、それまでの人間関係が大きく作用してしまって、客観的にスキルだけを見られないからです。(好き嫌いなどの余計な感情が入る)

 

 

お中元、お歳暮は人事には関係するべきでない

日本の悪しき風習ですが、お中元お歳暮を未だに社内で送り合っている会社も多いです。

 

社外のお得意様や取引先ならともかく、社内の人間にする必要は絶対にありません

こんなものが人事に影響しているのは絶対におかしいんです

僕が勤めていた会社で、社内の者同士での、お中元、お歳暮、年賀状が禁止されている会社もありました。

 

また、営業会社で多いのが、これまでの実績だけで評価する

 

一見、正しいように思えますが、「名選手、名監督にあらず」じゃないですけど、どう考えても、人の管理ができる器じゃない人が選ばれることが多いです。

数字(売上)に対する意識は、人一倍あるかもしれませんが、売上の上げ方に問題がある人が多いんです。

 

会社としてコンプライアンス重視という方向性を示しているのに、

売上を上げるためなら、法令違反も平気でする

他の営業マンの売上や見込み客を横取りする

 

僕の周りにも、こんな奴がいっぱいいました。

 

こんな人が管理職をできるはずがないですよね!

 

 

まとめ

ヒューマン・アセスメントを取り入れている企業からのオファーでしたから、うれしかったのですが、

この頃は、売上絶好調で、自分が売るほうが楽しくて仕方がない状態でしたので、お断りしました。

 

日本の企業でも早くヒューマン・アセスメントを導入する企業が増えてくれることに期待します。

 

次の記事

>>あなたの会社が無能な上司ばっかりな理由(ピーターの法則)

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール