【販売予測】あんなに評判が良かったのに売れない理由

こんな人にオススメの記事です
・売上予測がよく外れる人

・過剰在庫(売れ残り)を抱えてしまう人

 

事前アンケートでは、あんなに評判がよかったのに

 

「ご自由にお取り下さい」って書いたら一瞬で無くなったのに

 

「それってメッチャいいですね、商品化されたら絶対に買います。」とまで言ってくれてたのに

 

 

いざ販売してみたら全く売れない

 

 

そんな経験をされたことは無いですか?

 

 

それだけ評判が良かったのですから、商品の質には問題は無いはずです。

 

でも売れない

 

 

何が原因なんでしょう?

 

 

ほとんどの人は「思いやり」を持っている

人は、よっぽど性格が悪い人を除けば、「思いやり」という気持ちを持っています。

 

ですから感想を聞かれた場合、ほとんどの人は「あなたが喜ぶ答え」をしようとします。

 

悪い評価をして、あなたを悲しませてやろう落胆させてやろう、という人はほとんどいないんです。

 

 

ですから、どうしても「甘めの評価」をしてしまうんです。

 

これは、評価を依頼した相手と全く面識が無くてもですが、普段から交流がある人であれば、より強くそういう傾向が表れます。

 

 

「ん~、イマイチやなぁ」と思った人でも、ノーリアクションだったり、「普通」という回答をします。

 

 

あなたの事を本当に思って、辛口の評価をくれる人って、なかなかいないんです。

(もし、こういう人がまわりにいるなら大事にして下さい)

 

 

こういう顧客心理がわかっていれば、事前の評価をそのまま鵜呑みにすることは無いと思います。

 

2割くらい差っ引いて考えるくらいで調度です。

 

 

 

リスクを伴わない評価は当てにならない

また、「お金を払う」というリスクを伴わない意見も参考にしない方がいいです。

 

というのは、「無料」の場合と「有料」の場合では、ターゲットが違うんです。

 

 

無料だから申し込んでみる

お金を払ってでも申し込みたい

 

こうやって並べてみたら、全くターゲットが違うことに誰でも気づくのですが、実際のビジネスの場面では、それを勘違いしている人がほとんどなんです。

 

 

では、無料体験してくれた人に「このサービスにいくら払いますか?」と聞いてみたらどうでしょう?

 

 

実は、この答えも当てにはならないんです。

 

それは、実際のお金を払うリスクが無いからです。

 

 

「もし払うなら」と「実際に払う」のは、全く違う感覚なんです。

 

こういう無料サービスでの反応も全く参考にならないということではなく、いただいた感想の1割~2割程度くらいに考えておけば、価格設定などの参考にはできると思います。

 

 

 

まとめ

今回の記事を読んで「事前の評価は全く当てにならない」「やる意味がない」と思った方もいると思います。

 

でも、そうではありません。

 

 

新商品や新しいサービスを販売する時に、「お客様の声」として紹介すれば、商品の魅力を伝える1つの武器にもなります。

 

また、評価をそのまま鵜呑みにするのではなく、「実際の評価はもっと厳しい」「本当の所はこのくらいだろう」という予測の精度をあげる判断材料にもなります。

 

また、こういった無料体験などから、どうやって実際の収益に繋げるかは、以前に書いた「無料サービスで収益を上げる8つの方法」という記事で紹介していますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

>「無料サービスで収益を上げる8つの方法」を読む

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール