「人狼ゲームで100%勝てる必勝法」は売れるのか?(マーケッター目線で考えてみた)

最近、僕が入っている『We部(うぇぶ)』というコミュニティのイベントで、ZOOM(オンライン会議システム)を使った「人狼ゲーム」が人気になってます。

 

【人狼ゲームとは?】

人狼ゲームは、市民チームと人狼チームに分かれて、会話をしながら相手の正体を見抜いていくゲームです。

人狼チームは、自分たちが狼であることを悟られないように、市民チームに潜り込む。市民チームになった人は、お互いに協力して誰が人狼なのかを推理し、多数決によって容疑者を処刑するという心理ゲームです。

 

お互いに自分がどちら側であるかを悟られないように、質問したり、をついたりしていくんですけど、結構毎回爆笑で盛り上がっているイベントです。

 

 

僕は仕事柄(営業コーチング)、人の心理を読むのが得意です。

 

表情仕草話し方などから心理を読むのはもちろんですが、メールなどの文章を見るだけでも、相手の性格や考え方がある程度わかります

 

 

で、ひょっとしたら、ちょっと真剣に研究してみたら

「100% 人狼ゲームで勝つ方法」

を作れるんじゃないか?と思ったんです。

 

 

 

「人狼ゲーム必勝法」は売れるのか?

おそらく、1ヶ月くらい掛けて真剣に「人狼ゲーム」を研究したら「人狼ゲーム必勝法」はできると思います。

 

でも、マーケッターとして考えないといけないのは、

1ヶ月掛ける価値があるか?

ということです。

 

数時間考えるくらいで「必勝法」が見つかるのであれば、ちょっとした空き時間にでも考えてみてもいいかもしれませんが、

 

1ヶ月掛けるとなると、それだけの時間を掛けるだけの「対価」が必要です

 

売れるか?

ということです。

 

 

どんなに優れたノウハウであったとしても、それを「欲しい」と思う人がいなければ、ビジネスにはなりません

 

これを考えずにビジネスを立ち上げると100%失敗します。

 

 

 

どんな人なら、お金を出してまで買いたいと思うか?

冒頭で説明したように「人狼ゲーム」心理戦を楽しむゲームです。

 

こういうゲームは、

勝ったり、負けたり があるから面白いんです。

 

100%勝つとわかっていたら、面白くないんです。

 

 

将棋の有段者が初めて将棋をする小学生を相手にしても面白くないでしょう。

大の大人が小学生を相手に手加減なしでドッヂボールで勝ってもうれしくないでしょう。
(すいません、身内ネタです。)

 

 

ただ、特定の条件が加われば、お金を出してでも「買いたい」という人が出てきます

 

・これまで100回以上「人狼ゲーム」をやっているが、一度も勝ったことがない人

「一度くらいは勝つ喜びを味わってみたい」と思っているかもしれませんから、ひょっとしたら1000円以下くらいの金額なら買う人もいるかもしれません。

 

でも、こういう人を探す方が難しいと思うくらい希少な例ですから、ビジネスとしては成り立たないですね。

 

 

・相当なものを賭けて「人狼ゲーム」をやっている人

「人狼ゲーム」を題材にした映画があるのですが、その中では、

「負け=死」

という条件下で人狼ゲームが行われています。

 

 

こういう状況であれば、何百万という価格設定であったとしても売れると思いますが、実際にはありえません。

 

 

また、仲間内で少額のお金を賭けて楽しむ人もいるかもしれないですが、これも勝ったり負けたりがあるからこそ面白いのであって、お金を出してまで必勝法を買いたいという人はいないでしょう。

 

 

まとめ

今回「人狼ゲームの必勝法」という想定でビジネスになるか?を考えてみたのですが、

 

「どういう人が買ってくれるか?」を考えてみると、ビジネスとして成り立たないというのがわかりました。

 

こういう風に説明していくと、「当たり前やん」と思った人も多いと思うのですが、実際こういう「どういう人が買ってくれるか?」を考えずにビジネスを立ち上げて、失敗してる人も多いんです。

 

「どうしたら売れるか?」よりも「どういう人が買ってくれるか?」という視点の方が重要です。

 

間違わないようにして下さいね。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール