僕のブログの読者さんの大半が女性という理由を考えてみました

女性の方が営業で悩んでいる

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・営業をされてる女性の方

・売上が上がらない女性営業マン(ウーマン)

・女性の部下を持たれている管理職の方

 

 

こんにちは、営業コーチの大倉成人です。

 

 

ブログを運営していく上で、

●どんな記事が読まれているか?

●どんな人に読まれているか?

 

という分析は大事なので、いろんな解析ツールを使って調べているのですが、Juicerという検索ツールを使うと、IPアドレスから性別年齢会社名まで知ることができます。

 

Juicerの登録はこちらから

>Juicer公式サイト

 

 

 

僕のブログの読者さんの傾向

ブログ読者男女比率

 

まず読者さんの男女比率を見てみると、圧倒的に女性の方が多いんです。

これは今朝のデータですが、6割以上が女性ですが、多い時は7割くらいまでいきます。

 

 

ちなみに、直近のアクセスだけで見ると10人全員女性でした。

 

直近のユーザー

 

 

 

ブログ読者年齢比率

 

年齢的には20代から30代の方が多いようです。

 

営業を始めて間もない人の方が悩んでる人が多いはずですから、年齢的にはこうなるのも予想できます。

 

 

 

ブログ読者企業名

企業名を見てみると、結構上場しているような大手企業が多いように感じました。

 

 

大学や行政からのアクセスは講演などの講師を探されてるのかな?と思います。

※講演の依頼も承っています

 

 

売れなくて困っている人は男女関係なくおられるはずですし、生保などの一部の業界を除けば圧倒的に男性営業マンの方が多いはずですから、普通に考えれば男性の方が多くなるような気がします。

 

で、ちょっと疑問に思ったので、「なぜ女性の方が多いのか?」を僕なりに考えてみました。

 

 

 

女性読者が圧倒的に多い理由を考えてみた

僕の文面が女性ウケするのか?

以前、睡眠に関するブログを趣味で書いていたのですが、その時の読者さんから「小学生の息子が気に入って読んでるんですけど、『ブログのお姉さん』と思ってるみたいです」というメッセージをいただいたことがあります。

 

 

長年営業の仕事をしてきたせいもあると思うのですが、普段でも偉そうにするのが苦手(自分がお客さんであっても敬語で喋っています)なので、丁寧な口調での会話が身に付いてしまっています。

 

文章的にどちらかと言うと「柔らかい印象」を持ってもらえているので女性ウケするのかな?とも思ったのですが、それだとブログを訪問してもらって読んでもらって初めて感じる印象ですから、新規の方には当てはまらないと思いました。

 

 

 

女性の営業の人の方が悩んでいる人が多い

僕自身いろんな会社で女性営業も見てきましたし、女性の営業マンから営業されたこともあります。

 

いろんな女性営業を見てきて思うのは、

「女性だから売れない」というのはまず無いと思います。

 

 

逆に「女性の方が売りやすい」と思うことの方が多かったです。

 

 

男性に比べて女性の方が警戒されにくいですし、生保の営業などでは可愛いだけで話を聞いてもらってる人も多かったです。

 

 

でも、女性の営業マンの方が悩んでいる人が多い理由を考えてみたのですが、ひょっとしたら「指導」の時の問題かな?というのが見えてきました。

 

 

 

男性より女性の方が指導しにくい

セクハラを気にして遠慮してしまう

教えられてる方はそうは思っていないのかもしれませんが、男性の管理職が女性に指導する時にどうしても気になるのが「セクハラ」という言葉です。

 

キツく言えばパワハラ

優しくすればセクハラ

 

どうしたらええの?

 

こんな悩みを持ってる上司も多いかもしれません。

 

あと一歩踏み込んだ指導ができないんですね。

 

 

生理的に受け付けない上司

また、上司が男性の場合、「生理的に受け付けないタイプ」だと話が頭に入って来ないというのもあると思います。

 

逆に上司も女性という場合でも、女性同士になると感情的になってしまう人も多いような気がします。

 

 

女性ならではの考え方や感じ方が判っていれば、こういう問題も無くなると思うのですが、ほとんどの営業会社で女性は「少数派」ですから、そこまで勉強しようという管理職も少ないのかもしれません。

 

 

 

まとめ

今回「なぜ女性読者の方が多いのか?」を考えてみて思ったのが、女性の方がちゃんと指導してもらってない人が多いのかもしれないという答えに行き着きました。

 

今回の記事を読んで「そうそう」と思った人は、残念ながら上司が変わらない限りは現状のままだと思います。

 

もし、それでも「売れるようになりたい」と思われるのであれば、僕に相談してもらえばアドバイスさせてもらいます。

 

僕の個別コーチングも女性の生徒さんの方が多いです。

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール