ちょっと待って!情報に操作されていませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

マーケティングやコピーライティングの知識が身につくと、すべての情報が、意図的に操作されているのに気づきます。

 

一見、健全に見える業界でも、情報が操作されています。

 

 

今回は、その一例として「虫歯業界」をブッタ斬ります。

 

 

広告に隠された罠(権威)

以前にも、このブログで書きましたが、歯医者さん(歯科医)って、それだけで「権威」を感じてしまうんです。

 

 

ですから、100人の歯医者さんが認めたと書かれているだけで、すごく良い商品のように感じてしまうんです。

 

でも、歯医者さんと言っても、ピンからキリまでいますよね!

 

医師免許取り立ての若造もいれば、免許は持ってるけど、もう引退しているおじいちゃんもいます。

 

 

本当に、誰もが認めるレベルの歯医者さんだったら、一人でいいんです。

名前を出せばいいんです。

 

 

 

それに、「認めた」って、どういうレベル?

って思いませんか?

 

 

「確かに、この商品は効果があります。」

って署名、捺印したレベルなら、誰が見ても「認めた」って言えるけど、

 

 

「うん、なんか良さそうやね」

ってレベルかもしれないんですよ。

 

 

歯医者のレベルも、認めたってレベルもわからないのに、ほとんどの人が、信じちゃっているんですよ。

 

完全に、操作されてしまっているんですね。

 

 

広告に隠された罠(画像)

歯周ポケットまで届く極細毛先

って、よく画像つきで書かれていますよね。

 

 

あの画像をそのまま信じちゃってる人がほとんどなんですが、

画像の下の部分に必ず、「イメージ図」って書かれてるのを

知っていますか?

imegezu

深剃りのシェーバーのCMとかにもよく使われていますが、こんな感じですよ~っていうイメージでしかないんです

 

 

僕も極細毛先の歯ブラシを使ってますが、

 

「あっ、歯周ポケットまで入っていってる」

って感じたことは一度もありません

 

 

もし、このイメージ図を他の業界で使ってみたらどうなるでしょう?

 

 

例えば、ネットビジネスのノウハウでしたら

kanemoti1

 

思いっきり胡散臭いですよね!

 

 

まぁ、ネットビジネスでは、「※イメージ図」なんて書かずに使ってますけどね(^_^;)

 

 

こんなイメージ図って、法律的にアリなん?って思ってしまうんですけど、

 

当たり前のように使われていて、ほとんどの人が信じちゃってるんですね。

 

 

 

歯科医師業界の情報操作

先日、別の記事で、歯医者の予約は「ツァイガルニク効果」を使ってるんじゃないか?という話をしましたが、

 

毎回、中途半端に治療を終わらせて、次回の予約をするのが当たり前のように操作されてしまっている。

という話でしたが、

 

 

他の内科や外科などでは、こんな手法は使われていません。

歯医者特有の技法です

 

おそらく、他の科に比べて、異常なまでのリピート率になっていると思います。

 

で、今回は、そんな歯科医師業界全体で隠蔽しているのではないか?と思われる情報を紹介します。

 

 

虫歯になる原因

CMなどでも紹介されているので、知っていると思うのですが、虫歯の原因は、ミュータンス菌などの細菌です。

 

もし、50年間、歯磨きもしないで歯垢が溜まりまくっていても

ミュータンス菌などの細菌がいなければ、虫歯にはならないんです。

 

 

実は、生まれたての赤ちゃんの口腔内には、ミュータンス菌は存在しません。

 

ほとんどの場合、お母さんに菌をもらってしまうんです。

 

固い食べ物を噛んでから赤ちゃんにあげたり、熱くないか確かめてからあげたり、

 

そういう口から口への感染しかしないんです。

 

 

ですから、お母さんや家族がこれを知っていて、感染しないようにすれば、

 

年頃になって、エロいオッサンと(別にエロいオッサンとは限りませんが)ベロチューするまでは虫歯にならないんです。

 

 

ってことは、

今、あなたの口の中にいるミュータンス菌を死滅させることができれば、

これから先、再度、エロいオッサン(もういいって)とベロチューしない限り、虫歯にはならないですよね!

 

 

これこそ、歯科医師業界が隠蔽しているかもしれないことなんですが、

 

ミュータンス菌を死滅させる技術は2010年12月に発表されているんです。

↓ ↓ ↓

参考記事(元記事は、なぜか既に削除されてしまっているようです)

 

 

当時は、テレビなどのメディアにも取り上げられ、話題になりましたが、

2011年から臨床研究に入る予定のものが、

4年以上たった今では、まったく噂すら聞きません。

 

もし、この技術が実用化されれば歯医者さんは必要なくなります。

 

 

こういう医学会の問題には利権が大きく関わってきます

 

 

虫歯が完全に無くなれば、歯医者さんは当然廃業に追い込まれますが、

それ以上に薬品業界が大打撃を受けます。

 

 

薬品業界で一番のドル箱商品は「鎮痛剤」なんです。

 

ですから、薬品業界がこんな技術を実用化させません

 

当然、研究費を出すスポンサーにもなりませんし、その大学の他の研究に対する資金も打ち切るかもしれません。

 

 

虫歯を撲滅して、儲かる業界はないんです!

 

 

残念ながら、あなたが虫歯にならない方法は、毎日のプラークコントロールしかないんです。

 

歯周ポケットまで届く歯磨きと歯ブラシを使って、歯医者さんで教えられた通りにブラッシングするしかないんです。

 

 

 

まとめ

一見、健全に見えるこんな業界でも、これだけ情報は操作されています。

 

マーケティングやコピーライティングを学んで、情報を操作される側ではなく、情報を操作する側に回れば、あらゆるものの本質を捉えることができます。

 

情報を操作する側になりましょう!

 

次の記事

>>あなたの感情は勝手に書き換えられています

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->