あなたの会社のホームページは社名以外の検索で見つけられますか?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・ホームページやブログをやっているが、そこからの集客が全然できていない人

・ホームページやブログをやっているが、アクセス数が全く伸びない人

 

今日、いつもどおりにポストを見てみると、1枚のチラシが入ってました。

見てみると、地元の工務店さんのチラシだったんですけど、そのチラシを見て

 

「うわ~、こういう会社がほとんどだろうなぁ」と思ったんです。

 

で、これって僕のブログを読んでくれてる読者さんにもわかっておいて欲しいと思い、記事にすることにしました。

 

 

僕が気になったのは、チラシのこの部分

 

chirashi-kensaku

 

 

「○○工務店 検索」っていう部分です。

 

「会社名」で検索して下さいというのはよく書かれていますが、これの何がダメなんでしょう?

 

 

 

会社名で検索するってどんな人?

ちょっと考えて欲しいんですけど、このチラシにはお店の地図もありました。フリーダイアルも書かれていました。工事内容(種類、目安になる金額)もある程度書かれていました。この状態で「検索してみよう」と思うのはどんな人でしょう?(何の目的で検索するのか?)

 

このチラシで興味を持った人が検索すると思いますか?

僕なら、フリーダイアルも書かれていますから、電話で問い合わせます。

 

また、全然関心を持たなかった人はどうでしょう?

検索しようとは思わないですよね。

 

 

つまり、どんな人が検索するかというと、「興味はあるけれど電話をかけるのは抵抗がある」という人なんです。この時の「抵抗」というのは「警戒心」「不信感」です。

 

そういう不安のある人が「会社名」で検索した時に、どんな結果が表示されるか知っていますか?

 

 

実際に僕が以前に勤めていた外壁塗装会社を会社名で検索してみました。

 

 

 

Googleで会社名で検索するとどうなるか?

Googleの予測候補(キーワード)

まず、下の画像を見て下さい。

 

hyouban

 

会社名を入力した時点(まだ検索ボタンを押してない)で、Googleは検索する人が知りたいであろうキーワードを予測していくつか候補を出してくれるんです。

 

この予測候補の中に「評価」「評判」というのが表示されるんです。

 

不安のある人が検索してるんですから、見たくなりますよね。

 

 

でも、その気持ちをグッとこらえて、社名だけで検索してみました。

 

 

 

会社名だけで検索した結果

会社名だけで検索して表示されたのが下の画像です。

 

kensakukekka

 

こちらにも、評価評判口コミなどの不安心を更に掻き立てるような結果がずらりと並んでいます

 

どう考えても、その会社のホームページよりも先にそちらを見るでしょう。

 

 

ここで、「うちの会社は悪い評判は無いからそんな表示はされない」と思った方もいると思います。

 

 

 

悪い評判がまったくない会社なら大丈夫か?

試しに僕の家の近くにある、結構評判のいい「蕎麦屋」さんを検索してみました。

 

gongen

 

すると、検索上位に表示されるのは「食べログ」「ぐるなび」といったグルメ情報サイトばかりです。

 

 

「別に問題ない」と思った方も多いかもしれません、でもあなたが検索した時を考えてみて下さい。他のお店も見てみたくなりますよね。

 

 

つまり、あなたのお店のことを知りたくて検索したはずの見込み客をみすみす競合店に取られる機会を与えてしまってるんです。

 

 

 

見込み客を逃さない方法

では、どうすれば見込み客を逃さないで済むか?なんですけど、

僕がオススメするのは「QRコード」です。

 

「○○工務店」で検索、の代わりに「QRコード」を載せるんです。

 

 

知らない方はいないと思いますが、念のために見本をお見せします。

 

qr_code

 

※このブログのトップページのQRコードです。

(ネットで検索すれば無料でQRコードが作成できるサイトがあります)

 

 

 

QRコードなら、Googleなどの検索エンジンを使わずに、直接あなたのホームページやブログに誘導できます

 

 

ただ一つだけ問題があるのは、スマホやモバイル端末からしか誘導できない(パソコンは無理です)ということですが、現在スマホは子供から年配の方まで幅広い層で利用されています。高校生や大学生に限れば、毎日インターネットは利用するが、パソコンは操作できないという人も多いというデータもあります。

 

 

 

ここまでの話は、既に会社名や店名を知ってくれている人を取りこぼさないというレベルの話です。

 

でも、せっかくホームページやブログがあるのに、これだけで終わらせるのはもったいない

 

あなたの会社やお店のことを全く知らない人にも知ってもらえるのが、インターネットの魅力です

 

 

 

名前も知らない会社を見込み客に見つけてもらう方法

実際の例を挙げた方がわかりやすいと思うので、先日僕が撮ったプロフィール写真を例にしてみます。

top20160925

 

僕はまず、「枚方市 写真スタジオ」で検索してみたんですけど、成人式や七五三の写真を撮られているようなスタジオしか見つかりませんでした。

 

「ちょっと思っているイメージと違うな」と感じたので、検索キーワードを「枚方市 宣材写真」に変えてみました。

 

すると、「枚方市 写真スタジオ」の時と結果があまり変わらなかったんですけど、候補の中に「Studio-Lib」さんがあったんです。場所は心斎橋なので枚方とはまったく違う場所なんですが、サイトを見てみると僕のイメージどおりだったので、そこに決めました。

 

 

まったく聞いたことのないお店を見つけて、僕という見込み客を集客できた秘密は、見込み客が検索する時に調べそうな「キーワード」を狙ってサイトを作られていたからです。

 

 

こういう狙ったキーワードで検索した時に上位表示させるのが「SEO(検索エンジン最適化)」なんです。

 

 

 

今、あなたが僕の記事を読んでくれてるのもSEOのおかげです

このブログは平均すると1日に1000人以上の方に読んでもらっています。FacebookやTwitterなどのSNS経由で来てくれた方もいると思いますが、僕のブログの場合80%はGoogleやYahooなどの検索エンジン経由来てくれています。

 

大阪にある「枚方」って他の地域の人なら読み方すらわからない場所に住んでいる、別に有名人でもないアラフィフのおっちゃんのブログをそんなに多くの人に読んでもらってると考えればSEOってすごいと思いませんか?

 

 

ちなみに、この記事を書くためにちょっと調べてみたんですが、「営業 売上」「テレアポ テクニック」など30個の検索キーワードで今1位に表示されていました。

また、検索結果の1ページ目に表示される10位以内で見てみても、577個ものキーワードで表示されていました。

 

 

僕は別にSEOの専門家ではありませんから、それを中心に教えることはしてませんが、あなたの会社なら「どのキーワードを狙えばいいか?」「そのキーワードで上位表示させるためにはどうするか?」というくらいのアドバイスはコンサルティング契約していただいた方にはさせていただきます。
(僕より知識がないSEOの専門家もいるみたいですが)

 

 

ブログやホームページは「とりあえずあった方がいい」というスターテスのためにあるんじゃないんです。

 

単なるアラフィフのおっちゃんでさえ、全く広告費も掛けずに集客できるんですから、きちんとした会社やお店を構えているのに集客できないはずがないんです。

 

 

せっかくあるんですから、もっと活かした使い方をしていきましょう。

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->