男と女の感じ方の違いがわかればライバルに勝てる

 

こんな人にオススメの記事です
・男性客よりも女性客の成約率が悪い人

・よく女性を不機嫌にさせてしまう人

・女性にモテたい人

 

営業の場面でライバル(競合)に勝つには、「他の営業マンとは違う」と思わせることが重要だと以前にもお話しましたが、

 

プライベートの場面でも、「この人、他の人と違う」と思わせれば、恋愛などの場合でもライバルに勝つことができます。

 

今回は、プライベートでも使える男と女の感じ方の違いを理解して、ライバルに勝つ方法をお教えします。

 

 

男性と女性では、ほめられてうれしいポイントが違う

ほめられたら誰でもうれしいのですが、

誰からも同じほめられ方をされていたら、

「また、この人も同じこと言ってる」

と思われるだけで、あんまりうれしく無くなってくるんです。

 

こんな時、他の人とまったく違う褒め方をされると、

「この人、私の事をわかってくれている」

という差別化された状態になり、

相手の心をグッと引き寄せることができます。

 

この差別化できる褒め方をするために知っておきたいのが男と女の感じ方の違いです。

 

 

男性が褒められてうれしいポイント

男性は「能力」「結果」「成果」というものを褒められるとうれしく感じます。

 

能力を褒めて、プライドをくすぐることで、

「コイツ、俺のことわかってるな」

と思わせることができます。

 

また、その能力により手に入れた物(戦利品)を褒めるのも男性には有効です。

例:時計、スーツ、車、家、マンション、彼女、奥さん、地位、名声

 

 

女性が褒められてうれしいポイント

これに対して女性は、能力や結果よりも、

そこに至るまでの行為行動などのプロセスを褒められることをうれしいと感じます。

 

例えば、同じ会社の事務の女の子になら、

「いつも遅くまで頑張ってるね」

「細かい所まで気配りしてくれるので本当に助かるよ」

という風に、相手の行動を理解しながら褒める

 

「私の事、わかってくれている」と感じてもらえます。

 

また、美人で普段からちやほやされてる女性に、「美人ですね」「可愛いね」と言っても、うれしくないことはないですが、

 

「またか」と思われるだけで印象には残りません。

 

そんな相手には、ちょっと角度を変えて「内面」を褒めてあげるのが効果的です。

 

「そんなことにまで気がつくなんて、本当にやさしい人なんだね」

「さっき、子供にしゃがみこんで話してるのを見て、すごいなって思った」

という感じで褒めてあげれば、

 

「〇〇さん、本当に私の事わかってくれてる

他の人とは全く違うと思われて大幅にポイントアップです。

 

褒めるところが思いつかない人は「バーナム効果」を使ってみよう

気の利いた褒め言葉が思い浮かばない人ってけっこういるんですけど、

こういう人にオススメなのが「バーナム効果」です。

 

「バーナム効果」というのは、

誰にでも該当するような曖昧なことを言われても、

自分に当てはまることのように錯覚してしまう

という現象です。

 

えっ?そんな曖昧なことを言っても差別化できないでしょ

 

と思った人も多いと思いますが、

これって占い師がよく使うテクニックなんです。

 

「一見、誰にでもうまく合わせられる

八方美人のように思われがちですが、

結構、対人関係で悩んでいますよね」

 

なんて言われたら、誰でも多かれ少なかれ対人的な悩みは持っていますから、

「えっ?なんでそんなことまでわかるの?(汗)」

って思わせることができるので、

この占い師すごい!になってしまうんです。

 

これを実際に会社の女性社員に使うなら、

「何でもテキパキこなすように見えるけど、

そのために日頃努力してるんやろね」

というような感じになります。

 

相手の女性のことをよく知らなくても、

大抵、自分では頑張っていると思っていますから、

「この人なら、私の隠れた部分にも気づいてくれる

という風に感じてもらえます。

 

 

女性の「相談に乗って欲しい」は要注意!

男女問わず、親しい間柄になってくると「相談に乗って欲しい」ということがありますが、

 

男性と女性では「相談に乗って欲しい」の意味が全然違います。

 

男性の「相談に乗って欲しい」は、最良の答えを見つけるために

一緒に考えて欲しいアドバイスをして欲しい

という意味なんですけど

 

女性の「相談に乗って欲しい」は、

同意して欲しい共感して欲しい

という意味なんです。

 

これがわからずに、真剣にアドバイスしたり、彼女の考えを否定したりしたら、

感謝されるどころか、どんどん機嫌が悪くなっていきます

 

なら、もし彼女から相談に乗って欲しいと言われて、

彼女の考えが間違っていると思ったらどうしたらいいの?

という疑問が沸いてくると思います。

 

こんな時は、営業の場面のYES・BUT話法を思い出して下さい。

「確かにそうですね、でも・・・」というやり取りなんですけど、

 

普通のYES・BUTでは足りません!

 

YES・YES・YES・BUTくらいは必要です

 

「うんうん、わかるわかる」

「どうしてもそうなるよね」

「そういう人がほとんどだろうね」

「でも、こういう考え方もできるんじゃない」

 

これくらい根気強く対応するつもりでないと、彼女を満足させることはできません。

 

面倒臭いって思わずに頑張って下さいね。

 

 

次の記事

>>相手に関心を持たせるテクニック(もしもシンデレラが超ブサイクだったら)

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    大倉成人

    プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール