あなたの感情は勝手に書き換えられています

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

休みの日に一歩も外に出ないで家の中でゴロゴロしていても、多かれ少なかれ何らかの体験をしますし、いろんな情報が入ってきます。

 

この時に、物事によって振れ幅は違いますが、必ず感情が動きます

 

この感情を、あなたが理解して、自分自身でコントロールしている。と思っているのですが、実は、あなたの知らない所で書き換えられているんです

 

 

 

 

 

脳が勝手に感情を書き換えている

えっ?と思われたかもしれませんが、脳は矛盾する感情を嫌うんです。

 

Aという感情があるのに、それと矛盾するBという感情が起こると、Bという感情をAに近づけるために書き換えるんです。

 

 

こう言われてもピンと来ないですよね!

ちょっと例を上げて説明していきますね。

 

 

買い物で迷いまくって、商品を選んだ時

あなたは、休みの日にショッピングに出かけました。

最近太ってきて、昨年着ていたスーツが合わなくなってきたので、春夏物のスーツを買いに来ました。

 

いろいろ見てまわって、最終的にA・B 2つのスーツが気に入りましたが、予算的に1着しか買えません。

 

デザイン的にも、予算的にも、両方同じくらい気に入っていて、かなり迷いましたが、最終的にAのスーツを買って帰りました。

 

 

こういう経験って、よくありますよね!

 

 

この後、あなたの脳はあなたの感情を操作し始めるんです。

 

 

こっちのスーツの方が顔映りが良かった

これの方が、あの靴にピッタリ合う

 

という感じで、自分の選択は正しかったという方向に修正をかけていくんです。

 

 

ただ、この感情の書き換えは、AとBが同じくらいの価値観だった時にだけ起こります。

 

明らかにBよりAの方が良かったという場合は、心の中での矛盾が生じませんから、そのまま書き換えずに処理されてしまいます。

 

 

子供に「やったらダメ」という時

あなたにお子さんがいるなら、「〇〇したらアカンで!」ということがよくあると思います。

 

この時に、言い方一つで、子供の感情は大きく変わるんです

 

A:「絶対にしたらアカンで、わかったな!」と怒った口調で言う

B:「〇〇ちゃんは、お利口さんやし、やらんといてな」と優しく言う

 

 

子供が言うことを聞いて、言いつけを守った時に、どういう感情が起こると思いますか?

 

 

Bの方は、自分の意思でやらなかったという感情が支配するので、「やれなかった」という感情が生まれにくいのですが、

 

Aの方は、自分の意思ではなく、強制的に規制されたという感情が支配するので、「やりたかった」という強い感情が残ってしまうんです

 

子供を例にしましたが、これは大人でも一緒です。

上司から強制的に規制された場合も「やりたかった」という感情が生まれます。

 

あなたにも、こういう経験はありますよね!

 

お子さんや部下に指示する時は注意して下さいね。

 

 

有料と無料の違い

いろいろな人に営業術について教えているのですが、個別コーチングとして有料で教えている人と、Facebookなどで知り合って無料で教えている人がいます。

 

メッセージのやり取りをしていると、どちらも真剣に悩んでいて、やる気が伝わって来るんですけど、無料で教えている人のほとんどは自然消滅していきます

 

結果が出始めてメッセージのやり取りが無くなるのならまだいいのですが、ほとんどの人が、結果も出ないままに消えていきます

 

 

逆に、有料で教えている人の場合は絶対に途中でやめません。

僕が与えた課題は多少時間が掛かっても必ず実行してくれますし、わからないことは、どんどん聞いてきます。

 

最初の段階では、どちらも「絶対に身につける」と思っているのですが、

 

有料の場合は、お金というリスクを背負っているので、「払ったお金以上のものは吸収してやる!」という感情が支配しているので、気持ちが持続するのですが、

 

無料の人の場合、何のリスクも背負ってないので、心のどこかに「出来なくてもいいや」という気持ちがあるので、無意識のうちに、脳に感情を書き換えられてしまいます

 

 

 

以前、個人事業主の人に、今の状態だと、例え少額でもお金の負担はしんどいかな?と思って、「結果が出てからでもいいですよ。」と無料で教えていたのですが、こういう場合ほとんどの人が結果を出せないまま連絡が来なくなります

 

こういう人を何人も教えていると、その人のためにも、お金は貰った方がいいのかな?と思ってしまいます。

 

 

まとめ

自分の感情は自分でコントロールしてるように思いがちですが、

無意識のうちに、脳が感情を書き換えてしまう

ということを覚えておいて下さいね。

 

また、他の人と接する時にも、こういう感情の書き換えがあることを意識しておけば、アプローチの方法も変わってきます。

 

ちょっとしたことで相手の感情は大きく変わりますので、意識するようにして下さいね。

 

 

 

【無料E-book「一瞬でその気にさせる切り返しトークの作り方」プレゼント中】

isshun-hyoushi

 

只今、メルマガ登録していただいた方全員に、僕の切り返しトーク作成方法をまとめた無料E-book「一瞬でその気にさせる切り返しトークの作り方」をプレゼントさせて頂きます。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->