値切るって失礼なことですか?(ケンミンshow「大阪人の値切り」について)

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・値切られた時の対処法がわからない営業マン(販売員)

・値切るのがヘタな人

 

以前、秘密のケンミンshowで、「大阪人の値切り」についてやっていたみたいですけど、あなたは値切ったことありますか?

 

僕は今は大阪(守口市)に住んでいて、元々は京都人なんですが、京都に住んでいた頃から「値切る」っていうのは当たり前にしていました。

 

 

でも、ネットでの反響を見ていると、値切ったことは無い人も多いみたいで、中には「売ってる人に失礼」だと思っているようです。

 

 

確かに、僕も以前に「安売りばっかりしてしまう営業マンは自分の価値観から見直しなさい!」という記事の中で、友達や知り合いに「安くしといて!」とお願いするのは、

 

「お前の仕事にはこれくらいの価値しかない」

と言ってるのと同じ意味なんで、凄く失礼なことだと書いたのですが、

 

これも時と場合によると思います。

 

 

値切るのが当たり前というシチュエーションもある

例えば、他地域の現状は知らないのですが、関西では家電量販店では値切るのが当たり前になっています。

 

実際、チラシやポップにも「地域最安値 他店より1円でも高い場合はお申し付けください」と書かれていますから、「〇〇電機は●●円やったよ」と言えば値引きしてくれます。

 

また、何も書いてなくても「もうちょっと何とかならん?」と聞けば、その場で電卓を叩いてくれて値引きした金額を提示してくれます

 

店員さんも値引き交渉のために、いつも電卓を持ち歩いているんですから、値切るのが当たり前の業界なんですね。

 

 

また、会社で仕入れ担当等をされてる方であれば、仕事でも少しでもコストを下げるために「値切る」という行為をされているはずです。

 

 

僕の感覚ですと、商品を右から左へ流すような流通途中での中間マージンで儲けている相手なら「値切る」という行為は失礼でないと思いますが、自分が持っている技術やノウハウで収入を得ている方に対して「値切る」のは失礼なんじゃないかと思います。

 

 

 

あなたが営業マンなら値切るべきです

「値切る」って言うと、聞こえが悪いかもしれませんが、言い方を変えれば「価格交渉」です。

 

当然、値切るのが上手い人は「交渉術」に長けている人です。

 

相手の気持ちを読んで、折り合いのつく金額を考える(考えさせる)

 

 

 

これは、僕の感覚ですが、値切るのが上手い人は、値切られた時の対処も上手いです。

 

一度も値切ったことが無い人は、値切る側の心理がわからないんですね。

 

 

ですから、もしあなたが営業マンなら、いろんな所で値切ってみて下さい。

値切ることで「値切る側」「値切られる側」両方の心理を体験して下さい

 

「うわっ、この店員うまいな」

「あっ、今の言葉は言わない方が良かったな」

 

いろいろ感じることがあるはずです。

 

必ずあなたの交渉能力は上がりますから、ぜひやってみて下さいね。

 

次の記事

>安売りばっかりしてしまう営業マンは自分の価値観から見直しなさい!

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール