営業で客先を訪問する時にマスクはつけるべき?外すべき?

ウィルス予防マスク

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・コロナウィルス問題の中営業でマスクをつけるべきが迷っている方

 

新型コロナウィルスの予防のためにマスクをされてる方も多いと思うんですが、

 

営業で客先を訪問する時には、マスクはつけておいた方がいいのか?

商談中は外した方がいいのか?で迷っておられる人も多いと思います。

 

 

で、僕なりに考えてみたんですが、明確な答えが見つかりました。

 

自分で言うのも何ですが、これ以上の正解は無いと思います。

 

 

先に、結論を言いますが、

 

その場で、お客さんに合わせる

 

というのがベストです。

 

 

今回は、その理由を解説していきます。

 

 

 

そもそも訪問は自粛した方がいい?

得意先を周るような既存客のフォローがメインという営業スタイルの場合は、メールや電話などで済むような内容なら極力訪問は控えた方がいいとは思うのですが、

 

それも相手次第だと思います。

 

 

典型的な楽観思考の相手であれば「そんなに大層に考えなくても来れるやろ」と思う人もいますし、「営業マンの良し悪しは行動力で決まる」みたいな考え方の相手の場合は、「単なる手抜き(言い訳)」のように感じる人もいると思います。

 

 

大事なのは、自分で判断せずに、事前に電話を入れるなどして、相手の考え方を理解することです。

 

あなたの普段の行いによっても受ける印象は変わります
普段から滅多に顔を出さないとか、すぐに対応してくれないという印象を与えている場合は、こんな時でも悪いように取られてしまいます。

 

 

 

マスクはその場で相手に合わせた方がいい理由とは?

例えば、訪問先の会社や家に入る前からマスクをつけていなかったとします。

 

入った瞬間、社員さん(ご家族)全員がマスクを着用していました

 

 

ムチャクチャ気まずいですよね。

 

 

女性社員
うわっ、この人大丈夫? 危機意識って全く無いの?

 

って思われてるような気がしますよね。

 

 

ですから、どの会社(家)を訪問する時にでも、中に入るまではマスクをつけておくのが一番無難です。

 

 

では、中に通されて、商談相手がマスクをしてなかった場合はどうでしょう?

 

相手はマスクをしていないのに、あなたはマスクをつけたまま

 

めっちゃ違和感ありますよね

 

 

担当者
えっ?俺から感染させられると思ってるの?
(人を病原菌扱いしてるの?)

 

と思う人もいると思います。

 

 

まぁ、そこまでは思わないににしても、気分のいいもんじゃありませんから、マスクを外すか?外さないか?は相手に合わせるのが一番いいです。

 

 

あなた自身、新型コロナじゃなくただの風邪かもしれないですが、咳が出るような場合や、花粉症などでマスクを外せない理由があるなら、先方に理由を説明して了承してもらって下さい。

 

 

 

マスクをラポール(人間関係構築)に利用する

担当者がマスクをしていない時でも、担当者の目の前でマスクを外すようにすると、「お客さんへの配慮」と相手に思ってもらうことができます

 

・客先にウィルスを持ち込まないようにしている。

・私に合わせてくれている。

 

これだけでも、あなたへの印象は良くなるんですが、

 

その「つけていたマスクを外す」という動作が商談前の雑談のきっかけにもなるので、自然な流れで会話を始められるようになります。

 

普通の使い捨てのマスクではなく、布で作ったハンドメイドのマスクや、「花粉症です」って大きく文字の書かれたマスクなんかを作っておけば、相手の興味を一気にひきつけることができます。

 

 

 

マスクをつける時の注意点

●清潔なマスクを使って下さい

当然の事ですが、マスクは汚れていない清潔な物を使うようにして下さい。

 

薄汚れた汚いマスクをつけているだけで、あなたの印象はかなり悪くなります。

 

 

●普段より表情は豊かに

愛想笑いの下手な人で多いのが、口だけで笑って(口角を上げる)いて、目が笑っていない人なんですが、マスクをすると口が見えなくなりますから、無愛想な印象を持たれてしまいます

洗面所など鏡の前で、マスクをつけたまま笑顔を見せる練習をしておいて下さい。

 

 

●口紅などの化粧崩れに注意

これは女性の方だけだと思うのですが、マスクの付け外しで口紅やファンデーションなどの化粧崩れにも注意が必要です。

僕は男なので、お化粧の事はあまりわかりませんが、化粧崩れしにくいタイプの化粧品を選んだ方がいいと思います。

 

 

 

まとめ

「こんな状態だから、わかってくれるだろう」はこちらの勝手な考え方です。

 

相手によって感じ方は違います。

 

どんな相手にでも、良い印象を持ってもらえるように、しっかり考えて行動して下さいね。

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール