お客さんに満足してもらうために意識すべきたった一つのポイント

お客さんに満足してもらうために意識すべきたった一つのポイント
こんな人にオススメの記事です
・お客さんに満足してもらえてない人

・コンサルタントなど人に教える仕事をされてる方

・リピーターが育たない人

 

突然ですが、あなたのお客さんは満足してくれてますか?

 

 

●商品を買ってもらったけど、その後何の反応も無い。

●新規のお客さんは結構多いけど、リピートしてくれる人はほとんどいない。

●アドバイスしても、お礼すら言ってもらえない。

 

 

これって間違いなく、

お客さんが満足してくれてない

ってことですよね。

 

 

何が原因だと思いますか?

 

 

今回は、僕がお客さんに「満足感」を感じてもらうために意識していることを紹介させてもらいます。

 

 

 

どんな時にお客さんは『満足感』を感じるか?

「お客さんに満足してもらえていない」という方のほとんどは、

 

「どうすれば満足してくれるか?」を理解していないと思います。

 

 

お客さんが満足してくれるのは、

自分の想像を超えた時

なんです。

 

 

言い方を変えれば、お客さんの「期待値」を上回った時です。

 

●ラーメンなら、想像していたより美味しかった。

●美容室なら、想像していた以上にカッコよくしてもらえた。

●リフォームなら、約束していない所までキレイにしてもらえた。

 

という感じです。

 

 

自分自身に置き換えて思い出してもらえばわかると思うんですが、自分の想像(期待値)を超えた時って、絶対に満足してますよね。

 

 

 

妥協した時点でお客さんの満足は無くなる

これに対して、お客さんに満足してもらえてない人の場合は、

「この金額なら、これくらいで満足してもらえるかな?」

みたいに妥協点を見つけてしまってる人が多いんです。

 

 

少しでも妥協してしまうと、お客さんの想像の範囲内(まぁ、こんなもんやろ)に収まってしまうんで、満足感を感じてもらえないんですね。

 

 

 

僕がコーチングの時に気をつけていること

これは、僕のような人に教える仕事(コーチ、コンサル、カウンセラーなど)をされてる方ならそのまま当てはまると思うんですが、

 

「想像を超えるための一工夫」

 

をいつも考えるようにしています。

 

 

例えば、ヒアリングする時でも「そこまで聞く?!」というくらい掘り下げて質問しますし、

 

いただいた質問に対してアドバイスする時でも、「考え方」を教えるだけでなく、具体的なトーク例を考えたり、他のケースなども付け加えてアドバイスするようにしています。

 

ここまでして、やっと生徒さんに満足(感動)してもらえると思っています。

 

 

 

まとめ

以前、このブログで「高い」と言われるのは「●●」が足りないからという記事を書かせてもらったんですが、見込み客を買う気にさせるにはお客さんのその商品に対する価値観を金額以上にすることが必要です。

 

 

ただ、それを意識しすぎてお客さんの価値観を目一杯上げてしまっているので、自分が提供できる価値の範囲を超えてしまってる人もネット上ではよく見かけます。(誇大広告)

 

 

でも、勘違いして欲しくないんですが、「販売前の価値観を上げすぎない」ということではなく、「上げた以上にするにはどうしたらいいか?」を考えるようにして下さいね。

 

 

【追記】

よく読者さんから、「参考になりました」というメッセージをいただくことがあるんですが、実は、これってあんまりうれしくないんです。

 

というのは、「参考程度にしかしてもらえていない」ということだと思うからです。

 

もっとうれしいのは、「明日からやってみます」という言葉です。

 

「やってみよう」「やってみたい」と思ってもらえるような情報をこれからも発信していきますので、よろしくお願いします。

 

次の記事

>【体験者の声】営業コーチングでいろんな業種の方に結果を出してもらえました

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール