あなたは外出先で、よく道を聞かれる方ですか?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・第一印象で悪く思われてしまうことが多い人

・お客さんに警戒されやすい営業マン

 

僕は、知らない人に話しかけるのは苦手なんですけど、知らない人に話しかけられることが多いんです。

 

小学生から「今、何時ですか?」と聞かれたりするのも多いですし、「〇〇には、どうやって行けばいいですか?」と道を聞かれることも多いです。

 

土地感のある所なら、聞かれてもすぐに答えられるのですが、旅行先などで初めて行った所でも聞かれてしまいます。

 

 

昔から、一度行った所は覚えてしまうくらい方向感覚には自信があるのですが、長年営業をしてきて、住所だけで目的地を探していたりしてたので、さらに磨きが掛かっています。

 

今は、スマホの地図アプリもあるので、よっぽどマニアックな場所でない限りは初めて行ったような場所でも、その場で調べてあげて教えてあげられます。

 

 

で、ふと

何で、こんなに道を聞かれるんだろう?

って思ったんです。

 

自分の地元なら、普段着でウロチョロしてますし、「土地感のある人だろう」と思って聞かれるかもしれませんが、旅行先では、いかにも旅行者という服装(ちょっとだけオメカシ)なので、土地感があるようには見えませんから、

「何で、こんなに多勢の人の中から僕を選んだの?」

って思うわけです。

 

 

僕が見知らぬ人に道を聞かれる理由とは?

で、道を聞く側の立場になって考えてみました。

 

中には、大阪のオバチャンのように、知らない人だろうが誰とでも平気で話しかけられる人もいますが、ほとんどの人は、道がわからないという不安な状態で、相手を選ばずに声をかけられないでしょう。

 

見るからに怪しそうな人は避けますし、機嫌の悪そうな人にも声をかけないですよね。

 

ってことは、やっぱり第一印象なんです。

 

 

話しかけられやすい第一印象

よくよく考えてみると、僕が道を聞かれるのは、長年の営業のせいだと思うんです。

 

特に、僕の営業スタイルは、「話すこと」よりも「聞くこと」に特化しています。

 

初めて会った相手でも、気軽に話してもらえるような雰囲気作りを長年意識してきました。

 

話し始めてしまえば、相手の話にうなづいたり、相づちを入れたり、いろんなテクニックが使えますが、最初の段階では、話しやすい雰囲気を作ることが大事なんです。

 

そこで一番重要なのが「表情」なんです。

 

営業の世界では、「笑顔」が大切だと言われますが、どれだけ自然な笑顔が作れるかが勝負なんです。

 

普段、気難しい表情ばかりしている人が、その場だけの即興の笑顔を作っても、話しかけやすいオーラは出せないんです。

 

 

特に、年齢と共に、嫌でも普段の表情の痕跡が、「シワ」という形(眉間のシワなど)で刻まれていきますから、その場しのぎの笑顔は見破られてしまいます。

 

普段から、自然な笑顔を作る努力が必要なのですが、機嫌が悪いのに、自然な笑顔は作れませんから、自然な笑顔を作るには「気持ち」が伴います

 

 

でも、人間誰でも喜怒哀楽がありますから、機嫌の悪いことも当然あります。

 

機嫌の悪い状態の時に、いかに表情に出さないか

いかに機嫌の悪い状態から早く気持ちを切り替えられるかで、

自然な笑顔が出せるようになってきます。

 

普段から心がけておいて下さいね!

 

 

表情だけで人を好きにも嫌いにもなる

あなたは、一目惚れってしたことがありますか?

 

僕は、けっこう一目惚れしてしまうんです(笑)

 

どんな人に一目惚れするかっていうと、一瞬の表情が可愛い人です。

 

パッと見から綺麗な人とか、可愛い人より、一瞬の表情で可愛い人の方がドキッとしてしまいます。

 

僕の場合、一瞬の表情が可愛くて、その上、歌が上手かったら、それだけで好きになってしまいます。

ちなみにアーティストで言えばaiko

「Do you think about aiko?」 http://aikohime.blogspot.jp/からお借りしました

「Do you think about aiko?」
http://aikohime.blogspot.jp/からお借りしました

 

アナウンサーなら水卜 麻美アナ(歌は関係ないですが)

「にんじ報告」http://blog.livedoor.jp/ninji/さんのサイトからお借りしました。

「にんじ報告」http://blog.livedoor.jp/ninji/さんのサイトからお借りしました。

 

逆に、一瞬の表情だけで嫌いになることもあります

普段ニコニコしてても、ちょっとした瞬間に最悪の表情をしてしまう人(いわゆる「表情ブス」)がいるんですけど、

 

その表情を見てしまった瞬間に

「アカン、こいつ最低や」と思ってしまいます。

 

 

意識していない一瞬の表情って、性格が出てしまうって思うんですよね。

 

 

一瞬の表情まで気をつけるのは無理ですから、普段から優しい気持ちを持ち続けるしかないでしょうね。

 

 

まとめ

街を歩いていても、道を聞かれたことがないっていう人は、何か話しかけにくいオーラが出てしまっていると思います。

 

怒っているわけでもないのに、怒っているように見えてるかもしれません。

 

普段から、優しい気持ちを持って、自然な笑顔が出せるように意識してみて下さいね!

 

 

ワンポイントアドバイス

よく笑顔を作るのに「口角を上げなさい」って言われますが、「作り笑顔」は顔の一部分だけが笑ってしまって不自然です。

 

心理学的には、無理に作った「嘘の笑顔」は左右非対称になってしまったり、長時間持続すると言われています。

(笑いっぱなしの笑顔は信用できない)

 

鏡の前に立って、マスクをして口元を隠したり、サングラスをして目元を隠したりして、顔全体で自然な笑顔を表現できているか確認してみて下さいね!

 

 

次の記事

>>嘘の種類と6つの見抜き方

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->