見込み客の気持ちを流入経路から考えてみた

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

今日、僕の個別コーチングを受けている生徒さんにアドバイスを書いていたんですが、

 

「この見込み客はどんな気持ちなんだろう」と思い、ちょっと変わった視点から考えてみました。

 

 

この生徒さんは結婚相談所で営業の仕事をされているのですが、今回のターゲットは「婚活パーティ」に参加を希望されている方です。

 

婚活パーティのみの参加を考えている人に、どんな話をしたら本契約(入会)させることができるか?ということで、ターゲットの思考を分析する必要があったんです。

 

 

見込み客はどこから申し込みページにやってきたのか?

この生徒さんの会社では、結婚相談所のサイトと婚活パーティのサイトを別々に運営されていました。(URLが違う)

 

 

そこで、まず実際にGoogleを使って検索してみたんですけど、

「地域名+婚活パーティ」

「地域名+お見合いパーティ」

どちらのキーワードで検索しても上位表示されていませんでした

 

結婚相談所の方のサイトは、「地域名+結婚相談所」で上位表示されていました。

 

 

ひょっとしたら?と思い、婚活パーティの比較サイトを覗いてみたのですが、そこでの評価もかなり低く、他社よりも価格設定も高かったので、ここからの流入というのも考えにくいです。

 

 

ということは、直接、婚活パーティの方のサイトを訪問した人はほとんどいないということです。

 

 

このことから、結婚相談所の方のサイトに貼られているパーティサイトへのリンクからの流入がほとんどだということが分かります。

 

 

 

結婚相談所サイトからパーティサイトに飛ぶ人の思考

では、どんな人が結婚相談所のサイト経由でパーティサイトに来るんでしょう?

 

まず、結婚相談所のサイトを見る人はどんな人か?なのですが、

 

・結婚(婚活)を考えている人

・日頃出会いがほとんどない人

・忙しくてあまり時間がない人

 

ナンパしたり、友達に紹介を頼んだり、自力で婚活ができる人であれば、わざわざ結婚相談所を利用しようとは考えないですから、それが困難な人が利用を考えます

 

 

で、次に考えるのが、「なぜ入会じゃなく、パーティサイトの方に飛んだのか?」ということです。

 

考えられるのは、

 

・会って話す方がいいと思っている。

・入会は高額なので、まずは雰囲気を知るためにパーティから参加してみる。

 

みたいな感じだと思います。

 

 

ただ、ここで忘れてはいけないのは、

最初から「婚活パーティ」で検索した人ではない

 

ということです。

 

「会って話せる場さえあれば相手は見つけられる」という自信がある人なら、最初から「婚活パーティ」で検索しているはずです。

 

 

つまり、婚活パーティ自体には、あまり自信を持っていない人なんです。

 

 

ここまで分かれば、どんなことを話せばその気にさせられるかも考えることができますよね。

 

生徒さんには、今回の分析を元にしてこれから実際のトークなどをアドバイスしていきます。

 

 

 

まとめ

今回の生徒さんの場合は、別々のサイトを運営されていましたが、1つのサイトで運営されている場合は、アナリティクス解析などを使って、どのページから辿り着いたのかを考えます

 

また、PPC広告などを使われている場合は、どの広告からの流入なのかも考えなければなりません。

 

 

広告を打つ場合は、どんな広告を打てば質の良い見込み客が集まるか?という逆の考え方が必要です。

(難しいお客さんばかり集めてしまう広告になってないですか?)

 

 

あなたのビジネスに置き換えて考えてみて下さいね。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->