見習い、研修中って名札つけた営業マンと契約しますか?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

今日は、ちょっとしたボヤキですから、これと言って参考にはならないと思いますが、暇な方は読んで下さい。

 

 

今日は久しぶりにマクド(関西人です)に行って、ソーセージエッグマフィンのセットを食べてきました。

 

月に1回くらい無性に食べたくなるのですが、ソーセージエッグマフィンとハッシュポテトが好きなので、朝マック(関西でも朝マクドとは言いません)しか行きません。

 

 

注文しにレジに行くと新人さんのようで、そんなに混んでいるわけでもないのに少しパニクっていて、

トレーにホットコーヒーを置いたあと、後ろにソーセージエッグマフィンもハッシュポテトが出来上がっているのに、なかなか商品を揃えてくれませんでした。

 

4、5分待たされて、ようやく商品を受け取ったのですが、ホットコーヒーは見事にヌルくなってしまっていました(汗)

 

 

そこで、文句を言って温かいコーヒーに替えてもらうこともできたのですが、イラっとするのも嫌だったので、そのまま頂きました。

 

 

その時、ふと思ったのですが、マクドだけじゃないんですが、コンビニやファミレスなどでも「研修中」「見習い」って名札を付けてますよね。

 

あれって、当然、お客さんに見せるために付けてるんです。

 

あの名札の目的って何なんでしょう?

 

 

 

研修中だからミスするかもしれないけど大目に見てね

見習いだからトロクサイけど勘弁してね

っていう意味ですよね!

 

 

どう考えても、それ以外にあの名札の理由が見つからないんです。

 

 

研修中だろうが、見習いだろうが、こっちは同じ料金を払ってるんです。

 

 

まともな仕事ができないものに接客させて、通常通りの料金を請求するって、お客に対して失礼だと思いませんか?

 

お金をもらう = プロ なんです。

 

プロと呼べるレベルまで接客させたらダメでしょう。

 

 

僕やあなたがやっている営業の仕事に置き換えてみたらどうでしょう?

 

「研修中」「見習い」って名札を付けていたら、頼りない説明でも契約してくれるでしょうか?

 

絶対に契約してくれないですよね!

 

 

この人なら安心して任せられる。と思ってもらえて、初めて契約してくれるんです。

 

 

ただ、この「研修中」「見習い」っていうバイトの子は、自分なりに一生懸命働いていると思います。

 

おそらく、この名札を付けなくてもいいようになったベテランのアルバイトと同じ給料ではないでしょう。

研修期間中ということで、安い給料が設定されているはずです。

 

悪いのは、会社の体制です。

 

何で、こんな制度(名札)がずっと続いているのか不思議で仕方ありません。

 

 

 

ちょっと感じたので、思いのままボヤいてしまったのですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

次回からは、ちゃんとした内容を書いていきますので、これに懲りずに見に来て下さいね(汗)

 

次の記事

>>売上をアップさせたいなら今すぐ営業マニュアルを捨てろ!

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->