お客さんに質問できないという営業マンのマインドブロックを解く方法

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・お客さんに質問するのが苦手な人

・お客さんに遠慮してしまう人

・質問しても答えてもらえない営業マン

 

今日、コーチング生の方から、お客さんへ質問する時に「失礼なんじゃないか?」遠慮をしてしまうというご相談をいただき、同じように感じている営業マンの方も多いと思い、記事にさせていただくことにしました。

 

今日、初めて会ったお客さんに対して、「ここまで突っ込んだ質問をしたら失礼かな?」と感じてしまったり、話の流れで聞くタイミングを逃してしまい、聞きたいのに聞けないという営業マンの方も多いと思います。

 

僕自身どうだったかな?と考えてみたんですけど、営業し始めた頃には有ったかもしれないんですけど、記憶する範囲では、質問することに遠慮した覚えがないんです。

 

 

で、「何で遠慮してしまうんだろう?」と考えてみたんですけど、ちょっとした考え方の違いによるマインドブロックだったんです。

 

 

今日は、僕が全く質問することに抵抗がない理由をお話ししながら、質問できない営業マンが持っているマインドブロックの原因と、それを解く方法を解説していきます。

 

 

質問することに抵抗がある営業マンの考え方

質問する時に感じてしまう「抵抗」って、言葉を変えると「遠慮」という感情なんです。

 

では、人はどういう時に「遠慮」という感情を持ってしまうんでしょう?

 

 

今回のように「質問」する時にも「遠慮」という感情を持ちますが、それ以外にも「人にものを頼む」という時にも「遠慮」という感情を抱きます。

 

共通するのは「自分のために○○してもらう」ということなんです。

 

つまり、お客さんに質問することに抵抗を感じるというのは、「自分のために」「自分の売上のために」という感情があるから「遠慮」してしまうんです。

 

 

 

僕が質問することに抵抗がない理由

では僕が何の抵抗もなく質問できるのは何故なんでしょう?

 

図々しいから

 

ではありません。

 

「自分のため」ではなく「お客さんのため」に質問していると思っているからです。

 

 

お客さんに最善の提案をするために必要だから質問しているんです。

だから「遠慮」という感情は生まれないんです。

 

 

例えば、友達から紹介してもらった女性との初デートで待ち合わせ場所を決めるとします。

 

「どこにお住まいですか?」

「電車は何線ですか?」

「梅田の方はわかりますか?」

 

デート当日に困らないように(相手に配慮して)いろいろ質問しますよね。

 

で、その他にも映画に行くのなら

「最近どんな映画観ましたか?」(観てしまった映画に行きたくないです)

 

食事に行くのなら

「食べられないものってありますか?」(僕は唐揚げ大好きですけど、鶏肉が苦手な人もいます)

 

図々しいから質問してるんじゃなく、「楽しかった」と思って欲しいという相手への配慮の気持ちでいろいろ質問するんです。

 

 

 

マインドブロックを解く鍵は「相手のために」

質問することに抵抗(遠慮)がある人は無意識の内に「自分のため」の質問だと思ってしまっているんです。

 

このマインドブロックを解くには「相手のために聞く」お客さんに最善の提案をするために聞くお客さんがあとあと後悔しないために聞く、という気持ちの持ち方だけなんです。

 

言い方を変えれば「コンサルティング営業」ですね。

 

実は、この気持ちお客さんにも伝わります

自分の売上のため「聞き出そう」という質問には、「答えたくない」と感じます。

 

お客さんのため「知りたい」という質問には、「伝えたい」と感じてもらえます。

 

 

よく売れる営業マンは「聞き上手」と言いますが、聞き上手か?そうでないか?は、こんなちょっとした気持ちの持ち方だけなんです。

 

 

「質問するのに抵抗がある」「聞くのが苦手」という方は、ちょっとだけ「お客さんのため」を意識して下さいね。

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール