僕が目を背けていた問題点を改善した方法

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

先日、「売上が伸びない理由 真剣に考えたことがありますか?」という記事の中で、ほとんどの人が、「簡単にできることだけで改善しようとしている」という話をしたんですが、売れない原因を考えた時に、本当に必要なことであれば、仮に自分にはできないようなことであっても、「そこをなんとかできないか?」と考える必要があるという話をしました。

 

ただ、これは皆さんに説教する気ではなく、僕自身にも向けた言葉でもあるんです。

 

 

今日は、僕自身が自分のビジネスを見つめ直して見つけた課題とそれをどんな風に克服したかについて書いていきます。

 

 

自分の問題点から目を背けていた

ご存じのとおり、僕の仕事は営業や販売に関するコンサルコーチングです。

 

売上が上がらずに悩んでおられる営業マンや経営者の方に、長年の営業で培った営業ノウハウやテクニックを教えています。

 

さまざまな業界を経験してきたことで、どんな商品でもどんな業界でも対応する自信もあります。

 

で、このビジネスで他の営業コンサルタントとの差別化を考えた時に、「実例を交えたすぐに実践で使えるノウハウ」を発信していこうという方向性が見えてきました。

 

実際、僕ほどさまざまな業界で実績をあげた人間はいないと思いますから、他の人には真似のできない情報だと思っています。

 

「内容さえ良ければ、必ず差別化できる」と考えて、今まで頑張ってきました。

 

 

 

でも、これって

「できないことから目を背けていたんです」

自分にとって楽な方法を選んでいたんです

 

 

と言っても、ほんの20、30分で書いたような記事はありません。

短い記事でも2時間、長い記事なら1週間掛かって書いたものもあります。

 

それでも、僕にとっては楽な方法だったんです。

 

 

僕が目を背けてしまっていたのは「見た目」です。

 

 

年齢も50歳を超えてるし、どう頑張ってもかっこよくはならない

パソコン(html、cssなど)の知識もないしかっこいいサイトは作れない

デザインのセンスはまったくない

 

 

こういう部分から目を背けるために「内容さえ良かったら」という言葉で自分を納得させていたんです

 

 

これに気づいた時、「このままでは絶対にこれ以上伸びない」と思い、これを克服する方法を考えました。

 

 

 

問題を解決するために僕がやったこと

見た目(外見)を変えるなら、メンズエステに通えば、ある程度若返ることもできます。

また、パソコンのスキルは本なり学校なりで学ぶこともできます。デザインについても同じです。

 

でも、僕が望むレベルまで何年かかるでしょうか?

 

で、僕が出した答えが「できる人に頼む」です。

 

 

 

①Wordpressテーマ(テンプレート)の購入

まず最初にしたのが、Wordpressのテーマの購入です。

 

僕は、これまでずっと無料のテーマを使ってきました。

で、「ここをもう少しこうしたい」というのが出てくるたびに、ネットで調べてカスタマイズをしていたんですが、ちょっと難しそうな問題にぶち当たると「まあいいか」と妥協していたんです。

 

そういうのを無くすために、ほとんどカスタマイズの必要がない有料のテーマを購入することで解決しました。

 

今、このブログで使用しているのは、OPEN CAGEさんの「アルバトロス」というテーマです。

 

「アルバトロス」WordPressテーマ

 

 

 

②サーバーの移転とSSL化(https化)

実は以前、ほとんど知識が無い時に、たまたまあるメルマガで紹介されていた「さくらサーバー」というサーバーを使っていたのですが、何かやりたいことがあってGoogleなどで検索しても「さくらサーバー」について書かれている情報が少なく情報量の豊富な「Xサーバー」にいつかは移転したいと思ってたんです

 

そんな折に、GoogleがSSL化(サイト内の情報を暗号化してやり取りするので、セキュリティ面で安心)を検索順位で重視するという方針を明らかにしたこともあって、無料でSSL化ができる「Xサーバー」への移転を決断しました。




ただ、僕の知識レベルであれば、移転とSSL化で10日間くらいそれだけに手を取られてしまい、他の事が全くできなくなるので、以前から仲良くさせてもらっている石上貴哉さん(がみたかさん)に全てお願いしました。

 

僕が入っているコミュニティ(BMS)では、「いつも心にがみたかさん」と言われるくらい、みんなから頼りにされている優しい人です。

 

がみたかさんサイト「GAMITAKA.COM」

 

サーバーの移転とSSL化を4日ほどで終わらせてもらえました。(その後のフォローもしてもらってます)

 

 

 

プロフィール画像の撮影

それまではメガネ屋さんで撮ってもらったスナップ写真(普段着)をプロフィール写真に使っていたのですが、思い切ってプロにお願いすることにしました。

 

で、いろいろネットで写真スタジオを調べてみたのですが、どうせ頼むのならいい写真を撮りたいと思い、オーディション用の写真なども取られているStudio-Libさん(心斎橋)で撮影してもらいました。

 

ここを選んだのは、オーディションなどの宣材写真の実績が多く紹介されていたのと、ヘアメイクメイクまでされていたからです。(顔のシミやしわも大丈夫)

 

Studio-Libさんのサイト

 

 

 

サイトのイメージカラーの変更

どうせやるなら徹底的にと思っていた時に、コミュニティ(BMS)で親しくさせてもらっている鈴木美樹さん(パーソナルカラー診断)が新しく「WEBサイトのイメージコンサルティング」を始められると聞き、僕のブログに合うイメージカラーを相談しました。

 

で、「今までどおり青のイメージでいいと思うのですが、もう少し鮮やかな青の方がいい」というアドバイスをいただきサイト全体を明るい青色に変更して、背景色の壁紙も水色に変更しました。

 

鈴木美樹さんサイト「inConcept」

 

 

 

トップ画像の制作

今まで、トップページに画像は使ってなかったのですが、せっかくプロフィール画像も変更したので、ここにも別に撮った画像を使ってみようと思いました。

 

ただ、僕のセンスと画像処理能力では、逆にイメージダウンになりそうなものしかできなかったので、こちらもコミュニティ(BMS)で仲良くさせてもらっている原美穂さん(りりちこさん<WEBデザイナー>)にお願いすることにしました。

 

先程紹介した石上さんもWEBデザイナーなんですけど、今回の僕のイメージが原さんに合うような気がしたので、今回は原さんにお願いしたんですけど、想像以上のものが出来上がってきました。

 

りりちこさんサイト「Riry Design Labo」

 

 

 

出来上がったトップページ

で、いろんな方のお力をお借りして出来上がったのがこのトップページです。

 

<パソコンで見たトップページ>

renewal

※パソコンで見ていただいてる方は、実際にトップページを見てもらう方がわかりやすいです。→トップページ

この1ヶ月後に再度大幅にデザインを変更しています。

 

 

<スマホで見たトップページ>

sumafo-top

 

※どちらでもキレイに表示されるように原さんに何度も修正してもらいました。

この1ヶ月後に再度大幅にデザインを変更しています。

 

 

 

まとめ

今回、僕は自分が目を背けていた部分を見つめ直すことで、問題点を改善しました。

 

僕の場合は知り合いにお金を払って(それぞれ時間を掛けて身に付けられたスキルですから正規の料金をお支払しています。)お願いしましたが、自分で一から勉強して身に付けるという選択肢もあります。

 

「お金」と「時間」のどちらかをかければ、ほとんどの「できない」は解消されます。

 

もう一度、目を背けていることはないか?考えてみて下さいね。

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->