なぜネットで集客しないの?(集客効果の高いサイトにするためのポイント)

仕事柄、経営者個人事業主の方とお話することが多いんですけど、やっぱり僕に相談されるのは営業販売に関することが多いです。

 

でも、よくよく話を聞いてみると、営業や販売というより、その前の集客の段階に問題がある方も多いんです。

 

 

新規開拓は全て営業マンの飛び込みセールスだったり

新聞折り込みチラシのポスティングだけで集客してたりで

 

何でネットで集客しないの?

って思います。

 

 

いろいろ話を聞いてみると、

ホームページはあるけど、そこからの問い合わせは1件もない

という人もいるんですけど、URLを聞いて中身を確認してみると、

 

 

というものだったりします。

 

 

今日は、よくあるダメダメなホームページの例と集客効果のあるサイトにするためのポイントをお話していきます。

 

 

実際にあったダメダメ集客サイト

問い合わせフォームが無いのに来るわけないでしょ

冗談みたいに思われるかもしれませんが、本当にこんなサイトがあったんです。

 

そのサイトはブログ形式だったんですけど、どこを探しても「お問い合わせフォーム」が無かったんです。

 

それどころかメールアドレスさえ書いてない

 

これで問い合わせが来たら奇跡ですよね。

 

 

逆に、どこで個人情報漏れたん?って思うかもしれません。

 

 

必ず、問い合わせフォームは設置しましょう。

 

そして、できるだけ目立つ所に設置して下さい

 

 

 

それって集客用に作ったんですか?

さっきのはあまりにもひどすぎる例ですが、これはやってしまってる企業が多いです。

 

・会社概要

・社員紹介

・商品紹介

・経営理念

 

これじゃリクルーティングページです。

 

 

来てほしいのは見込み客ですよね?

入社希望者じゃないですよね?

 

中には、給与、待遇まで書いてしまってるサイトもあります。

 

「こんなに稼げます」って営業マンの声まで載せてあったら、

「ぼったくられそう」ってお客さんは感じるでしょ。

 

社員募集と集客とを一緒くたにしたらダメなんです。

 

 

デザイン懲り過ぎサイト

会社名で検索したら大体の場合はトップページが表示されるんですけど、先日ある企業のホームページを見ていて、商品紹介のページを見つけることができませんでした

 

今、流行りのフラッシュなどの機能を使った動的サイトだったんですけど。

トップページ全体に大きく画像が表示されて勝手にころころ画像が変わっていくサイトです。

 

デザインが懲り過ぎてて、目的のページがどこにあるのかわからないんです。

 

商品を売りたいターゲットがIT関連企業の人なら、そんなサイトでもいいかもしれませんが、一般の主婦、おじさん、年配者などのIT音痴の人をターゲットにしてるんだったら、まず商品ページにたどりついてもらえません

 

人に「うちのホームページかっこいいやろ」と自慢するためだけに作ったのなら構いませんが、集客のために作ったのであれば、このサイトにいくら使ったかわかりませんが目的は達成されません。

 

 

 

日記ブログサイト

たまにいるんですけど、アットホームな人柄をアピールしようとして、

「今日は慰安旅行で淡路島まで行きました」

みたいな日常生活ばかりを量産されてるサイトです。

 

byヤナギブソン

 

たまにチラっとこういう投稿もあると、人柄があらわれて親近感も感じてもらえるんですけど、初めてサイトを見たお客さんからしたら、「この会社大丈夫?」と不安になるだけです。

 

 

 

集客効果のあるサイトにするためのポイント

集客効果の高いサイトにするためには、まず「どんな人に見てもらいたいか?」が一番重要です。

 

「買いたい」と思ってくれない人をどんなにサイトに集めても、実際の集客には繋がりません

 

「買いたい」と思ってくれそうな人(見込み客)は「どんな人」かを想像して、そんな人が集まるようにサイトを作っていきます

 

 

 

ターゲットに合わせたサイトデザインにする

先程のデザイン懲り過ぎサイトもそうですが、どんな人に見てもらうためのサイトかを考えずにデザインを考えると、折角ページを開いてもらっても実際の集客には結びつきません。

 

例えば、ターゲットは男性か女性かによっても好まれる色が違いますから、ターゲットが居心地のいい色を選ぶ必要があります。

 

また、年配者がターゲットになるのであれば、文字の大きさも大きくした方が見やすいですし、英語やカタカナもできるだけ使わない方が読んでもらいやすくなります。

 

 

 

見込み客はどんなキーワードで検索するのか?を考える

例えば、あなたがリフォーム業の会社を経営されていたとします。

見込み客はどんなキーワードを入力して検索するでしょう?

 

「おいしいパン屋さん」では検索しませんよね、

 

では「リフォーム業者」というキーワードではどうでしょう?

 

 

検索しそうですよね。

 

でも、実際検索してみるとわかるんですけど、かなり広い範囲で検索結果が表示されるんですよね。

 

この中から探すのは大変ですから、「茨木市 リフォーム業者」みたいに地域を絞りこんで検索するんですね。

 

でも、リフォームを考えてる人がすべて「地域名 リフォーム業者」で検索するでしょうか?

 

「リフォーム業者 選び方」

「リフォーム業者 比較」

「リフォーム業者 おすすめ」

「リフォーム業者 価格」

「リフォーム業者 評判」

って調べ方をする人もいるとおもいませんか?

 

 

また、その他にも

「水回り リフォーム」

「リフォーム 時期」

「屋根 雨漏り」

「バリアフリー 工事業者」

というようなキーワードで検索する人もいますよね。

 

 

こういう見込み客が検索しそうなキーワードを考えて、そういう内容の記事を書いてあげると、それぞれのキーワードから検索した人が少しづつ集まってくるようになります

 

 

 

ちなみに僕のこのブログでは、売上が上がらすに悩んでいる営業マンをメインのターゲットにしていますから、「切り返しトーク」「テストクロージング」「断り文句」「警戒心の解き方」などのキーワードで記事を書いています。

 

そういうことの積み重ねでGoogleからのサイトに対する評価もあがり、「個別コーチング 営業」というキーワードで検索結果の1位~4位を独占するまでになりました。

 

 

 

 

お問い合わせまでの動線を作る

サイトにある程度、検索からのアクセスが来るようになっても、れだけではお客さんは「問い合わせ」という行動を取ってくれません

 

記事を読み終えたらすぐに「問い合わせフォーム」に入力してもらえるような流れが必要なんです。

 

例えば、記事の最後に「問い合わせフォーム」に飛べるボタンを設置するような形です。

 

 

ただ、1記事だけの内容では、お客さんの「問い合わせてみよう」という気持ちが不十分だと思う場合は、記事の下に「次の記事」というように別の記事に誘導するリンクを貼って

次の記事も読んでから「問い合わせフォーム」のボタンを押してもらうような流れも必要になってきます。

 

 

 

競合他社に勝てるかの判断基準

ここまでのことがキチンとできていれば、少しづつではありますが、確実にネットからの集客が伸びてくるのですが、より効果を早めるために、検索上位に表示されやすいキーワードから狙っていきます

 

そのためにクライアントさんなどにアドバイスする場合は、いろんな検索キーワードで実際に検索してみて、今現在上位に表示されてるサイトの自力を判断します。

 

 

モバイルフレンドリーに対応しているか?

現在、インターネット利用者のうち、パソコンではなくスマホやモバイル端末からの利用者が急速に増えています。(若年層では、インターネットは使用しているがパソコンは使えないという人も増えているという話です。)

 

こういう流れを受けて、Google社モバイル対応できていないサイトの検索順位を下げる動きアルゴリズムといいます)をとっています。

 

 

これは、SEO(検索エンジン最適化)を学んでいる人にとっては、もう常識のことなんですが、この対応ができてないサイトであれば、サイトのメンテナンスをできる人材や依頼する業者がいないというのが想像できます。

 

ですから、今の時点では上位に表示されていても、近い将来検索圏外に飛ばされる可能性がありますから、十分に勝てる相手になります。

 

 

そのサイトがモバイル対応できているかは、「モバイルフレンドリーテスト」というネット上のツールで調べることができます。

>モバイルフレンドリーテスト

 

ちなみに僕のこのブログは対応していますので、このように表示されます。

 

 

 

常時SSL化ができているか?

先程のモバイル対応と同じようにGoogleの施策として常時SSL化を検索結果のランキングに取り入れると発表しています。

 

常時SSL化というのは、サイト訪問者が入力いた内容を暗号化するシステムです。

 

モバイルフレンドリーに比べるとまだまだ浸透してないのですが、しっかりしたSEOの知識を持った人や業者がサイトを管理している会社などは既に常時SSL化に対応しています

 

 

上の画像のように常時SSL化の対応が済んでいるサイトURLの最初の部分「http://」「https://」というようになっていて、URLの前に「緑色の鍵マーク」が表示されます

 

 

モバイルフレンドリー、常時SSL化の両方ともができていないサイトであれば、ろくにアフターフォローもしない「ほったらかし」の業者が作成したサイトの可能性が高いので、いずれは追い抜けるサイトです。

 

僕は、こういうサイトが上位表示されているようなら、そのキーワードで攻めることをお勧めしています

 

 

 

まとめ

ブログやホームページなんて全然わからない、という方であれば難しそうと思われたかもしれませんが、ちゃんとしたアドバイスのできる人さえいれば、どんな会社でもネットで集客することは可能です

 

僕で良ければいつでもご相談に乗りますよ。

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール