一生そのままでいたいなら、ずっとディスっとけ!

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

僕には珍しくちょっと過激で攻撃的なタイトルで、以前から僕のブログを読んでくれている読者さんはビックリされたかもしれません。

 

でも、実際に腹が立つ出来事があったので、今日は、その思いをそのまま文章にしていきます。
(こんな記事嫌だなと思う人は読まないで下さいね)

 

 

仲間の書いた記事が、はてブで炎上した

実は僕のブログ仲間が書いた記事が、「はてブ」でディスられまくって炎上したんです。

 

「ディスる」とは?

ディスリスペクト (英: disrespect) は、respect 名詞「尊敬、重視」、動詞「敬う、重んじる」に逆を表す接頭辞dis-がついてできた語で[1]、名詞「無礼、軽蔑、軽視」や動詞「無礼なことを言う[する]、蔑む、軽んじる」などの意味を持つ。

disrespectを短縮したdis(あるいはdiss)も名詞「批判 軽蔑、侮辱」、動詞「~を批判(軽蔑、侮辱)する」の意味でインフォーマルな語である。ヒップホップ系の黒人音楽のアーティストやリスナーの間でよく使われる。日本語では、「ディスる」、「ディスられる」という使い方をする。

(Wikipediaより引用)

 

要するに、批判や侮辱といった内容の書き込みをすること「ディスる」って言います。

 

「はてブ」とは?

このブログにもいろいろSNSのシェアボタンを設置していますが、その中の一つに「はてなブックマーク(はてブ)」があります。

 

自分のパソコンにブックマークする代わりに、「この記事面白いな、他の人にも教えてあげたいな」、「この記事面白い、あとでゆっくり読みたいな」と思った時にネット上にブックマークするSNS的なものです。

 

普通「はてブ」は、こういうプラス的な思考で使うのですが、中に批判などのマイナス的な思考で使うバカがいるんです。

 

 

実は被害にあった彼女(記事を書いたのは女性です)は、まだブログを始めたばかりで、この記事が4記事目でした。

 

子供の頃からの信じられないような苦難を乗り越えて、やっと自分の夢に向けてブログを書き始めたばかりです。

 

こんな彼女に対して、避難のコメントは酷いものでした。
(全てのコメントに目を通しました)

 

 

全てのコメントを読んで感じたこと

これまでにも、いろいろなブログの仲間が「炎上した」というのは聞いたことはあるのですが、実際にそのコメント欄を読んだのは今回が初めてだったんです。

 

僕は、気に入らない(共感できない)ブログを見た時は、そのままブログを閉じてしまうので、

わざわざ「はてブ」して、批判のコメントを残す奴の気持ちがわからないのですが、

 

「お前ら他にやることないの?」って思ってしまいます。

 

実際に読んでみると、もっともらしい理屈を書き込んでいる奴もいるんですけど、

ほとんどが、ただ後ろから「そうだそうだ」と言って煽っているだけで、自分なりのコメントも書けないレベルの低いバカばかりでした。

 

 

ディスってる奴ってどんな奴なんだろう?

他の友達にも聞いてみると、どこの炎上騒ぎにも登場する「連続放火魔」みたいな奴がいるんですね。

 

ちょっとしか燃えてないのに、後から火炎瓶追加投入するような奴

 

こいつらって、おそらく会社でも、会社の愚痴や不満ばっかり言って永久平社員の典型的なダメリーマンですよね!

 

ダメリーマン同士が集まって会社や上司の悪口を言ってる

 

どこの会社にでも、よくある光景ですが、こういう奴等って一生出世できないですし、

 

会社辞めて他の会社に行っても、また同じように愚痴や文句ばっかり言ってます。

 

少しでも待遇や環境をよくするために上司や会社と掛け合ったりはせずに、影で文句だけ言ってる

 

会社辞めて、独立するような根性も気概もない。

 

おまえら一生、会社の歯車にしかなれへんわ!

 

人生の主役どころか脇役にもなれへん「万年エキストラ」

アンパンマンで言えば、バイキンマンにもなれない「カビるんルン」以下やわ!

 

 

嫉妬してんじゃね~よ!

また、別の話なんですが、僕と同年代の女性で、所作とか立ち居振る舞いなど、自分の見せ方を教えておられるFacebook友達がいるのですが、

 

ホントに魅力的で、いつまでも若々しく、同年代とは思えないくらい綺麗で可愛い女性がいます。

 

仕事柄、ブランディングの一貫だと思うのですが、

いつもFacebookで素敵な笑顔の写真を投稿されています

 

こんな人にも

「毎日自分の顔ばかり投稿してナルシスト」

というコメントやメッセージがあるようです。

 

元々可愛い女性かもしれませんが、輝く女性を演じ続けるのが、どんなに大変だと思いますか?

 

笑いたくない気分の時もあるでしょう

肌の調子が悪い時もあるでしょう

 

あなたに同じことができますか?

 

 

自分ができない(やろうと努力もしない)ことをしている

彼女に嫉妬してんじゃね~よ!

 

 

まとめ

僕は頑張っている人は応援したくなります。

時には「ここは間違ってると思うよ」というようなアドバイス(余計な)はしますが、

誹謗中傷、批判、侮辱は大嫌いです。

「中国人は〇〇」というようなヘイトスピーチも大嫌いです。

 

そういうマイナス発言は、自分にとって絶対にプラスになりません。

 

仮にそのマイナス発言に共感する仲間ができても、そういう発言に共感する人は、

いずれあなたに対しても批判の目を向けてきます

 

もっとあなたの周りで頑張っている人を応援しましょうよ、そうすれば、周りもあなたを応援してくれるようになりますよ。

 

 

次の記事

>>売れる営業マンになりたかったら売れない営業マンの愚痴に付き合うな!

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->