オリンピック開催中にアポが取りたいなら競技日程くらいチェックしておきなさい!

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・テレアポの仕事をされている方

・オリンピックでアポが取れない営業マン

 

いよいよ今日から平昌オリンピックが始まりますが、今回は開催地がお隣の韓国ということで、時差もほとんど無いですから、なかなかリアルタイムでは見られない人も多いと思います。

 

開会式は明日(2月9日)ですが、競技は今日「カーリング混合ダブルス予選ラウンド」から始まります。

 

大倉
いつもカーリングの予選は開会式前に行われてるような気がするのですが、予選で負けた選手は開会式も出られずに帰国するのでしょうか?(ちょっと可哀想)

 

 

とは言っても、スポーツには全く関心の無い人もいると思うので、「僕は見ないよ」という人もいると思うのですが、

 

 

営業やテレフォンアポインターの仕事をしている人なら、あなたが見る見ないではなく、お客さん(ターゲット)が見るか?見ないか?は考えておかなければダメなんです。

 

 

オリンピックは「非日常」なんです

普段でも、野球やサッカー、相撲などいろんなスポーツがテレビ中継されていますが、こういうものは「日常の一部」ですから、余程の熱狂的なファンでもなければ、電話をしても怒られることはありません。

 

 

でも、オリンピックやサッカーのワールドカップなどは、数年に一度の「非日常」なイベントですから、特に関心が無い人でも「特別なもの」として捉えてますから、「見逃したくない」という気持ちが大きいんです。

 

ですから、あなたの電話が多少興味のある内容だったとしても、タイミングが悪ければ、ほとんど聞いてもらえずに切られてしまうんです。

 

以前、サッカーのワールドカップ予選の時にテレアポをしていて、おそらくサッカーのルールも知らなそうなお婆ちゃんに「今、サッカー見てる」と切られたことがあります。

 

 

 

人気競技の放送日程は必ずチェックしておきなさい

実は昨日、僕が運営している「楽達塾」のメンバーさんのためにZOOMというオンラインツールを使ったイベント(交流会)を企画していたのですが、

 

いつもは土曜日の夜が皆さん参加しやすいので、今回も土曜日にしようと思ったのですが、来週の土曜日(2月17日)の夜は、スキージャンプのラージヒルの決勝があるんです。

 

 

スキージャンプと言えば、日本のメダル獲得が期待できる競技ですから、他の競技よりも注目度は高いです。

 

こんな日にイベントを開催しても、それ以上の関心が持てる内容でないと誰も参加してくれないですよね。

 

 

これって、競技日程さえチェックしていれば誰でも予測できることなんですけど、自分の都合でしか考えない人は、こういうことに気づかないんです。

 

 

って言われると「当たり前やん!」と思う人もいると思うのですが、実はテレアポなどの仕事をしてる人でこういう意識が全く無い人が多いんです。

 

電話をして、相手に断られて初めて気づくんです。

 

 

 

ターゲットが興味がありそうな競技の時間帯は避ける

こういう視点があれば、日本人選手が活躍(メダル獲得)しそうな競技がある時間帯はできるだけ避けた方がいい、というのは誰でも意識できると思うのですが、

 

もう一つ考えて欲しいのが、ターゲットの志向です。

 

 

例えば、女性がターゲットの営業であれば、フィギュアスケートなどの競技は注目度が高いですから、避けた方がいいですし、

 

若い人をターゲットにしているのであれば、スキーのフリースタイル(モーグルなど)やスノーボードの時間帯は避けた方がいいかもしれません。

 

また、地域によっては地元出身の選手が出る競技の時間帯も応援している人が多いですから、避けておいた方がいいでしょう。

 

 

大事なのは、

「それ以外の時間にアポを取る(集中する)」

ということです。

 

「今日はフィギュアがあるから、7時までに絶対取る」

という感じで頑張って下さいね。

 

 

 

【おまけ】オリンピックを利用した営業テクニック

今回は、オリンピック開催中のテレアポの時間について書かせてもらったのですが、他にもオリンピックで使える営業テクニックを一つ紹介しておきます。

 

それは、

「ちょっとした豆知識をお客さんに教えてあげる」

ということです。

 

 

今は、ネットで調べればいろんな情報が見つかりますから、「ウインタースポーツに詳しくない」という人でも大丈夫です。

 

・実はこの選手は元々こんなスポーツをしていた。

・この選手は○○選手の親戚

とか何でもいいです。

 

他の誰かに話したくなるようなプチ情報を教えてあげて下さい。

 

女性社員
へー、●●さん詳しいんですねぇ

 

って言われたりしたら、誰でも気分が良くなりますから、あなたに対する好感度もアップします。

(お客さんとの距離感を縮めるチャンスです。)

 

 

うまく活用して下さいね。

 

>次の記事 「テレアポの悩み全て解決します」

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->