あなたが売れないのは教え方が悪かったからです!

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・一生懸命頑張っているのに売上が伸びない営業マン

・同じような指導を受けているのに、どんどん同僚に引き離されてしまう原因が知りたい人

 

 

「結果が出ないのは教え方が悪いから」

 

そう言ってしまえば、かなり気持ちが楽になりませんか?

 

 

でも、気持ちは楽になりますが、売上は上がるようにはならないですから、給料が増えることも、昇進することもありません。

 

何とかして売上が上がるようになりたいですよね。

 

 

あなたの上司もあなたの売上が上がれば、自分の部署の売上も上がるのですから、真剣に教えてはいるはずです。

(中には、営業マンは使い捨て、売れるものだけで売ればいいという上司もいます)

 

 

同じように教えているのに、どんどん売上が伸びる営業マンもいれば、まったく伸びない営業マンもいるのは何が原因なんでしょう?

 

 

「そんなもん本人のやる気の差しかないやろ!」

バカな上司ならこういうでしょう

 

 

でも、これではお互いに、「教え方が悪いから」「本人のやる気の差」と他人のせいにしているだけです。

 

実は、あなたの売上が上がらない理由は、「本人が原因の場合」と「教える側が原因の場合」両方あるんです。

 

今日は、この相対する2つの側面から、あなたが売れない理由を解説していきます。

 

売れない原因「本人が原因の場合」

「本人が原因」と言われると、やる気行動力みたいに思われるかもしれません。

 

そこが欠落していたら売れなくて当然なのですが、頑張っているのに結果の出ない人って、あなたの周りにもいますよね。

「やる気を行動力も僕以上」そんな営業マンが僕の周りにもいました。

 

やる気も行動力もあるのに、なぜ売れないんでしょう?

 

その原因はセルフイメージにあります。

 

「頑張っても、いつもノルマを達成できない」

 

そういうセルフイメージが一度できてしまうと、不思議なことにその状態が一番安心できる場所になってしまうんです。

 

いつもどおりに売れない状態が居心地が良く感じ、変に売上が上がると居心地が悪く感じるんです。

 

 

これは、マクスウェル・マルツ博士が提唱した「サイコ・サイバネティックス」という理論なんです。

 

 

人はどんなに頑張って結果を変えようとしても、

無意識のうちにいつもどおりの結果に到達するように修正してしまう

という理論です。

 

 

もし、あなたがこんなセルフイメージを持っているようなら、以前に、その対策を記事にしていますので、そちらも読んでみて下さいね。

>モチベーションが維持できない人は○○を変えろ!

 

 

売れない原因「教える側が原因の場合」

昔から会社にあるマニュアルどおりに教えるだけ、こんな教え方は問題外ですが、

 

・ちゃんとした実績もある上司が、丁寧に事細かく教えているのに、結果が出ない。

 

・同じように教えてもらっているのに、同僚はどんどん売上がアップしていくのに対して、あなたの売上は一向に上がる気配すらない。

 

 

これって、教え方が下手なんでしょうか?

 

 

こういう結果の差が出てしまうのは、タイプを理解していないからです。

 

 

マラソンなどの長距離走をイメージしてもらえばわかりやすいのですが、

「ストライド走法」「ピッチ走法」って知ってますか?

 

「ストライド」は1歩の歩幅、「ピッチ」は1歩に掛かる時間で、体格、心肺能力、関節の柔らかさなどの特性により向き不向きがあります。

 

 

また、野球のピッチャーでもアンダースローサイドスローオーバースロー、または速球派技巧派はそれぞれの特性により向き不向きがあります。

 

 

選手の特性を活かした指導ができていれば、オリンピック選手やプロ野球選手というレベルまで伸ばせることができたのに、間違った指導をしたために平凡な選手にしかなれなかったというケースもあると思います。

 

営業の世界でも、営業マン一人一人苦手な分野もあれば得意な分野もあります。

 

その特性を無視して、同じような教え方をしてしまうから結果が出る営業マンと出ない営業マンが生まれてしまうんです。

 

 

それぞれの特性を活かした教え方をしてあげれば、一流の営業マンになれたかもしれません。

 

 

ただ、本人ですら自分の特性を理解していない人がほとんどなので、教える側が一流でないと、なかなかその特性を活かしきれないんです。

 

 

あなたにできることは、まず自分がどういう特性を持っているのかを理解する

そして、その特性を活かした手順(学習法)を考えるということです。

 

また、もしあなたが教える立場でもあるなら、いろんなタイプの特性を持った人がいて、タイプに合った教え方を考える必要があります。

 

 

と言っても、単なる感覚だけでタイプを判断すると、もし間違ったタイプ分けをしてしまったら、まったく結果が出せない状態になってしまいます。

 

 

自分のタイプ(特性)を正確に理解したいと思うなら、この本を読んで下さい。


この本の購入特典として自分の特性を見分けるウェルスダイナミクス簡易テストがあります。

 

そのテスト結果に基づいて、この本を読み進めれば今まであなたが結果を出せなかった理由が明確になり、これからどうすれば結果を出せるようになるかが明確になります。

 

 

ぜひ、読んでみて下さい。

 

 

まとめ

ブログやメルマガでは、全ての人を対象にして情報を発信していますが、コンサルやコーチングをする場合は、

本人が持っているセルフイメージ特性を知る必要があります

 

もし、根深いマイナスのセルフイメージがあるなら、そこを改善するところからコンサルやコーチングを始めます。

 

そして、タイプ別の特性を活かしたその人向けのプログラムを考えます。

 

 

実は、これを本格的にすれば、ほぼ間違いなく全ての方に結果を出させてあげることができるのですが、教えられる人数が大幅に減少します。

 

少人数しか対応できませんが、申し込んでくれた方全員に結果を出してもらえるように指導させてもらいます。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->