餃子の王将で見つけた顧客単価アップの隠された戦略とは?

こんな人にオススメの記事です
・客単価を上げたい店舗経営者

・王将が好きな人

 

皆さんは餃子の王将(京都王将)ってよく行かれますか?

 

僕は京都出身なのでソウルフード的な感覚で、中華料理を食べに行った時は、

王将の味を基準にして美味しいか不味いかを判断してしまう程です。

 

hirakataousho

 

また、京都から大阪の茨木市まで車通勤していた頃は、帰り道に空いてるお店が国道171号線沿いの王将かファミレスくらいしかなくて

週のうち5日は王将で晩飯を食べていました。

 

 

当然、それくらいの頻度で行けば、店員さんから「まいど~」と言われる存在になります。

(オーダーも「いつもの」で通じるレベルです)

 

 

枚方市に引っ越してからは通り道に店舗がないこともあって、月に1回行くか行かないかくらいになってしまったんですけど、今でも王将は大好きです。

 

 

王将と言えば価格がリーズナブルなことで人気の店ですが、そんな価格設定の中にも顧客単価を上げるための戦略が隠されているんです。

 

 

餃子の王将の価格設定

地域によって違うみたいですが、僕の住んでいる大阪だとこんな感じです。

 

(画像は「餃子の王将公式サイト」からお借りしました)

 

餃子 220円 (コーテル)

鶏の唐揚げ 500円 (エンザーキー)

海老の天ぷら 500円 (ザ・シャーレン)

酢豚 500円 (クールーロー)

春巻き 400円 (シュンケン)

牛肉とピーマンの細切り炒め 600円 (チンジャオ)

野菜炒め 410円 (ソーパイサイ)

焼めし 400円 (ソーハン)

天津飯 440円 (テンハン)

焼そば 400円 (ソーメン)

ラーメン 480円 (ヤナギ)

揚げそば 580円 (バリ)

    ・

    ・

    ・

価格は税別で、( )内は王将のオーダー用語です。

餃子1人前なら「イーガーコーテー」で、

餃子2人前お持ち帰りは「コーテーリャンナーホー」になります。

※「ナーホー」はお持ち帰りの意味です。

 

 

やっぱりリーズナブルですよね。

 

では、どこに顧客単価を上げる戦略が隠されているのか?

その答えはセットメニューにあります。

 

 

餃子の王将(枚方店)のセットメニュー

セットメニューは各店舗ごとに違うのですが、どこのお店でもこの戦略は使われています。

 

set2 set1

 

僕の家から一番近い枚方店を例にしてみますと

 

・ラーメンコンビ 740円

あっさりラーメン、焼めし(八分)or天津飯(八分)

 

・スタミナセット 862円

スタミナラーメン、餃子1人前、ライス、キムチ

 

・とろみセット 820円

天津飯(八分)、とろみチャンポン(細麺)

 

・餃子定食 675円

餃子1.5人前、鶏ももの唐揚、ライス(中)、スープ、漬物

 

・からあげセット 680円

焼めし(八分)、唐揚、チューリップ、スープ

 

・おすすめセット 750円

天津飯(八分)、JSM酢豚、JSM棒々鶏、スープ

※JSMはジャストサイズメニュー

 

・スペシャルセット 980円

中華飯(八分)。チューリップ、こってりラーメン(八分)、大学イモ

 

という感じになるのですが、

 

 

餃子の王将と言えばなんといっても「餃子」ですよね!

 

 

商談前の営業マン以外は餃子を食べたくて来てる人が、おそらく80%はいると思います。

 

それなのに、餃子セットとスタミナセット以外に餃子は付いてないんです。

(付いてるお店でも半人前が多いです)

 

 

お店の狙いは、セットメニューに

追加で餃子(220円)を注文させたいんです。

 

そのために敢えてセットメニューから餃子を外しているんです。

 

 

普通にお客さんの気持ちを考えれば、焼めし+餃子のセットは当然ありですよね!

 

それに、酢豚か鶏の唐揚げをプラスした3点セットなんか鉄板中の鉄板メニューですよね!

 

 

でも、敢えてそういうセットは作ってないんです。

 

 

餃子の王将のもう1つの戦略「JSM」

おすすめセットの注釈でも説明しましたが、JSMとはジャストサイズメニューの略です。

 

通常の一品で頼む量の半分くらいで作られたメニューです。

 

 

「酢豚も食べたいけど1人前はちょっと多いな」

というお客さんの「少しだけ」のニーズを満たす商品ですね。

 

ちなみにジャストサイズメニューの価格設定はこんな感じです。

 

餃子 120円(220円)

炒飯 248円(400円)

天津飯 267円(440円)

揚げそば 334円(580円)

鶏の唐揚 300円(500円)

野菜炒め 267円(410円)

ラーメン 350円(480円)

酢豚 300円(500円)

海老の天ぷら 300円(500円)

春巻 140円(400円)

    ・

    ・

    ・

※( )内は通常メニューの価格です。

 

 

お客さんの「少しだけ」を狙った顧客単価アップの戦略です。

 

 

 

まとめ

餃子の王将では、セットメニューを敢えて、「欲しいものが全て揃わない」状態にして、お客さんの「物足りなさ」を引き出し

 

その上でジャストサイズメニューや餃子単品を追加注文させる

という非常に考えられた顧客単価アップのための戦略が使われていました。

 

 

あなたのビジネスでも応用できる戦略ですよね!

 

次の記事

>無料サービスで収益を上げる8つの方法

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール