新卒で営業に不安を感じているあなた「新卒の方が売れるようになるんですよ」

こんな人にオススメの記事です
・新卒で4月から営業の仕事をする人

・営業未経験で営業という仕事に不安を感じている人

 

この春、大学や専門学校などを卒業されて、4月から社会人デビューされる方も多いと思います。

 

社会人になることに夢や希望で胸を膨らませている人も多いと思うのですが、逆に「不安」を感じている人も多いんじゃないでしょうか?

 

 

特に、営業職での配属が決まっている人であれば、「営業なんてやったことない」「こんなに口下手でも売れるんだろうか?」というような不安を持っている方も多いと思い、ちょっとGoogleで「新卒 営業」というキーワードで検索してみました。

 

 

 

「辛い」「辞めたい」「不安」「できない」「向いてない」

 

予想はしていましたが、やっぱり「初めての営業」ってこんな感じなんですね。

 

 

では、実際どうかと言うと、僕はこれまで10社以上の会社で新卒営業マンを見てきましたが、中には最初から売上を上げてノルマを達成できる人もいるんですけど、ほとんどの人はなかなか売れずにどんどん営業に苦手意識を持つようになっていきます

 

こんな状態でも、「人を育てる」という意識が定着している会社であれば、ゆっくり暖かく見守ってはくれるのですが、バリバリの「実績重視」という営業会社などであれば、売れるようになるまでは「針のむしろ」に座らされているような状態になり、1年も持たずに辞めていく人も多いです。

 

 

ただ、今まで僕のコーチングの生徒さんに限って言えば、新卒の方はほぼ全員最初からノルマを達成されて、順調に売上を伸ばし、「営業って面白い」と感じてもらえています

 

 

実は、

新卒の方が教えやすいんです。

 

 

今日は、「初めての営業」に対して不安を感じている新卒の方のために、「新卒の方が売れる理由」をお話します。

 

 

 

新卒の方が売れる理由1 「お客さんの立場になりやすい」

営業の世界では、「売りたければ、お客さんの立場になって考えなさい」とよく言われるのですが、営業経験が長い人ほど「お客さんの立場になれない」んです。

 

いざ、考えようとしても、売る側の気持ちが染み込んでしまっているので、自分の都合がいいようにお客さんの考え方を想像してしまうんです。

 

 

でも、新卒で初めて営業の仕事をされる方であれば、今まで売る側の立場に立ったことがないのですから、買う側の気持ちの方が理解しやすいんです。

 

僕のコーチングでは、まず最初に「この商品はどんな人が買いたいと思うか?」というようなことを書き出してもらったりしています。

 

 

 

新卒の方が売れる理由2 「間違った常識を刷り込まれていない」

特に「実績重視」系の営業会社に多いのですが、会社側の都合がいいように社員を洗脳しようとする傾向があります。

 

例えば、「断られてからが本当の営業、1度断られたくらいで諦めるな。」みたいなことですが、お客さんの立場になって考えれば迷惑な話ですよね。

 

こういうことも新人のうちは「何か変?」と感じることができるのですが、長年そういう洗脳を受け続けていると、だんだん感覚が麻痺していって、「普通の人ならどう感じるか?」がわからなくなってしまうんです。

 

新人の時に「何か変?」と感じるのは、一般の人の感覚ですから間違っていません。

その感覚があるうちに教えた方が「顧客心理」は理解しやすいんです。

 

 

 

新卒の方が売れる理由3 マイナスのセルフイメージが出来上がっていない

マクスウェル・マルツ博士が提唱した「サイコ・サイバネティックス」という理論なのですが、

 

人は一度セルフイメージが固まってしまうと、その状態が一番落ち着く(居心地がいい)ので、無意識の内にその方向に軌道修正してしまうんです。

 

つまり、口では「売れるようになりたい」「ノルマを達成したい」と言っていても、長年売れない状態が続いていると、それがマイナスのセルフイメージとして定着しまい、無意識のうちに売れないような行動をしてしまうということなんです。

 

 

新卒の人であれば、まだプラスマイナスどちらのセルフイメージも出来ていませんから、最初に「売れる」「ノルマ達成」というプラスのセルフイメージさえ作ることができれば、「ノルマ達成が当たり前」という状態になります

 

僕のコーチングの生徒さんでも、「ノルマ未達」の状態が長かった人は、セルフイメージを書き換えるのに時間が掛かりますが、新卒の人の場合は1ヶ月目に結果が出せれば、3ヶ月連続、6ヶ月連続という形で「当たり前」の感覚になってもらってます。

 

 

 

新卒で営業される方に気をつけて欲しいこと

売れてない同士で固まるな

これって、どこの営業会社でも見かける光景なんですが、休憩時間や就業後に売れてない者が固まって、会社や仕事に対する愚痴やボヤキをこぼし合っているんです。

 

そこにいる人達は「ストレス発散」と思ってるかもしれませんが、ほとんどの場合ストレスを増幅させています。

 

マイナス同士が固まってもプラスになることはありません。

 

そういう人達は「反面教師」くらいにしておいて、できるだけ売れてる人と話すようにして下さい。(プラスのパワーやアイデアがもらえます。)

 

 

一番質が悪いのが「売れてない上司」です。

無視するわけにもいきませんが、うまく距離を置くようにして下さいね。

 

 

 

今の感覚を残しておいて下さい

始めの方にも書きましたが、今はまだ「買う側」に近い立場で考えることができます

 

今のうちに、お客さんの立場になっていろいろ考えてみて下さい。

 

そして、思ったことをノートでもパソコンでも何でもいいので、記録していって下さい。

 

何年か後に見返してみるとスランプ脱出のキッカケを見つけられたりもしますので、あなたの財産として残しておいて下さいね

 

 

 

まとめ

僕自身、今まで10回以上の転職(全て異業種)をしてきましたから、新卒ではないですが、「新人」という立場をそれだけ経験してきました。

 

どの業界でも1ヶ月目から結果も出してきたのですが、やっぱり大事なのは「お客さんの立場になって考える」ということです。

 

間違いなく「新人」の方がお客さんの気持ちになりやすいです。

 

 

あと、前からいる「先輩社員との差」ですが、「知識」「経験」と考える人が多いと思います。

 

ただ、これだけ新人を経験してきたから言えるのですが、

1ヶ月も真剣に勉強すれば、ほとんどの先輩に「知識」では追いつくことができます

 

 

また、ほとんどの先輩は「経験」を活かせてません

 

「こんなこともあったなぁ」という思い出くらいにしかなっていません。

 

 

最初のスタートさえ間違えなければ、営業ほど楽しい仕事はありません

・直接お客さんの声が聞ける。

・他の職種に比べて時間が自由。

・やり遂げた達成感が目に見えてわかる。

 

もし、今回の記事を読んで、まだ不安を感じるようであれば、ぜひ僕のコーチングを受けてみて下さい。

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール