資料送付後の電話に出てもらえないケースの対処法

資料送付後の電話に出てもらえない時の対処法

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

以前からコーチング生の方からもよくある相談なんですが、

 

 

営業マン
とりあえず、まず資料を送って下さいということで資料を送り、到着する頃に電話するようにしたんですが、電話に出てもらえません。

どうしたらいいですか?

 

 

というケースがよくあります。

 

 

おそらく、この記事を読んでくれているあなたも一度は経験されたことがあるんじゃないでしょうか?

 

 

まあ、1回の電話で諦める人は少ないと思うのですが、二度、三度と電話してみても繋がらない。

 

あなたなら、こんな時どうしますか?

 

 

今回は、こういう資料送付後に電話をするケースの対処法について解説していきます。

 

 

 

回数を重ねる毎にどんどん電話が架けづらくなる

1回目に電話に出てもらえなかったら、

「ひょっとしたら、忙しい時間に架けてしまっていて出られなかったのかな?」

 

と考える人がほとんどだと思います。

 

ですから、ほとんどの人はまた後日、時間帯を変えて電話されてるんじゃないでしょうか?

毎回、同じ時間帯に架ける人はお客さんへの配慮に欠けます。

 

 

で、2回目、3回目と違う時間帯に架けてみても、全然電話に出てくれない

 

こういう状態が続くと、

「ひょっとしたら、嫌がられてる(迷惑)のかな?」

と考えて、どんどん電話がしづらく感じるんじゃないでしょうか?

 

 

実は、こうならないための対処法があるんです。

 

 

 

【対処法1】次回の電話の都合をあらかじめ確認する

1回目の電話で、資料を送付することになった。

この時に、

 

 

営業マン
それでは、本日中に発送しますので、そちらの地域でしたら明後日には到着すると思います。

で、ゆっくり目を通していただけた明々後日くらいにまたお電話させていただこうと思うのですが、お電話は何時頃でしたらご迷惑にならないですか?

 

 

という具合に相手の都合を確認するんです。

 

 

 

実は「とりあえず資料を送って欲しい」というお客さんには2通りのタイプがいます

 

1つ目のタイプは、本当に「資料を見た上で話を聞きたい」と思っている人

 

2つ目のタイプは、「その場(電話)から逃れるための断り文句」として資料送付という言葉を使う人です。

 

 

次回の電話の都合を相手に確認することで、どちらのタイプかを見極めることができるので、相手の本気度がわかるんです。

断り文句として「とりあえず資料」と言ってくるタイプは、都合を聞いても答えようとしません。

 

 

 

素早い対応で相手に感動を与えよう

次回の電話の都合くらいなら誰でも聞けるはずなんですが、実はこれを教えても実行しない人がいます。

 

それは、自分の仕事に期限を決めるのが嫌で時間に縛られたくない人で、

「手が空いた時に資料を送ろう」

「手が空いた時に電話しよう」

と考えてしまうタイプです。

 

 

でも、こういうタイプの人はいつまで経っても、「資料送付後の電話に出てもらえない」というのを克服できないんです。

 

 

「また資料送っておいてもらえますか?」とお客さんから要望をいただいたのですが、本気で資料を見たいと思ってくれている人(Aランクの見込み客)は、「いつ頃届くかなぁ?」と届くのを心待ちにしてくれています。

 

そんな見込み度の高い客に週末手の空いた時に一気に資料送付なんて勿体な過ぎます

 

 

あなたが待つ立場ならどうでしょう?

 

翌日に早速届いたらうれしいですよね。

感動しますよね。

 

 

資料送付はスピード勝負です。

 

僕が現役の時は、「これっ」と思った見込み客には速達で送ってましたし、行ける範囲の所ならその日のうちに自分でポスティングしに行ってました。

できる営業マンはすぐに資料が送れるように前もって封筒に切手を貼って、あとは宛名を書くだけという状態までセッティングしてます。

 

 

 

【対処法2】相手に電話に出てもらえるような仕掛けを用意する

もう一つやっておいて欲しいのが、「電話に出よう」と思ってもらうための興味付けです。

 

例えば、不動産業の方であれば、

「次回お電話する時までにオススメの物件リストアップしておきますね。」

みたいな一言です。

 

電話に出ることで「自分が一番欲しい情報を教えてもらえる」と感じてもらえば、多少忙しくしていても電話に出てもらえますよね。

 

 

こういう仕掛けも無しに、ただ資料を送って自分のタイミングで電話しても、電話に出ようとは思ってもらえないんです。

 

 

 

まとめ

今回「資料送付後の電話に出てもらえない」というケースの対処法をお話させてもらったんですが、これは資料送付無しで2回目の電話を架ける時にも使える対処法です。

 

ほんのちょっとの工夫でお客さんの反応はガラッと変わりますので、頑張っていろんなケースに対応して下さいね。

 

 

また、うまく対処法が考えられないという方には、個別でアドバイスもさせてもらっていますので、ぜひご利用下さい。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->