紹介をもらうために一番重要なポイント(だから、あなたは紹介がもらえない)

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・全然紹介がもらえない営業マン

・もっとお客さんからの紹介を増やしたい営業マン

 

先日、メルマガ読者さんから「お客さんから紹介をもらうためのコツ」について記事を書いて欲しいというリクエストを頂きました。

 

 

確かに、紹介をもらえれば営業がグッと楽になりますから、皆さん興味があると思うのですが、実はあるポイントを押さえるだけで、確実に紹介件数を増やすことができるんです。

 

それほど難しいことではないので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

 

 

 

紹介をもらうための基本

以前、「紹介って気軽にできるもんじゃないです『紹介の価値』」という記事でも書かせてもらったんですが、

 

紹介をするか?しないか?は、「自分の信用」と天秤に掛けてます。

 

 

どんなに営業マンに頼まれようが、親戚であろうが、紹介することで「自分の信用」を無くすようなものは、絶対に紹介してくれません

 

「これなら(この人)なら大丈夫」

「紹介した相手にも喜んでもらえる」

 

と思ってもらえて初めて、人は「紹介してあげようかな?」と考えてくれます。

 

 

ですから、紹介をもらうには、

「まず、その人に満足してもらう」

というのが絶対条件になります。

 

 

紹介がもらえない営業マンがやっている致命的なミス

どんなにお客さんに気に入ってもらったとしても、こちらから「紹介して欲しい」という気持ちを伝えなければ、余程タイミングよくそういう相手が出てこない限り、紹介はもらえません。

たまたま、友達から「どこか良い業者無い?」って聞かれた時くらいです。

 

ですから、紹介がもらいたいという意識を少しでも持っている営業マンなら、

「また、良かったら紹介して下さいね」という声がけくらいはしていると思います。

 

でも、これでは紹介はもらえないんです。

 

 

「また、良かったら紹介して下さいね」と気持ちは伝えてはいるんですけど、相手の気持ちにはそれほど残っていないので、何も言わない場合と同じで、たまたまニーズのある友達から相談があった時くらいしか思い出してもらえません。

 

 

 

紹介をもらうために一番重要なポイント

では、どうすればお客さんに紹介してもらえるでしょう?

 

その場で、「誰がいるかな?」と考えてもらうんです。

 

ただ、「誰かご紹介頂けませんか?」と聞いても、

「また考えとくわ」で終わってしまいます。

 

 

ポイントは、もっと具体的に紹介できる人をイメージできるようにヒントを出してあげるんです。

 

 

例えば、住宅リフォーム関連の営業でしたら、

「こういうことでいつもお話される方とかおられますか?」

「同じくらいの年数のお住いをお持ちの方はおられますか?」

という感じで、その場で「誰がいるかな?」を具体的に考えてもらいます。

 

 

こうすることで、「あいつはどうかな?」という人をイメージしてもらえれば、

「1回電話しといてあげるから行っといで」その場で紹介をもらえることも多いです。

 

また、「こういう人を紹介すればいいんだな」と一度イメージさせることで、頭の片隅に意識してもらうことができますから、その時では紹介をもらえなくても、思い出した時に紹介がもらえるようになります

 

 

 

まとめ

紹介を増やすポイントは、その場で具体的な人物像を考えてもらうことで、相手に意識付けするということです。

 

紹介する相手を考えやすいようなヒントを与えることで、より、その確率は上がります。

 

ぜひ、やってみて下さいね。

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->