「相談下手」で損してないですか?(「相談上手」になる方法)

こんな人にオススメの記事です
・人に相談しても期待していたようなアドバイスがもらえない人

・人からあまり相談されない人

・お客さんから本音を引き出せない営業マン

 

先日、コーチング生の方から

 

生徒さん
こういうお客さんなんですけど、この後どういう風に対処したらいいですか?

 

という相談をもらい、アドバイスをさせてもらったんですが、

 

当初生徒さんが考えていた「お客さんの予算の上限」よりも50万円上乗せした金額で契約をもらってもらうことができました。

 

 

今回、この生徒さんには4つほどアドバイスさせていただいたのですが、ほとんど僕が考えた筋書き通りに商談が進み、4つのアドバイス全てが効果を発揮して、最高の結果を手にしてもらうことができました

 

 

 

的確なアドバイスができた理由

僕のコーチングは「個別コーチングのご案内」にも書かせてもらっているのですが、基本的には全てメールのやり取りだけで行います。

コーチングを進めていく中で、「話し方に問題があるんじゃないか?」と感じた場合は、ZOOMやSkypeなどを使ってお話することもあります。

 

この生徒さんの場合も、コーチングを始めて2週間くらいなのですが、5回(往復)ほどメールをやり取りしただけです。

 

 

「メールだけで、なぜそこまで的確なアドバイスができるの?」

 

と思う方も多いと思うのですが、

そこにはお互いの「伝えたい」という気持ちがあるからなんです。

 

 

この生徒さんからいただいたメールには、

・1回目の来店からの話の流れ
(3度来店されているお客さんでした。)

・生徒さんなりのお客さんの分析

 

などがキチンと書かれていました。

 

 

 

相談上手と相談下手

僕はコーチングだけでなく、プライベートでもいろんな方から相談されることが多いのですが、「相談上手な人」「相談下手な人」がいます。

一番困るのは、ダラダラといろいろ話しが飛んで、「結局、何が聞きたいの?」と思うような人なのですが、その次に困るのが、「要点だけを簡潔に伝えよう」とする人なんです。

 

 

こういう人で多いのが、「端折り過ぎる人」です。

 

簡潔にしようとして、僕が知りたいことまで、端折ってしまってるんです。

 

全く同じ状態でも、「その前に何があったか?」でお客さんの気持ちは全然違うんです。

 

 

そこに行き着くまでの流れが分かれば、お客さんの気持ちの流れが想像できますから、「このお客さんはこういう性格の人なんだな」とか、「こういう考え方をする人なんだな」という所まで考えることができます。

 

 

相談上手な人は「相手が答えやすいように」という気持ちのある人です。

 

「こんなことも伝えておいた方がアドバイスしやすいかな?」

という所まで意識することができれば、相手も的確な答えが導きやすくなります。

 

 

 

「相談する側」と「相談される側」との信頼関係

でも、もしあなたに相談してくる人が「相談下手」ばかりなら、あなたの方に問題がある可能性が高いです。

 

 

あなたの回りにもいると思うのですが、

必死でしゃべっても、適当な(ありきたりの)返事しかくれない人っていますよね。

 

こういう人に、「しっかり伝えよう」とは思わないですよね。

 

 

でも、今回相談してくれた生徒さんは、おそらく僕に対して、

「しっかり伝えれば、しっかりしたアドバイスがもらえる」

という信頼を持ってくれていると思います。

 

ですから、最後の商談の内容だけではなく、1回目の商談にまで遡って「僕に伝えよう」としてくれたんだと思います。

 

 

相談はお互いの「しっかり伝えたい」「しっかり聞いて、しっかり答えたい」という気持ちが大事なんです。

 

相談する時も、相談される時もこの気持ちを忘れないで下さいね。

 

 

まとめ

今回は、相談の上手、下手についてお話しましたが、

これは、あなたが営業でお客さんと接している時でも同じです。

 

「しっかり伝えれば、親身になって答えてくれる」

とお客さんに感じてもらえれば、

お客さんはいくらでも本音をさらけ出して質問に答えてくれます

 

お客さんの本音が引き出せない人は、この辺を振り返ってみて下さいね。

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール