お客さんの立場になって考えられない人の訓練法

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・お客さんの立場や気持ちになって考えられない人

 

どうやったら売れるか?を考える上で一番大事なことは、「お客さんの立場(気持ち)になって考える」というのが基本中の基本なんですけど、

 

僕のコーチングを受けている生徒さんの中でも「なかなかお客さんの立場になって考えられない」っていう人も結構います。

 

今日は、そんな人でも「お客さんの立場になって考えられる」ようになる訓練法をご紹介します。

 

 

他の営業や接客を受けてみよう

「お客さんの立場になって考えられない」っていうのは、立場を置き換えて考えられないってことです。

 

それなら、自分が本当にお客さんになっている時に、どう考えるのか? どう感じるのか?を実体験の中から考えていくしかありません。

 

つまり、自分自身が

・いろんな営業マンから営業を受けてみる

・いろんなお店で接客を受けてみる

・いろんな電話勧誘を受けてみる

・いろんなセールスメールを読んでみる

 

その上で、

買いたいと思った or 買いたくないと思った

話を聞きたいと思ったor 聞きたくないと思った

 

なぜ、そう思ったかを考えるようにして下さい。

 

 

ただ、ここで気をつけて欲しいのは、全ての人があなたと同じ感覚ではないということです。

 

つまり、あなただからそう感じただけで、違う感じ方をする人の方が多いかもしれません。

 

例えば、あなたは二度と来たくないと思ったのに、ものすごく繁盛している店だったなら、何か理由があるはずです。

 

 

あなたが男性なら、女性には喜ばれる接客だったのかもしれません。

他の年齢層の人なら喜ぶ内容だったのかもしれません。

 

 

こういうことを普段から考えておけば、あなたが売りたい人(性別、年齢層、職業など)に合わせた接客ができるようになります

 

 

 

日常生活でもいろんなヒントは転がっています

人は生きている限り、いろんな選択をしています。

 

朝であれば、起きる起きない、歯を磨く磨かない、朝食を食べる食べない、会社に行く行かない、という選択から始まります。

 

こういう選択の中で、人との関わりがあるものに対して、なぜそちらを選んだのかを考えてみて下さい

 

例えば

・食事に誘われた(なぜ同意したのか?なぜ断ったのか?)

他の相手なら選択は違っていたか?

他のメニューならどうだったか?

誘われ方が違っていたらOKしていたか?

 

・一度会ってみたいと言われた(なぜOKしたか?なぜ断ったのか?)

他の予定が入っていた(優先順位を変えられなかった理由は、相手?話の内容?

 

 

こういう考え方ができるようになれば、相手の気持ち(立場)になって考えることもできるようになりますし、どういうアプローチをすればOKがもらいやすいかがわかるようになってきます

 

 

まとめ

なぜ、そちらを選んだのか?

なぜそう思ったのか?

何が違えば変わっていたか?

を考える習慣を身に付けて下さいね。

 

会社の上司から「もっとお客さんの気持ちになって考えろ」って言われても、それがうまくできないという営業マンもいます。

 

そういう人には、どうすればお客さんの気持ちになれるか?というところから教えてあげないと理解できないんです。

 

また、そこを理解できるようになっただけで、急激に成長する人もいます。

 

どんな部下にでも同じ指導をして結果が出せるのは、ごく一部の営業マンだけです。

全ての営業マンの隠れた才能を引き出すには、一人一人に合わせた指導をしていくしかありません

 

あなたの上司は、それができる人ですか?

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->