ターゲット分析「高級ブランドを子供に着させる母親の心理」

こんな人にオススメの記事です
・商品を売るターゲットが絞り込めない人

・うまくニーズが与えられない営業マン

 

先日、僕が入っているコミュニティ(BMS)のメンバーの1人よこちゃんが立ち上げたある企画を見て、

「女の怖さを知ることになるかも(^_^;)」

って思ったんです。

 

実は、このよこちゃん(孤高の婚活戦士)

アラフォーの男性なんですけど、

「女子会」を企画したんです。

 

 

「ハーレム状態」を想像したあなた!

 

女性の本当の怖さを知りませんね ((((;゚Д゚))))ガクブル

 

 

女性って、女性ばっかりの場所では豹変するんですよ!

 

 

【体験談】バーゲン会場での恐怖体験

実は、僕は以前子供服メーカーで営業をしていたんですけど、その時に女性の本当の怖さを知りました。

 

その凄まじさは体験したものにしかわかりません。

 

もし、女性の素晴らしさをまだ知らない「ドーテー君」が、この状況を知ってしまったら、

一生「女性恐怖症」になってしまうんじゃない?

というレベルです。

 

 

その日は、超人気子供服ブランド「BeBe」のクローズドバーゲンでした。

 

※クローズドバーゲン 招待券が無いと入れないバーゲンです。

 

 

開場と同時にものすごい勢いで迫ってきます。

 

誰もが絶対に目的を達成するんだ!

という殺気さえも感じる形相です。

 

服が破れるんじゃないかと思うくらい、

一度掴んだ服は絶対に手離しません

 

かなりワゴンが荒れてきたので整理しようとしても

とても女性とは思えない程の力で突き飛ばされてしまいます

 

 

奥さんに言われて無理矢理付き添いで来ていたご主人らしき人は、

その中に入ることも出来ずに、外から見てるだけです。

 

 

それほどの修羅場なんです。

 

家に帰ってから気づいたのですが、体のあちこちに「青あざ」ができていました。

 

 

おそらく「女子会」もこれに近いものがあると思います。
(よこちゃんが女性恐怖症にならないことを祈ります)

 

 

で、これで話が終わっては全然営業の参考にもならないので、ちょっと「高級ブランドを子供に着させる母親の心理」を考えてみました。

 

女性相手の営業をされる人ならターゲット分析に参考になると思います。

 

 

 

高級ブランドを子供に着させる母親の心理

あなたの周りにも子供に高級ブランドの服を着させてるお母さんいますよね!

 

「子供にオシャレをさせてやりたい」

って気持ちだと思っていないですか?

 

 

一般の人ならそれくらいに考えていてもいいのですが、

人に物を売る立場の営業マンは、

もっと深く考えないとダメなんです

 

 

 

実は、これって「子供のため」のように見えるんですけど、

本当は「自分のため」なんです

 

 

子供も自分を良く見せるためのアイテムの一つなんです。

 

その「子供」というアイテムを綺麗に見せるためのパーツ「高級子供服ブランド」なんです。

 

 

一緒に連れて歩く機会が多い「自分の子供」ですから、

みっともない格好をさせていれば、

自分への評価が下がります

 

子供までオシャレにすることでトータルコーディネートが完成するわけです。

 

 

 

「何で子供の服にまで、そんなにお金かけるの?」

と思っていた人は、この分析で

 

「なるほど、そういうことか!」

と納得されたんじゃないでしょうか?

 

 

 

ここまでの分析ができるようになると、ターゲットの攻略法も見えてくるようになります。

 

もう1歩踏み込んで、お客さんの心理を考えてみて下さいね。

 

ターゲティングに興味のある方は、こちらの記事も読んでみて下さい。

>>「営業本や営業セミナーで効果が出なかった人がすぐに成果を出せた理由」

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール