チラシで見込み客のハートを鷲掴みにできるたった1つのポイント

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・チラシを入れているが、思ったような効果が出てない経営者の方

・どんなチラシが効果的なのかを知りたい方

 

あなたの家にも毎日、大量のチラシがポスティングされていると思うのですが、ほとんどそのままゴミ箱に直行で、内容なんて覚えてないですよね。

 

また新聞を取っている人なら、毎朝、ひょっとして新聞より分厚いんじゃない?と思うくらいのチラシが入っていますが、いつも行くスーパーの目玉商品をチェックするくらいですよね。

 

そう、いろんな企業やお店が頭を振り絞って、多額の広告費(チラシ代、折込料)を使っているにも関わらず、ほとんどのチラシが見込み客の記憶の片隅にも残らないんです。

 

僕自身も初めて起業した時に、無料で各住居に配布されている地方紙に1万枚のチラシを折込して、反応がゼロだった経験があります(汗)

 

今日は、大量のチラシの中からでも、あなたのチラシを捨てさせない(ゴミ箱直行)見込み客の記憶にしっかり刻み込む方法をお教えします。

 

 

ヒントはコンビニの18禁雑誌コーナーにあります

あなたも週に何度かコンビニに行かれると思うのですが、コンビニの窓側に雑誌コーナーがありますよね!

これは防犯のために窓際に設置されています。
深夜でも立ち読み客(客じゃないかも?)がいると、強盗などが入りにくいため。

 

その一番奥に18禁コーナーがあります。
(テープが貼ってあるので立ち読みできない)

 

ここに並んでいる雑誌って、一般の方からすれば聞いたことがない出版社ばかりです。
(内容的にもテレビCMは無理でしょう)

 

この18禁雑誌の表紙って見たことありますか?

 

大手出版社のように売れっ子グラビアアイドルなんて使っていません

 

こいつ誰?っていう女の子(オバチャン)が表紙を飾っています。

 

こんなオバチャンが表紙で売れるの?と思うのですが、少年ジャンプにようにバカ売れすることはないですが、出せば一定の数売れるので、

この聞いたことがない出版社が存続していて、大手コンビニチェーンも売上に貢献してくれるからわざわざコーナーまで設置して販売してるんです。

 

では、なぜ売れるのか?

 

 

答えは「ターゲティング」です

表紙に使われているキャッチコピーに注目してみると

 

OL(オフィスレディ)

JK(女子高生)

五十路妻(50代の奥さん)

人妻

素人

制服

覗き

巨乳

 

「これなら売れそう」というのもありますが、

「えっ?誰がこんなん買うの?」というのもあります。

 

これって、見る人によっては、「全然興味ない」になるのですが、

 

ある一部の人にとっては

ハートを鷲掴みにされてしまうキーワードなんです。

 

人の好み(性癖)って千差万別です。

実際に僕の友達の中にも

・胸は限りなく「お皿に干しぶどう」に近い方がいい!(巨乳は嫌い)

・白いコートと編みタイツがあれば顔はどうでもいい

っていうのがいました。

 

こういう人からすると、大手出版社から出てるような、可愛い女の子ばかりの本は興味ないんです!

 

彼らが探しているのは、

「僕のために作られたような本」

なんです。

 

 

見込み客に捨てられないチラシとは?

話をチラシの方に戻しますが、大量のチラシの中からでも、あなたのチラシを捨てずに、読んでしまうチラシとは

 

私のためのチラシ(私に向けられたメッセージ)

なんです。

 

 

でも、実際ほとんどの企業がチラシを作る時、限られた広告スペースの中で、より多くの人に読んでもらいたいと考えてしまい、

万人受けするチラシを作ってしまいます。

 

大量のチラシに埋もれてしまわないように、色や大きさ、デザインなどばかり気にしてしまいます。

 

一方、見る側の心理としては、ポストに大量のチラシが入っていた時に、自分にとってお得な情報は逃したくないと思っているので、どんなチラシでも1秒くらいはサッと目を通します。

 

凝ったデザインなら確かに、1秒が3秒~5秒になるかもしれません。

 

でも、「私に関係ないわ」と思った瞬間にゴミ箱行きになってしまいます。

 

でもそこに、

「これって私のこと?」

一瞬でも思わせる要素があれば、あなたのチラシは読んでもらえるんです。

 

 

反応ありそうなチラシの実例

先日、うちのポストに入っていたチラシの中に、

「これは反応ありそうやん!」

と思ったチラシがあったので紹介しておきます。

 

 

「50才、60才の方が多い美容室」

たったこれだけのことなんですけど、

 

50代、60代の女性なら、「これって私のこと?」って思ってしまうんです。

 

 

気づいた方もあると思うのですが、これを見た20代~40代の女性はどう思うでしょう?

 

なんかババ臭い髪型にされそう(汗)

と思いませんか?

 

それでいいんです!

このチラシでは、20代~40代は捨てています

 

でも、何もターゲットの絞り込みをしていないチラシより

確実に50代、60代の反応が取れるんです。

 

 

まとめ

ターゲットの絞り込みをせずに万人受けする内容にしてしまうと、誰の心にも響かないチラシになってしまいます。

 

広告費の心配をする必要がないような大企業なら、こういうチラシでも何度も入れることで、「ザイオンス効果」(単純接触効果)で認知させていくこともできますが、

少ない限られた広告費で効果を上げるには、ターゲットを絞り込まなくてはなりません。

 

「〇〇町の皆様へ」という地域の絞り込みくらいでは、ターゲティングとしては弱いです。

 

「毎日、遅くまでお仕事ご苦労様です」

なんて書かれていたら読んでしまいませんか?

 

強烈なターゲティングを効かせたキャッチコピーを考えれば、

今までのチラシの反応率は何やったん?

と思うくらい反応率が上がりますよ。

 

ぜひ知恵を絞って考えてみて下さい。

 

次の記事

>>既存のビジネスモデルをターゲティングという視点で見てみた

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->