そのタイミングで電話してアポや契約が本気で取れると思ってますか?

そのタイミングで電話してアポや契約が本気で取れると思ってますか?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・電話営業の仕事をされてる方

・テレアポの仕事をされてる方

・その管理職の方

 

 

先日の10月13日(日)、僕の住んでる守口市でもラグビーワールドカップ 日本VSスコットランドパブリックビューイングが行われ、僕も高校時代からのラグビーファンなので行ってきました。

 

19:45キックオフで最高に盛り上がっている20時過ぎの時間帯に僕の携帯に1件の着信がありました

 

電話番号を見ると知らない電話番号で、しかも0800から始まるIP電話からだったんで、「また営業電話だろうな」と思って電話には出ませんでした。

 

家に帰ってから、パソコンでその電話番号を調べると「不動産投資会社の営業電話」というのがわかったんですが、

 

これ架けてきた営業マンって、本気で営業する気があるんだろうか?と思ったので、記事にすることにしました。

 

 

 

電話するにもタイミングってもんがあるでしょう

パブリックビューイング

 

今回、ラグビーの観戦中に電話が架かってきたんですが、この放送の視聴率が39.2%、瞬間最高視聴率53.7%ということからも、どれほど感心度が高い試合だったかがわかります。

(見てない人の方が少ないってレベルです。)

 

こんなタイミングで電話して、まともに話を聞いてくれるはずがないですよね。

もし、僕に不動産投資に関心があったとしても、このタイミングで架けて来られたら100%即ギリします。

 

 

また、今回はラグビーの試合中でしたが、前日には台風19号の被害がありました。

 

そんな災害の最中でも、「こっちの地域は被災してないし」みたいに電話していた人(営業)もいるかもしれません。

 

でも、災害時って、本人(電話の相手)が大丈夫でも、知人や親戚の安否が気になってヤキモキされてる(そういう人からの電話を待ってる)方も多いんです。

※特に今回の台風は範囲が広かったので、そういう可能性が高いです。

 

 

そんな状態の時に「アポ(契約)取れるかも?」って思って電話してるとしたら、感覚がおかしいです。

 

 

元々見込みが薄いお客さんだけでなく、見込みがあるお客さんまで失いかねないので、絶対にやめて下さい。

 

 

 

電話に出てもらえなくても見込み客を失います

この記事の冒頭にも書きましたが、僕は電話には出ませんでしたが、家に帰ってから着信履歴を見て、その電話番号をパソコンで検索しました。

 

「電話帳ナビ」というサイトで調べられます。

 

 

検索結果

 

検索してみるとほとんどの場合、業種だけでなく、社名まで記載されて、その電話に対する口コミまで表示されています。

 

 

クチコミ
何度着信拒否をしても違う番号でここの会社から着信がきます。

マンション経営の営業です。本当にしつこい。

 

 

みたいなことが書かれています。

 

 

つまり、「電話に出なかったからOK」じゃないんです

 

「あっ、こういう電話ならいらない」と思われてしまえば、着信拒否されてしまいますから、どんどんリストは枯渇してしまうんです。

 

 

 

僕がテレアポの仕事をしていた時にどうしてたか?

僕も現役時代、テレアポや電話営業もしていたんですが、サッカーのワールドカップや災害の時に電話をさせられていたこともありました。

 

 

ちょっと考えればわかるんですが、地震の場合はいきなり来ますが、スポーツの試合や台風などはあらかじめ、いつあるか?いつ来るか?が予想できます。

 

 

なら、することは単純ですよね。

 

 

それまでにアポ(契約)を取っておく。

 

 

それまでに数字さえ作っておけば、わざわざそんな迷惑がられるタイミングで電話しなくてもいいんです。

 

 

また、管理職をしてる時には、「明後日はサッカーのワールドカップの試合があるから、明日までに取っておけよ」って指導していました。

 

中間管理職の立場でも、部下の数字さえ確保しておけば、その時間帯にミーティングなどをして部下に電話をさせないような状態を作ることもできます。

 

 

ちなみに、僕はこんな仕事をしてますが、自分の所に架かってきた営業電話は速攻で切る(断る)ようにしています。

理由は、見込みの無い相手と話すことは営業マンにとって時間の無駄になるからです。

(引っ張るだけ引っ張って断られる方がショックが大きい)

 

 

 

 

まとめ

「わかってるけど、上からの指示だから仕方なく嫌々やっている」という人もいると思います。

 

でも、そんな時でも数字さえ確保しておけば、自分の主張を通すことはできるんです。

 

「取れないだろうな」って思いながら電話を架けるのは全くの無意味です。

 

管理する立場の人は部下にこんな無意味な仕事をさせなくて済むようにして下さいね。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->