電話営業やテレアポで相手を聞く体制にする方法

こんな人にオススメの記事です
・電話営業でほとんど内容すら聞いてもらえない人

・早い段階で断られることが多いアポインター

電話営業やテレアポをしている人なら経験があると思うのですが、ほとんど話も聞いてもらえずに「いりません」「結構です」と断る人がいます。

ほとんど内容も話せていないのですから、内容が気に入らないということではないですよね。

 

こういうお客さんの気持ちは、

「セールスの電話はいりません」

「営業電話なら聞きたくありません」

という状態です。

 

こんな気持ちの人にどうすれば話を聞いてもらえるでしょう?

 

 

無理矢理話しても逆効果です

こういうお客さんが何人も続くと、アポインターは何とか主旨だけでも聞いてもらおうと、
相手に断る間を与えないようにして、一気に話してしまう人がいます。

 

ダメアポインター
私、〇〇会社の〇〇と申します。実は私共、〇〇をやっている会社なのですが、この度〇〇のご案内をさせていただいているのですが、ぜひ〇〇様にも☓☓☓☓☓させていただく機会をいただきたく、お電話させていただきました。

 

本人としては、「主旨までは話せた」と思っているかもしれませんが、

これは「話せた」だけで、伝わってはいません

 

こんな電話をしても、「こいつ、こっちの都合を全然考えてない」と思われるだけですから、良い方向に進むはずがないんです。

 

では、どうすれば、相手は聞く姿勢になって、あなたの話をしっかり聞いてくれるでしょう?

 

迷惑な電話であることを謝罪して許可をもらう

こういう対応をするお客さんの場合、

「あなたの電話が嫌」

ということではないんです。

 

いろんな会社から架かってくるセールスの電話全てに対して不快感を持っているんです。

ですから、まずは「ご迷惑な電話ですいません」という謝罪の気持ちを相手に伝えてください。

 

優秀アポインター
お忙しい所恐れ入ります。私、〇〇会社の〇〇と申します。

 

ここで、営業電話でウンザリしてる相手の場合、声のトーンがダウンします

 

そこで、

優秀アポインター
いろんな会社からこういう電話が架かってきて、ウンザリされているかと思うのですが、少しだけお話させていただいてもよろしいですか?

 

 

迷惑な電話だということは承知しております。という気持ちを伝えた上で、

話をさせてもらうことの許可をもらって下さい。

 

そんなことしても、聞いてはもらえない

思われた方もいるかもしれませんが、数%の人が、これだけでも聞いてくれるようになります。

 

今までが100人中5人しか聞いてもらえなかったとしたら、

それが100人中10人になるだけでも、大分アポを取るのは楽になりますよね。

(これで聞いてくれる人は性格の良い人です。)

 

実はある心理学的効果も作用します

実は、この「話をさせてもらう許可を得る」には、ある心理学的効果も働くので、途中で断られる確率も下げる効果があるんです。

 

それは「一貫性の原理」というものです。

人は、一度自分で決めた事に対しては、最後までその考えを通したいという気持ちが働くんです。

つまり、「話を聞くことに了承した」という心理的な束縛が掛かるために、話の途中で断り難くなるんです。

 

ですから、電話の最初の時点で相手の許可を得てしまえば、後は慌てること無く、落ち着いて話を進めていけば、普通に話をするよりも相手を納得させることができるんです。

 

まとめ

僕もアポインター時代には、朝から晩まで電話をさせられたことがあります。
相手をしてくれる人がいれば、それほどでもないですが、

ほとんど話もできずに切られることが何十件も続くと、どうしてもストレスが溜まって、無理矢理にでも話を聞かせようとしてしまうのですが、そういう電話をしても、絶対に良い結果(アポ、契約)は出ないです。

電話に出るお客さんの気持ちになって、相手に好かれる電話をして下さいね。

次の記事

>3ヶ月で実績が2倍に!コーチング生(テレアポ)から感想を頂きました

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール