テレアポのコツ 歳末恒例「年末で忙しい」を攻略する方法

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・「年末で忙しい」という断り文句で悩んでいるアポインター

・毎年12月は売上を落としてしまう営業マン

 

歳を取ってくると、年々、時間の経つのが早く感じるようになり、今年もあっと言う間に12月

 

世間で言うところの「師走」に突入しました。

 

 

毎年12月に入ると、営業マン、特にアポインターを悩ませるのが、

「年末で忙しい」という断り文句です。

 

でも、放っておいても、毎年必ず12月は来るわけですから、この「年末忙しい」という断り文句を何とか攻略しないと、毎年、12月には売り上げを落としてしまうという羽目になってしまいます。

 

 

そこで、今回、僕のブログをいつも読んでくれているあなたのために、歳末恒例「年末で忙しい」の攻略方法をお教えします。

 

 

本当に年末って忙しいですか?

ところで、あなたは年末忙しいですか?

僕は、普段の月と全く変わりません。

営業マン時代を思い出しても、ほとんど普段の月と変わりませんでした。

 

唯一、年末忙しいと思ったのは、家庭用品の卸売商社で百貨店担当してた時で、歳末セールや年明けの福袋の用意で普段よりちょっと忙しかったくらいです。

 

営業マンって、年から年中走り回ってますから、12月だけ特別忙しいって思わないですよね。

 

では、他の仕事をしてる人達はどうなんでしょう?

 

 

あなたのまわりの友達は忙しいですか?

あなたの友達で、営業以外の仕事をされてる方、遊びの誘いもできないくらい忙しい人いますか?

 

12月が鬼ほど忙しいって仕事の方が少ないですよね!

 

 

印刷関連の仕事をしてる人

僕が製本機械の営業をしていた頃(28年前)は、12月頭は、年賀状の印刷でテンテコ舞いでした。

 

でも、最近は「あけおめメール」で済ます人も多く、年賀状も家や会社のパソコンでプリントできますから、印刷屋さんに頼む人は激減してるそうです。

 

 

ケンタッキーフライドチキン

僕は大学生の頃、KFCでバイトしていたのですが、Xmasは、尋常じゃない忙しさでした。

 

朝一から閉店まで予約のチキンを揚げっ放し

 

今だから言えますが、

ケンタッキーフライドチキンはXmasに食べるもんじゃありません

 

予約のチキンだけで精一杯ですから、揚げたてを提供しようなんて気持ち、これっぽっちもありません

 

1年中で一番まずいチキンが出される日なんです。

 

 

でも、ケンタッキーが忙しいのは、23日~25日の3日間くらいです。

 

その前後は、普段と全く変わりません。

恐らく、ケーキ屋さんも同じような感じでしょうね

 

 

主婦は年末忙しいの?

では、家庭の主婦はどうでしょう?

年賀状の用意

おせち料理

大掃除

・銀行(お年玉の準備)

 

全部合わせても3日~4日でできるでしょう。

 

つまり、「年末忙しい」のは、

気のせいなんです!

 

まわり(世間)が忙しいと言ってるから、普段と大して変わらないのに、忙しいと思い込んでるだけなんです。

 

 

ここまでの説明で、本当に年末忙しい人なんて、ほとんどいないというのがわかってもらえたと思います。

 

 

つまり、「年末で忙しい」という断り文句は、本音の断り文句ではなく、営業マンをあしらうための「嘘の断り文句」なんです。

 

 

「年末で忙しい」と言わせないアポイントの取り方

本当に忙しい人なんて、ほとんどいないというのがわかれば、時間設定も強気で行けますよね!

ただ、いつも通りの時間設定では、「年末で忙しい」という断り文句が来ます。

 

それに対して

営業マン
嘘ですよね!本当は暇でしょ!

と切り返すわけにはいかないので、時間設定の仕方に、一工夫がいります。

 

 

12月の前半の時間設定

 

大倉
年末押し迫ると皆さんお忙しいですし、初旬の方がいいと思うのですが、今週と来週ではどちらがご都合よろしいですか?

 

二択の質問で選ばせるのですが、お客さんに配慮しているようで、どんどんアポイントを前倒しにできます。

 

あとは、「平日と土日」「午前と午後」といった二択の質問の繰り返しでアポが取れます。

 

 

12月中旬の時間設定

大倉
さすがに来週は皆さんお忙しいですから、今週の方がいいと思うのですが、明日と明後日では、どちらがご都合よろしいですか?

という感じになります。

 

さすがに25日を超えると、本当に忙しい人が増えてきますので、12月は前半勝負だと思って頑張って下さいね。

 

 

僕が実際に使っていた必殺の年末トーク

最後に僕が外壁塗装の営業に使っていた年末トークをご紹介します。

 

リフォーム関連の営業をされてる方なら、そのまま使えますが、他の業種の方はアレンジして使って下さいね。

 

大倉
昨年、年末最後に工事させてもらったお客様にすごく喜んでもらえたんです。

 

大倉
「年末は忙しい」と断られることが多いので、職人の手がどうしても空いてしまうんです。

 

大倉
そうなると、普段なら、職長プラス職人3人くらいで施工するんですけど、職長を余らせるのも勿体ないんで、職長4人という超豪華メンバーになったんです。

 

大倉
もちろん施工技能はピカイチなんですが、職長レベルは昔気質(カタギ)の人が多いので、1年の締めくくりは良い工事で終わりたいっていうのがあるんです。

 

大倉
ただでさえ超一流の職人が、普段以上に丁寧にこだわった施工をしましたから、お客さんは大満足でした。

 

来年でいい、と思っていた人でも、今年にしたくなりますよね!

「1年の締めくくり」を「年初め」に変えれば、1月にも使えますよね!

 

あなたの扱う商品に合わせて、うまくアレンジして下さいね!

 

この記事を読んでくれた方にオススメの記事

>売れない時期を乗り切る「月別営業トーク」の考え方(トーク例付)上半期

>売れない時期を乗り切る「月別営業トーク」の考え方(トーク例付)下半期

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->