【テレアポのコツ】テレアポで絶対にやってはいけない3つのポイント

こんな人にオススメの記事です
・電話でよくお客さんに怒られるテレフォンアポインター

・電話営業に関する法律を知りたい人

 

先日、どんな人がこのブログを読んでくれてるのかな?と思い、

Google Analyticsで調べてみました。

 

 

SnapCrab_NoName_2015-2-15_11-24-42_No-00

 

1位  テレアポ コツ

4位  営業 電話 アポイント

9位  アポインター コツ

10位 アポイント 電話

 

とトップテンのうちの4つがテレアポ電話営業)だったんですね。

 

僕も、実際に営業会社でテレアポをやっていましたから、

アポが取れない辛さは痛いほどわかります。

 

また、僕より先輩でも、ずっとアポが取れなくて

ノイローゼ状態になっている社員もいました。

 

 

営業マンの悩みはいろいろありますが、

今日は、一番感心の高いテレアポについて書いていきます。

 

営業、販売、集客のお仕事をされている方のための情報交換型コミュニティ

 

テレアポで絶対にやってはいけない3つのポイント

 

いろんな会社でテレアポをしましたが、

このやってはいけないポイントを

するように指導しているバカ上司

いまだに、どこの会社にもいるんです(汗)

 

本当にアポが取りたい

売上を上げたい

と思うのなら、

こんなバカ上司の言うことは無視して下さいね!

 

 

本来の電話の目的を隠して話す

これって、かなり多くのテレアポ会社でやっています。

 

代表的なのが、「市場調査」と言って

電話を始めるパターンです。

 

 

最初から営業や勧誘目的の電話だと相手にわかってしまうと

かなりの高確率で即切りされてしまいます

 

それの予防のために「市場調査」と偽って会話を進めて、

ある程度会話できる状態になってから

本題(営業、勧誘)に切り替える作戦なのですが、

 

完全な法律違反です!

 

電話勧誘(テレアポ)は

特定商取引法特商法)という法律で規制されています。

 

その第16条に、

事業者は、電話勧誘販売をしようとするときは、

消費者に対して、事業者名称、担当者氏名、商品・サービスの種類、

並びにその電話が契約締結の勧誘をするためのものだということを

告げなければならない。

 

と書かれています。

 

つまり、電話の目的を誤魔化して

会話しようとしてはダメなんです

 

 

こういう内容での電話営業をしている

「消費生活センター」への通報が度重なれば、

最悪「業務停止」などの処分を受けますから、

あなただけでなく、

事業所全体の問題になるんです

 

 

また、実際に、僕もこういう電話を

上司の指示でしたことがあるのですが、

即切りは防げますが、最終的には断られてしまうので

時間の無駄です。

 

普通に、営業、勧誘が目的の電話であることを伝えて、

それでも聞いてくれる人を相手にして話した方が

はるかに効率的です。

 

 

また、目的を誤魔化したために、

本当はそれに興味がある「見込み客」にも、

胡散臭く感じられてしまい、

拾える客も逃してしまいます。

 

 

自分が勧めている商品(サービス)に自信を持って

電話をかけて下さいね。

 

 

 

相手の状態を考えずに一方的に話す

これもバカ上司に指導されることが多いのですが、

営業マン

「もしもし、〇〇様のお宅でよろしいですか?」

「△△商事の□□と申します。」

「私共、××で、☆☆をやっている会社なのですが、・・・・・」

 

とにかく、相手に断るタイミングを与えずに

一方的に用件を話し続ける。

 

 

バカ上司

忙しい状態でも、話を聞いてくれるのは、

正確の丸いお客さんだから

そういう人をターゲットにしなさい。

 

確かに、相当丸い正確の人でないと、

忙しい所にいきなりかかってきた電話の相手はしてくれません。

 

 

でも、これって、お客さんの「最終兵器」を残したままなんです。

 

話の途中で、

「今、忙しいから切るよ」

と、いつでも断れるんですね!

 

 

さすがに、忙しいと言われても

そのまま話しつづけられる営業マンは

ほとんどいません。

 

 

また、これをやってしまうと、

忙しい時間じゃなかったら、

興味があるから話を聞いてみたい。

というニーズのある見込み客も取りこぼしてしまいます

 

 

僕は、受話器越しに聞こえる音に注意をしていました。

水を使っている音(洗い物の最中)

油を使っている音(揚げ物の最中)

子供の泣き声(子供がグズっている)

テレビの音(お気に入りのドラマやスポーツ番組)

 

こんな時に話しても、

右から左に聞き流されてしまい、

いつ、この鬱陶しい電話を切ろうか?

と思われるだけです。

 

受話器の向こうから、こんな音がしたら、

「今、お忙しそうですね!

お電話改めさせていただきます(^^)」

と、こちらから伝えていました。

 

 

そうすると、かなりの高確率で、

お客さんの方から、

お客さん

「ごめんね、そうしてくれると助かる(^_^;)」

と言ってくれるんです。

 

 

で、次回の電話の時に、

先日は、お忙しい時間(油物されている時)にお電話してスイマセンでした。

お客さん

いやいや、こっちこそごめんなさいね・・・

という親しみやすい会話から始められるので、

スムーズに話を聞いてもらいやすくなります

 

 

切られることを怖がらずに、

ゆったりと構えて電話をすれば、

好印象を与えるので、

聞いてくれるお客さんの割合も上がります

 

アポが取れていない時ほど、

ゆっくり落ち着いた

余裕のある電話を心がけて下さいね。

 

 

再勧誘の禁止

昔、どれだけ売ったのか知らんけど、

過去の実績にしがみついてる上司に多いのですが、

バカ上司

「一回断られたくらいで諦めるな!断られてからが勝負」

というバカ上司がよくいます。

 

あんたの時代は、それで良かったかもしれんけど、

今、それをやったら業務停止です。

 

これも特定商取引法(特商法)第17条

契約を締結するつもりのない意思表示をしている相手方について、

その場での勧誘の継続や再度の来訪による勧誘を禁止

 

「再勧誘の禁止」という項目があります。

 

 

実際に消費生活センターへの報告も多く、

毎年、数多くの電話勧誘業者が

「業務停止」の処分を受けています。

 

 

僕が、働いていた会社でも、

「何回断られてもかけます」

と自信たっぷりに話していた係長(他支店)がいたのですが、

その係長のせいで、その支店は

業務停止(1ヶ月)の処分を受けました。

 

 

他の社員はたまったもんじゃないですよね。

 

 

 

先程お話した、忙しい時間に一方的に話しまくるのも、

「今、忙しいし」という言葉にプラスして、

「もうかけてこんといて!」と言われてしまったら、

改めてかけ直すこともできなくなります。

 

 

こちらの主旨をしっかり伝えた上で、

断られたなら、かけ直す必要もないですが、

中途半端にしか伝えられていない状態で、

断らてしまわないように、

好感を持ってもらえる話し方をするように

注意して下さいね。

 

 

 

まとめ

今、消費者を守るために、

いろんな法律ができていますので、

昔の営業スタイルは通用しません

 

今、テレアポ(電話営業)で成果をあげるポイント3つ

  • 自分の商品(サービス)に自信を持って、落ち着いてゆっくり話す。
  • 相手への気配りをして、好感を持ってもらえる電話をする。
  • 切られることを恐れない。(しっかり用件を伝えて切られれば、時間の無駄を省ける。)

どんな電話がかかってきたら自分なら聞いてしまうか?

って考えるのが、テレアポがうまくなるコツですよ!

 

 

 

【テレアポ関連おすすめ記事】

アポイントの契約率が低いアポインターが、まず初めにすべきこと

アポ件数も契約率も飛躍的にUPする究極のテレアポテクニックとは?

営業のコツ テレアポ(テレフォンアポイント)で不調な時の修正法

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    大倉成人

    プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール