あなたが考える「お客さん目線」では画期的なアイデアは出てこない理由

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・お客さんの気持ちがわからない営業マン

・ありふれたアイデアしか出てこない人

 

ご存知のように、僕は個別コーチングとして、いろんな業界の方に営業のアドバイスをしているのですが、よくコーチングの生徒さんから

 

「そんな考え方は、したこと無かったです。」

「そんなアプローチ、思いもしませんでした。」

 

という反応をもらうことがあります。

 

 

当然、僕としても、「生徒さんに何とか結果を出してもらいたい」という思いで、必死に考えてはいるのですが、

 

「ちょっとした表現の違いですね」くらいならまだしも、「全然考えもしなかった」っていう風になってしまうのは、何が原因なのか?と思い、ちょっと考えてみました。

 

 

 

「お客さん目線」には大きな壁がある

物の売り方を考える時によく言われるのが、

 

お客さん目線

お客さんの立場

 

になって考えなさいということなのですが、

 

これって、もう「当たり前」のレベルですから、誰でもこういう考え方はしようとしているはずです。

 

 

あなた自身も当然考えてますし、あなたの上司や同僚も考えてるはずです。

 

 

なのに何故、あなたやあなたの上司や同僚が思いもしなかったアイデアを僕が見つけられるんでしょう?

 

 

あなたの視点でしか「お客さんの目線」や「お客さんの立場」を考えられてないからです。

 

 

想像できる「お客さん像」の幅が狭いんです。

 

 

これは、その業界での経験が長ければ長いほど顕著に現れるのですが、お客さんの立場で考えているつもりでいても、どこかに「売る側の都合」が残ってしまっているんです。

 

 

 

「お客さん像」の幅を広げるために必要なこと

これは、僕の自己分析ですが、僕が生徒さんやその周りの人達が考えもしないようなアイデアを出せるのは、「第三者の視点」を持っているからだと思います。

 

 

僕自身、いろんな業界(10社以上)を営業マンとして渡り歩いたというのもありますが、現在もいろんな業界の生徒さんを指導しています。

 

そう言った経験によって、「売る側」でもなく「買う側」でもない、全く違う「第三者の視点」で、

 

「この商品を売る場合のターゲットになるお客さんはどういう考え方をするか?」

 

客観的に考えることができるので、あなたが考えもしないようなアイデアを見つけることができているんです。

 

 

 

「第三者の視点」を鍛える方法

「第三者の視点」と言われると、凄く難しいように感じたかもしれませんが、実はどんな人でも、この感覚を鍛えることはできます

 

「他の業界の商品の売り方を考える」

ということです。

 

自分が扱っている商品とは全く違うもの、例えば男性の方であれば、「女性用化粧品の売り方」を考えてみてもいいですし、女性の方であれば、「男性用育毛剤の売り方」を考えてみてもいいです。

 

とりあえず、売る側の気持ちも、買う側の気持ちも全くわからない物の方が、客観的に考えられます。

 

 

そういう商品を選んで、

・これを買うお客さんってどんな人だろう?

・何を基準にして選ぶのかな?

・どんな時に買いたくなるのかな?

と考えてみて下さい。

 

 

また、それにプラスして、

・その商品の競合はどんなものがあるのか?

・どんな売り方をしているのか?

・他社との差別化ポイントはどこなのか?

 

という所まで、本気で売る気になって考えてみて下さい。

 

 

ポイントは「本気で考える」ということです。

 

適当な気持ちで、「こんな風にやったら売れるかな?」くらいでは、「第三者の視点」は鍛えられません。

 

 

 

まとめ

「第三者の視点」を鍛えれば、必ず「今まで見えなかったもの」が見えてくるようになります。

 

自分の売る商品のことを考えるだけで手一杯という人だと、なかなかこういうことに時間を割けないかもしれませんが、時間を割くだけの価値は十分にあります

 

どうしても、そんな時間は取れないという方であれば、僕がサポートさせていただきます。

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->