あなたが売れない意外な理由

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・なぜ売れないのかがわからない営業マン

・ロープレはうまいのに売れない営業マン

 

今まで、様々な業界で営業してきましたので、同僚上司部下得意先仕入先

これまでに100人以上の営業マンを見てきました。

 

売れる営業マンにもたくさん出会いましたし、売れない営業マンも山ほど見てきました。

 

 

でも、そんな中に、

会話能力もあって人当たりもいいのに

契約率が悪い人がいるんです

 

 

普段の会話でも、しっかり会話のキャッチボールができる。

ロープレをやらしても、文句のつけ用がない。

セールストークもキチンと相手の心理を考えられたものになっている。

 

 

こんなに優秀なのに、なぜ売れないんだろう?と思っていたのですが、同行営業をした時に、その理由がわかりました。

 

 

今回は、僕が実際に見た事例を含めて、優秀な営業マンでも売れない意外な理由を紹介していきます。

 

 

 

優秀な営業マンでも売れない意外な理由

見た目

営業に行った時に、まず挨拶から始まりますが、その段階で、お客さんの感心が、ある1点に集中してしまい、会話に集中してくれないんです。

 

誰が見ても、ひと目でわかるカツラ

出展写真AC

以前の会社の同僚で、社員全員が気づいているくらいひと目でカツラとわかる人がいたんです。

 

一度、営業に同行した時に、道中の車の中で、

「大倉さん、実は僕カツラなんです」

カミングアウトされた時は焦りました(^_^;)

 

 

「えっ?みんな知ってるよ」と言うわけにもいかず、

 

「えっ~!そうなんですか~!全然知りませんでした」

と白々しくリアクションを取って、その場はごまかしました(^_^;)

 

 

そのまま、お客様宅を訪問し、彼の営業を横で見させてもらったのですが、

 

挨拶の段階から、

お客さん(御夫婦)の目は彼の頭に釘付けでした

 

彼が、わかりやすく丁寧に説明してる間も、何度も、彼の頭を見ていました(御夫婦ともに)

 

 

人間って、一つのことが気になると、

他のことに集中できないんです。

 

結局、その商談は決まりませんでしたが、彼のクロージング自体には何の問題もありませんでした。

 

お客様が会話に集中できない例(見た目)を他にも紹介しておきます。

 

 

大量の鼻毛

 

 

これは営業マンではないのですが、僕が訪問したお客さんで、30歳代中盤の奥さんの鼻毛バカボンのパパ状態だったんです。

 

チョロっと1、2本出てるくらいなら、それほど気にならないのですが、

 

両方の鼻の穴から大量に長いものは、おそらく3ミリくらい飛び出していました。

 

奥さんの顔をまともに見ることができませんでした。

 

 

 

女性営業の眉毛

lightstargod / Pixabay

 

これは、僕の自宅に来た保険の営業だったのですが、女性の営業の方は、やっぱりキチンとメイクをしています。

 

でも、たまに

何で、そんな形に書いちゃったの?

って言いたくなるような変な眉毛の人がいるんです。

 

 

僕も仕事柄、こちらが客の立場でも、相手の目を見て話をしますが、

直視すると吹き出してしまいそうだったので、手元の資料とかを見るふりをして、ごまかしました。

 

あと、女性のメイクと言えば、歯についた口紅も気になりますね。

 

 

匂い

これは、かなり気になります。

一度気になってしまうと、

早くこの場から逃れたい

とさえ思ってしまいます。

 

口臭

koushuu

 

胃の悪い人とかは口臭のキツイ人が多いです。

 

僕は、胃は悪くないので、口臭はあまりないのですが、コーヒーやタバコは口臭の原因になります。

 

特に宝石の営業をしていた時は、女性相手なので、車やカバンの中に「モンダミン」を用意しておいて、商談前に口臭対策をしてました。

 

 

靴下の匂い

特に夏場、革靴で仕事をしていると、悲惨な状態になります。

 

靴の中敷き消臭効果のあるものを使ったり、ファブリーズで靴下やシャツを消臭していました。

 

癖(くせ)

けっこういろんな癖がある人がいるのですが、この癖が契約率を下げる原因になっている人が結構います。

 

 

首を回す

これは、僕の上司だったんですが、顎関節症噛み合わせが悪い)のようで、

 

営業の途中で、首を回しながら口を開けて噛み合わせを治す癖があったんです。

 

営業で同行した時に、いきなり緊迫した場面でやったんで、ビックリしたんですけど、やっている時の表情が「鬱陶しいなぁ」という感じに見えるんです

 

もう、その瞬間に、「あっ、この商談決まらんわ」と諦めました。

 

 

ペン回し

SnapCrab_NoName_2015-2-18_19-58-40_No-00

これ、結構やってる人多いです!

 

見積書や契約書を書いたりする緊張感のある場面でクルクル回し始めるんです

 

 

お客様には、イライラしてるように見られますし、また、急かされているようにも感じます

 

 

 

他にも、実際に見た癖として、

  • 舌打ち
  • 眉間にシワを寄せる
  • 指先で机をコンコン叩く
  • 貧乏ゆすり
  • 舌を出す

 

いろんな癖が緊張すればするほど出てしまう人がいます。

 

普段の会話や会議、ミーティングでも、こういう癖が出る人は見つけやすいですが、営業の場面でしか出さない人もいます。

 

誰かと同行した時にチェックしてもらうしかないですが、早めに見つけて、注意して下さいね!

 

 

まとめ

営業の場面では、お客さんが前のめりになって、「うん、うん、それから、それから」と続きが聞きたいというくらいに会話に集中させなければなりません

 

 

今回紹介したような、本当にちょっとした些細なことが、営業の障害になります。

 

セルフチェックは当然ですが、同僚や上司にもチェックしてもらって下さいね!

 

 

次の記事

>>すぐに実戦で使える営業のコツ、テクニック50選(トーク例付き)

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->