営業マンは早死にする(売れないストレスと売るストレス)

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・胃が痛くなるくらいストレスを感じている営業マン

・売上は上がっているのにストレスを感じている営業マン

 

先日、コーチング生の方とメールしていたのですが、最近、昔の上司と部下が立て続けに亡くなられたということでした。

お二人共、57歳と60歳でまだ若く、まだまだ人生を楽しめる年齢だったそうです。

 

 

僕が、独立を決意したのも、当時の同僚2人(共に50代後半)が、立て続けに亡くなったのが最終的な要因でした。

 

 

営業会社の実情

営業マンって、本当に過酷な仕事です。

 

営業会社の実情を知らない人は、精神的なストレスはあるかもしれないけど、肉体的には楽だと思ってるみたいですが、僕が今まで働いていた会社で定時で帰れる会社は1つもありませんでした

すべての会社で12時間以上拘束されていました。

 

真夏の炎天下で5時間も、ほとんど休憩もせずにチラシ配り。

(熱中症で倒れるものもいます)

 

食事も、昼ご飯は夕方4時晩ご飯は夜10時というような状態でした。

 

体を壊さない方がおかしいくらいです。

 

でも、やっぱりストレスが一番体を蝕みます。

 

売れないストレスと売るストレス

営業マンが受けるストレスにも、いろんなものがあります。

 

ほとんどの営業マンが受けるのが、「売れないストレス」ですが、実は「売るストレス」を感じている営業マンもいるんです。

 

売れないストレス

まずは、一般的な「売れないストレス」ですが、営業マンは毎日、売上を上げるために働いています。

当然、ノルマや目標というものに縛られています。

 

売れない営業マンが抱えるストレスを挙げてみますと

上司から怒られる(罵倒される)

給料が少ない(生活できない)

売れなければクビ

休日出勤サービス残業

 

細かいものまで挙げればキリがないと思います。

 

でも、「売れないストレス」は売れるようになれば、すべて解決します

 

「売れないストレス」を無くすために、僕は、このブログを書いています。

 

もし、あなたが「売れないストレス」で悩んでいるなら僕が運営しているFacebookコミュニティに入ってみませんか?

 

営業、販売、集客のお仕事をされている方のための情報交換型コミュニティ

 

これより質(たち)の悪いのが、「売るストレス」なんです。

 

 

売るストレス

これは感じたことが無い営業マンも多いと思いますが、「売るストレス」を感じている営業マンも結構います。

 

では、「売るストレス」って何だと思いますか?

 

売っても、お客さんに喜ばれない満足されない

むしろ売ることによって、お客さんに恨まれるお客さんを不幸にするものを販売することです。

 

価格ほどの価値の無い商品品質が悪いとわかっていて物を売るのは、「罪悪感」という強烈なストレスを感じます

 

僕は、以前にジュエリー(宝石)関係で2つの会社を経験しているのですが、

 

1社目は、かなり高額でしたが、商品もかなり上質でした。

2社目は、安いのですが、かなり品質の悪いものを扱っていました。

 

どちらの方が、「売るストレス(罪悪感)」を感じると思いますか?

 

後者の方が圧倒的に罪悪感を感じます

 

本当に良い商品であれば、それが数百万円でもお客さんは満足してくれますから、罪悪感は感じません。

 

商品の質が悪い場合、どんなに安くても、お客さんは喜んでくれないと思ってしまうので、罪悪感に襲われるんです。

 

僕の場合、1社目で、たくさんの良い宝石を見てきましたから、商品を見る目が肥えてしまっていたために、2社目で他の営業マンが気にならない商品でも、必要以上に劣悪な商品に見えてしまっていたかもしれませんが、

 

こんなもの宝石じゃない

これには、この値段ほどの価値も無い

と思ってしまっていました。

 

 

一度、商品を見る目が肥えてしまえば、どんなに努力をしても商品に惚れ込むことはできません

 

自信の無い商品をお客さんに勧めるのは苦痛にしかなりません。

 

 

もし、あなたが今、「売りたくない商品」を売っているのでしたら、僕がアドバイスできるのは「今すぐ会社を辞めて下さい」ということです。

 

その会社で働かなければ生きていけないことはないんです。

他の会社で他の商品を売ればいいんです。

 

ただ、年齢的にもう転職はできないと考えている人もいると思います。

 

そういう方は、マーケティングなどの勉強をして、どんな商品でも売れるスキルを身につけて下さい

 

そして、独立という選択肢を真剣に考えて下さい

 

もちろん、今までずっとサラリーマンをしてきたんですから、自信なんか無いと思います。

 

でも、1歩踏み出して下さい。僕がアドバイスさせてもらいます。

 

 

次の記事

>>営業(販売)するのに、抵抗(罪悪感)は無いですか?

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->