売上が伸びない理由 真剣に考えたことがありますか?

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

ちょっと過激なタイトルだったかもしれませんが、

この記事を見てもらってるということは、「売上が伸びない」というようなキーワードで検索してもらったか、

あるいはFacebookやTwitterなどのSNSで、このタイトルに興味を持ってくれたということですから、

少なからず「売上が伸びない理由」を考えておられるはずです。

 

でも、本当に真剣に考えてますか?

 

考えている振りになっていませんか?

 

 

今回は、ちょっと耳の痛い話になると思いますが、営業マンにとっても経営者にとっても大事な話になりますので、最後までお付き合い下さい。

 

 

一般論じゃ本当の理由は見つからない

今まで、多くの営業マンや経営者の方を見てきましたが、このタイプが一番多いです。

 

マーケティング営業戦略経営戦略の書籍やセミナーなどで勉強されてるんですけど、

自分の現状に近そうなものを無理矢理当てはめようとしてるんです

 

書籍やセミナーで発信されている内容は一般論でしかありません。

 

あなたがいる業界にも、あなたの会社にも、そしてあなた自身にも、それぞれが抱えている環境や事情があるんです。

 

それを無視して、無理矢理当てはめようとしても、合うはずがないんです。

 

 

 

気づいているけど目を背けている

いわゆる「他責の念」というものです。

 

経営者の場合ですと、会社としての在り方が間違っているのに、

社員に無理を強いることで解決しようとしている

 

逆に、社員の場合でしたら、「こんなやり方だから売れない」と

諸悪の根源は会社にあると押し付けてしまっている

 

どちらの場合も自分は変わろうとせずに、他を変えようとしてますから改善されるはずがありません。

 

まずは「自分に変えられることは無いか?」を考えることから始めなければなりません。

 

 

 

できることからやってみる

これ、ムチャクチャ勘違いしている人が多いです。

 

何も行動しなければ絶対に変わらないですから、まず何か行動してみるという姿勢は大事なんですけど、

 

「できることから」を「楽なことから」に変換してしまってる人がほとんどなんです。

 

改善すべきことを全てあげ、それを「実現可能」「不可能」かで振り分けて、それに優先順位をつけて一つ一つ実行していく。楽か?楽でないか?は関係ないんです

 

優先順位の高いものから順に実現可能なことは全てやる

 

 

 

不可能を可能にする

こういうと凄く大層なことのように聞こえますがそんなことはないんです。

 

不可能だと思っていることが本当に不可能なのか? 何か可能にする方法はないのか?を考えるだけです。

 

あなたにとって不可能なことであっても、他の人なら可能なことかもしれませんできる人に頼めばいい話です。

 

 

 

まとめ

今、売上が伸びないと悩んでいる人のほとんどがどれかに当てはまっていたはずです。

 

僕の仕事は、そういう営業マンや経営者の方から現状を聞き、それぞれの業界や会社の環境や事情を踏まえた上で改善すべきことを見つけることです。

そして、実現可能なことを一つづつ実践してもらうサポートをすることです。

 

必要だと感じたなら、あなたが今まで目を背けていた部分にもメスを入れていきます。

 

 

個別コーチング、コンサルに興味のある方は下のボタンをクリックして下さい。

 

 

 

経営者、個人事業主向けのコンサルはコチラになります。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->