嘘の種類と6つの見抜き方

こんな人にオススメの記事です
・よく騙されてしまう人

・嘘か本当かが見抜けない人

 

僕は滅多にテレビは見ないのですが、先日、夕食中にテレビをつけたら「名探偵コナン」をやってました。

 

名探偵コナンって、昔営業中にサボってマンガ喫茶に行ってた頃、結構ハマったくらい好きなんですけど、面白い回と面白くない回の差がけっこう激しいんですよね。(好みの違いがあるかもしれませんが)

 

結局、その日は結構面白くて最後まで見てしまったのですが、名探偵コナンって、最後に「ネクスト コナンズ ヒント」って出るんですけど、次の週まで「ネクスト コナンズ ヒント」を覚えている人っているんでしょうか?(おそらくいないと思う)

next-conan

 

番組を最後まで見たら、エンディングの曲が流れてきました。

「今から~嘘をつくよ~、たった一度の君への嘘~」

 

「君への嘘」ってタイトルの曲なんですけど、今から~嘘をつくよ~ って宣言してしまったら、たとえ「思いやりの嘘」でも、意味がありませんよね(笑)

 

 

そんなことを思いながら、ちょっと心理学的に「嘘」について書いてみようと思いました。

 

 

人間がつく12種類のウソ

実は、心理学的に分析するとウソには12種類のウソがあるんです。

 

1.予防線のためのウソ

約束を何かの理由をつけて断るなど、予測されるトラブルを未然に防ぐためのウソです。

 

例:休日出勤などを押し付けられそうな雰囲気になった時に、

「今度の日曜は、法事で嫁さんの実家まで行かなあかんねん」

という話しをそれとなく振っておく。

 

2.合理化のためのウソ

失敗してしまったことを責められた時にする言い訳

 

例:「あの日は事故渋滞で、かなり予定が狂って頭回ってなかったしな」

 

3.その場しのぎのウソ

ありもしない事をその場しのぎで言ってしまうウソ

 

例:寝坊で遅刻した時に、

「いつもどおりに家を出たんやけど、急に腹が痛くなって、駅でウ●コしてたら電車1本乗り過ごしてしもてん」

 

4.利害のためのウソ

お金が絡んでいる場合に、自分が得をするためのウソ

(いわゆる「詐欺」ですね)

 

例:自転車で行ったのに、会社にバス代を請求する。

 

5.甘えのためのウソ

自分を理解、擁護してもらうためのウソ

(仮病はココに含まれます)

 

例:「昨日、子供の夜泣きが酷くて、ほとんど寝られへんかってん、悪いけど、今日運転頼んでいい?」

 

6.罪隠しのためのウソ

犯してしまった過ちを隠すためのウソ

(いわゆるアリバイですね)

 

例:「あんた、私が買っといたシュークリーム食べたやろ?!」

「えっ?!知らんで~、そんなんどこにあった?」

 

7.能力や経歴に関するウソ

相手との関係で自分が優位に立つためのウソ

(経歴詐称)

 

例:「〇〇組の△△さんとは、昔からの友達やし、俺に手~出したら△△さんが黙ってへんで~」

 

8.見栄のためのウソ

自分を良く見せたいという虚栄心からのウソ

 

例:中小の卸問屋に勤めているのに、合コンで仕事を聞かれたら「商社マン」と答える。

 

9.思いやりのためのウソ

相手を傷つけないためのウソ

 

例:彼女が作った料理がむちゃくちゃまずかったのに、「うわっ!めっちゃうまい!」と言ってしまう

 

10.引っかけのウソ

気心のしれた間柄でする、冗談やからかいのウソ

(笑って済まされる程度です)

 

例:「あれっ?首にキスマークついてるで!」

「えっ?!マジで?どこどこ?」

「うっそぴょーん」

 

11.勘違いのウソ

ウソをつくつもりは無いが、自分の知識不足や勘違いで、結果的にウソになってしまうこと

 

例:安保法案の改正で徴兵制が始まる(ウソです)

 

12.約束破りのウソ

意図的ではないが、約束を果たせず結果的にウソになってしまうこと

 

例:ノルマ未達

 

 

こうやって分類してみると、「あっ、オレ結構うそつきや」と思った人も多いと思います(笑)

 

では、次にウソの見抜き方を解説していきます。

 

 

ノンハーバル面で嘘は見抜ける

ビジネスの場面でもプライベートの場面でも、相手のウソを早い段階で見抜ければ、「この人にウソは通用しない」と思わせることができるので、その後の関係を有利に運ぶことができます。

 

ウソが下手な人の場合は、ハーバル面(言語的要素)での食い違いが明瞭でわかりやすいのですが、ウソがうまい人が相手の場合は、ハーバル面とノンハーバル面(非言語的要素)のズレを見なければなりません。

 

ノンハーバル面(非言語的要素)というのは、相手の仕草表情です。

 

昔、流行った歌で平松愛理の「部屋とワイシャツと私」の歌詞で、

あなたは嘘つ~く時、右の眉が上が~る

というのがありましたが、

 

これも心理学的には、正解なんです。

 

では、ノンハーバル面からウソの見抜き方を6つ紹介しますね。

 

 

6つのウソを見抜き方

  • 落ち着きがなくなり、手で髪や顔を頻繁に触る
  • 瞬きの回数が多くなり、視線がさまよったり、見開いた目で見つめてくる
  • 汗ばんだり、息が荒くなる
  • 言い間違えが増え、聞いてもいないことを話し始める
  • ポケットに手を入れて隠す
  • 顔の表情が左右非対称になる

 

言われてみれば、確かにそうだなというものが多かったと思います。

 

勘の鋭い人なら、自然に感じていると思います。

 

ということは、あなたにこういう態度が出ていれば、勘の鋭い人には見抜かれているということです。

 

特に、髪や顔を触るクセのある方は注意して下さいね!

 

 

まとめ

人間関係を円滑にするには、時には嘘も必要です。

「善意のウソ」と言えるかもしれません。

 

昔、流行った歌で沢田聖子の「あなたからF.O(フェイドアウト)」の中に、こんな歌詞があります。

 

「せめて最後まで、騙して欲しかった」

 

善意のウソなら、「今から嘘をつくよ」ではなく、「せめて最後まで騙して欲しかった」の方が、相手にとって幸せかもしれませんね。

 

次の記事

>>男と女の感じ方の違いがわかればライバルに勝てる

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人
大倉成人
プライベートな場面で初めて会った人に、
「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な
バツイチのアラフィフのオッチャンです。

大学時代はロックバンドを組んで
ベースを担当していたのですが、
ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、
初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種で
トップセールスなどの実績をあげてきました。
顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも
トップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」

詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人

プライベートな場面で初めて会った人に、 「本当に営業マン?」と言われるくらい話すのが苦手な バツイチのアラフィフのオッチャンです。 大学時代はロックバンドを組んで ベースを担当していたのですが、 ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、 初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗) そんな僕でも、26年間、様々な業種で トップセールスなどの実績をあげてきました。 顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでも トップセールスになれるんです。 ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。 【主なメディア掲載】 ・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」 詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール