競合に勝つためのUSPを考えるポイント

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
こんな人にオススメの記事です
・自分のUSPが見つけられない人

・USPは考えているが、それが集客に繋がっていない人

 

先日、「美容室(ヘアーサロン)が競合と差別化する方法」という記事の中で、USP(Unique Selling Proposition)の考え方について書いたのですが、多くの方から「具体的でわかりやすかった」というコメントをいただきました。

 

確かに、僕自身いろいろな本やネットでの情報(ブログ、メルマガなど)でUSPを学んできたのですが、

USPとはどういうものか?

なぜUSPが必要か?

ということは書かれていても、具体的に考える手順を解説してるものはありませんでした

 

 

で、前回の記事の評判が良かったということで、もう少しUSPの考え方について掘り下げて書いてみることにしました。

 

 

これってUSPになると思いますか?

 

 

 

 

これ、2017年1月24日現在の僕のデータなんですけど、

 

Twitter フォロワー 5,711

Facebook 友達434名、フォロワー288

Kloutスコア 62

メルマガ 読者数584

ブログ 月間33,859PV

 

※Facebookは過去に1度、全く交流が無い友達を600人くらい一気に整理しています。

 

 

これを見てどう思いますか?

 

SNSやブログをやり始めて間もない人であれば、「凄いな~」と思ったかもしれません。

また、長年やっている方なら「へ~、そんなもんなんや」と思う人もいるでしょう。

 

 

ただ、僕は営業で悩んでいる人をターゲットにしてブログを書いていますから、そういう人からすると

って思われてしまう内容なんです。

 

僕の狙っているターゲットには、全く響かない内容なんですね

 

 

つまり、どれだけ他の人が真似できないような内容でも、USPとしての効果がないんです。

 

 

 

同じ内容でもターゲットが変われば効果的なUSPの要素になる

僕のように、リアルな場面での営業や販売、または電話でのアポイントの仕事をしているような人ターゲットにしている場合、何の魅力も無いデータでしかありませんが、

 

SNSやブログなどのネットを使った集客も考えている人がターゲットであれば、「やり方を教えて欲しい」と思ってもらえるので、非常に効果的な「USPの要素」になります。

 

 

 

なぜ「USPの要素」と表現したのか?

これは単なるデータという意味で「要素」としたわけじゃないんです。

 

先程のデータを「売り(セールスポイント)」として考えると、「ネットを活用する知識がある人」という表現ができます。

 

しかし「ネットの専門家」と呼べるレベルではありません

 

つまり、これ単体では「独自の売り(USP)」にはならないんです。

 

では、どうすれば「ネットを活用する知識がある」を独自の売り(USP)に変えられるか?

 

その答えは「組み合わせ」です。

 

 

 

要素を組み合わせれば「独自の売り(USP)」になる

現在、僕は様々な業界での営業実績があるということで他の営業コンサルタントとの差別化を図っています。

 

ですから現時点での僕のUSPは「どんな業界でも対応できる営業コンサルタント」です。

 

ただ、もし僕が1社でしか営業経験が無かったらこういったUSPは使えなくなります。

 

こういう場合に先程の「ネットを活用する知識がある」を組み合わせて独自の売り(USP)を考えるんです。

 

 

「ネットでもリアルでも対応できる営業コンサルタント」

という感じです。

 

僕の元々のUSPに更に組み合わせれば、

「オンラインからオフラインまであらゆる場面でのアドバイスができる営業コンサルタント」という感じになります。(ちょっと長すぎますね)

 

 

 

まとめ

USPを考える上で重要なことは、

①ターゲットは何を望んでいるか?(どうすれば選んでもらえるか?)

②一つ一つは弱くても組み合わせれば独自のUSPになる。

 

もし、現時点であなたが持っている要素を組み合わせても、選ばれるだけのUSPにならないのであれば、そこに何をプラスすればあなたが狙っているターゲットに選ばれるような強いUSPになるかを考えて下さい。

 

絶対に勝てるUSPは見つかりますので、あきらめないで下さいね。

 

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->