どんなに良いメッセージも読まれなければ伝わらない

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
vellfire

 

今日、外出中にふと目に止まり、気になったので写真を撮ったのが上の写真です。

 

 

何が気になったのか、わかりますか?

 

 

 

あなた
右端の電柱が傾いている

 

大倉
あ~、それも気になるっちゃあ気になるんですけど違います。

 

 

 

あなた
「SAI」だけがアルファベットで書かれている。

 

 

大倉
そう言えば、そうですね。

でも「サイ」って書いたら動物と間違えそうですね。

違います。

 

 

 

 

 

VELLFIREと書かれた「のぼり」です。

 

気になりませんか?

 

 

 

 

この「のぼり」が気になった理由

これは僕がマーケティングの勉強をしているから気になったんです。

 

気になったというより、許せない という方が正しいかもしれませんね。

 

 

周りの看板が全部横書きなのに、この「のぼり」だけが縦書き

 

 

しかも、VELLFIREは縦書きの中の横書き(なんかややこしい)

 

ムッチャ見にくいですよね!

 

 

これは、近くの交通量の多い府道沿いにあるんですけど、車で走行中にVELLFIREって読めると思いますか?

 

 

ヴェルファイアって車を知らない人なら、100%読めません。

 

ってことは、宣伝効果ゼロの「のぼり」なんです。

 

 

おそらく、設置状況を考えずに、「のぼり」のデザインだけを考えてしまったんでしょうね。

 

どう考えてもVELLFIREの横書きは読みづらいですよね。

マーケティングという観念が全くないデザイナーとしか思えません。

 

こんな「のぼり」何で作ったの?

この「のぼり」にいくら予算使ったの?

って思います。

 

どんなに格好よくても、読まれなければ、広告効果はゼロなんです。

 

 

他にもあるよ、自己満足デザイン

最近は、たまにしか見かけなくなりましたが、車に社名などを書く時に、車の前側から後側に順に社名を書いているんです

 

 

こうすると、左側面は普通に読めるのですが、右側面は、逆に読まないと読めないんです

 

 

今日、たまたま見かけたマイクロバスにこんなふうに書かれていました。

 

suimming

 

 

 

「くずは男山スイミングスクール」と書かれていたんですが、一瞬、「山男」って何?と思ってしまいますよね。

 

 

 

ちょっと前に見たのは、もっと酷かったです。

 

筆記体を無理矢理逆向けにするために反転させてありました

こんな感じです。

hanten

 

読める方がおかしいですよね(汗)

 

 

こんなものなら、誰が見ても読みづらいと思うのですが、チラシやホームページ(ブログ)などで、これに近いことをしてるのをよく見かけます。

 

 

 

チラシやネットで見る読みにくい文章

例えば、こんな感じの文章が書かれていたらどうでしょう?

 

いよいよ今度の日曜日に統一地方選挙の第2弾、市議会議員選挙が行われます。僕が住んでいる枚方市でも朝から晩までいろんな候補者の選挙カーが走っています。それぞれの選挙カーには、ウグイス嬢が乗っているのですが、上手い人と下手な人がいますね。上手いウグイス嬢は、候補者の名前を連呼する端々に「ありがとうございます」という言葉を挟み込んで、いかにもその候補者が多くの人から声援を受けているかのように演出していますが、下手なウグイス嬢は、決まった台本を読み続けているだけです。

 

読みづらいですよね。

 

 

同じ文章でも、こんな感じに書くとどうでしょう?

↓ ↓ ↓

いよいよ今度の日曜日に統一地方選挙の第2弾、

市議会議員選挙が行われます。

 

 

僕が住んでいる枚方市でも朝から晩まで

いろんな候補者の選挙カーが走っています。

 

 

それぞれの選挙カーには、ウグイス嬢が乗っているのですが、

上手い人と下手な人がいますね。

 

 

上手いウグイス嬢は、候補者の名前を連呼する端々に

「ありがとうございます」という言葉を挟み込んで、

 

いかにもその候補者が多くの人から声援を

受けているかのように演出していますが、

 

 

下手なウグイス嬢は、決まった台本を読み続けているだけです。

 

 

どうですか?読みやすいでしょ!

 

 

初めの文章と内容は全く同じですが、1行の文字数を減らして、間に改行をいれるだけで、こんなに読みやすくなるんです。

 

 

あと、僕の今までの記事を読んで、あれっ?平仮名が多いな、こんな漢字も知らんの?って思っていませんでしたか?

 

 

これでも、小学生の頃はクラスで「漢字大臣」と呼ばれてましたし、大学は中国語学科を出ていますから、漢字は得意な方です。

 

読みづらい漢字や、わかりにくい専門用語が出てくると、読者さんがテンポよく読めなくなるので、敢えて、平仮名で書いているんです。

 

特に、このブログのテーマである、営業、心理学、マーケティングという分野は、普通に書けば、かなり難しい内容になってしまい、途中で読むのをやめてしまう人も多いと思います。

 

どんな人にでも、わかりやすく、テンポよく最後まで読んでもらえるように意識して書いています。

 

どんなに良い内容でも、読んでもらえなければ、意味がないですからね。

 

次の記事

>>チラシで見込み客のハートを鷲掴みにできるたった1つのポイント

 

投稿者プロフィール

大倉成人(おおくらなりひと)
大倉成人(おおくらなりひと)
プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。




大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)



そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。



顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。



ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。
ストレスで体も心も崩壊寸前。
そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。




【主なメディア掲載】

・読売新聞(オンライン版)
「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」


詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

記事が面白かった、ためになったと思われたらシェアお願いしますね

あなたのご意見、ご要望お待ちしております

このブログは、営業や販売のことで
悩んでいる 営業マンや個人事業主の方のために書いています。

私なりに、こんな情報を発信すれば、
読者の方に喜んでもらえるかな?
と思いながら日々発信していますが、

もっとこんな内容について書いて欲しい
というようなご意見やご要望があれば、
お聞かせ下さい。

セミナー(WEBを含む)やコンサルティングの ご要望もお聞かせいただければ、
今後企画していく予定です。
goikengoyoubou

無料で僕の切り返しトーク作成ノウハウをプレゼント

これまで多くの方に切り返しトークを
作成してきた僕のノウハウを
無料E-bookという形にしました。

お客さんの断り文句に切り返しているが、
全くお客さんの反応が良くならない
という方なら絶対に喜んでもらえる
1冊です。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に
無料でプレゼントします。
isshun-hyoushi

個別コーチングサービスのご案内

このブログでは、どんな方にでも、
すぐに実践してもらえるように、
実際のトーク例を紹介しながら
僕の営業ノウハウを紹介しているのですが、

書いてあることには納得できても、
自分の営業(商品)に落とし込んで
考えられないという読者さんがおられます。

そういう方のために個別で
コーチングをさせてもらうことにしました。
coach

経営者向けコンサルのご案内

会社全体の売上をあげたいなら
個々の営業マンのスキルよりも
売るための仕組み作りが必要です。

少なくとも営業マンの6割が
毎月あたりまえにノルマを達成できる。
根本的な部分から変えていきましょう。

consul

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大倉成人(おおくらなりひと)

プライベートな場面で初めて会った人には、「本当に営業マン?」と言われるしまうくらい話すのが苦手です。

大学時代はロックバンドを組んでベースを担当していたのですが、ナンパもできず、合コンに言ってもほとんど話さず、初めて彼女ができたのは26歳という超奥手でした(汗)

そんな僕でも、26年間、様々な業種でトップセールスなどの実績をあげてきました。

顧客心理さえ解かれば、口下手で人見知りでもトップセールスになれるんです。

ノルマが達成できなくて会社で給料泥棒扱いされている。 ストレスで体も心も崩壊寸前。 そんな、あなたをトップセールスマンにするお手伝いをしています。

【主なメディア掲載】
・読売新聞(オンライン版) 「上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法」
詳しいプロフィールはコチラ→プロフィール
->